『ダレトク!?』、神社で札束を洗うデヴィ夫人に視聴者ドン引き「完全に魔女」

 2月6日に放送された『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)に、“2017年不運に見舞われた芸能人”としてタレントのデヴィ夫人(78)が登場。金運アップのためにデヴィ夫人が取った豪快な行動が話題になっている。

 自身の会社の元経理担当に、およそ2億7000万円を横領されたデヴィ夫人。犯人は逮捕されているとはいえ、その金は、ほぼ戻ってこないと言われているらしい。

 番組ではデヴィ夫人にピッタリという神奈川県の鎌倉にある「銭洗弁財天宇賀福神社」を参拝。洞窟にある霊水で硬貨などを洗うと増えると伝えられており、ここでデヴィ夫人は金運アップをお願いすることに。この神社は海外でも有名で、ヒラリー・クリントンも参拝したことがあるそう。

 早速お金を洗うザルを借り、線香の煙で邪気を払ってお参りをすませたところで、いよいよ銭洗い。すると巨額の詐欺被害にあったデヴィ夫人は分厚い札束をザルに入れていた。出演者一同が驚いているとデヴィ夫人は「倍に倍に倍に……」と呪文を唱えるようにつぶやく。2億7000万円というケタ外れの損失を、必死に取り戻そうとする姿を見せたのだった。

 番組を見ていた視聴者はデヴィ夫人の姿に大ウケ。「こんな札束を洗ったのは おそらくデヴィ夫人が初めてだろう」「本気度がめちゃくちゃヤバくて笑える」「別次元の話すぎて、ひたすら爆笑だったわ」といった声が続出。また「デヴィ夫人が“倍に倍に”って唱えてるところは、完全に魔女だった」「札束を洗う形相がすごかった……」「ケタ外れの魔女感、夢に出そう」と、おののいた人も少なくなかったようだ

「2月6日に誕生日を迎えたデヴィ夫人は、都内で盛大なバースデーパーティを開きました。出席したフリーアナウンサーの長谷川豊(42)が自身のブログにパーティの写真を載せていましたが、司会を俳優の谷隼人(71)が務め、数百人が集まるなど、かなり豪華なバースデーパーティだったようです。2億円以上を横領されたとはいえ、いまだケタ違いのお金持ちであることは変わりないでしょう」(芸能誌ライター)

 デヴィ夫人の豪快なセレブっぷりには、驚かされるばかりだ。

本日の新着記事を読む