貧乏女優・緑川静香「もっと歯抜けてる」実家の母を思い出して号泣
※画像はTBS『有田哲平の夢なら醒めないで』番組公式サイトより

 2月6日放送のインタビューバラエティ『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)で、“実家がビンボーすぎた美女”を特集。中国出身の元『Cancam』(小学館)専属モデルの梨衣名(27)、高校時代まで知人宅の物置で生活していたという女優の緑川静香(29)、おかずはポン酢だけだったという元NMB48の三秋里歩(23)ら5人が出演した。

 番組では、5人が描く“理想の生活”をVTRで紹介。三秋の「母娘での買い物中に、ショップ店員から母親が姉に間違えられる」というVTRが流れると、三秋は「ビンボーな家族ってスキンケアにお金とかかけれないので、ああいうVTRのような、あんな間違えることなんてないです」と“理想”だと思う理由を説明。

 これに司会の有田哲平(47)が「お金持ちだと“お母さんもきれいだ”と」と、三秋の説に納得すると、緑川は「ビンボーのお母さん、歯がボロボロなんですよ」と補足。続けて有田が「例えば大島さんの歯とかはどうなの? お金持ちの歯なの、あれは」と、森三中の大島美幸(38)に話を向けると、美女たちは口々に「きれい!」「完璧だ」と大絶賛した。

 さらに、番組では三秋の実家と中継をつなぎ、三秋の母へインタビュー。有田から「娘さんが“ビンボーだった、ビンボーだった”って言うんですけど本当ですか」と質問されると、三秋の母は「そうです、ビンボーです」と即答。その後「恥ずかしいので有田さんにだけ」と前歯が抜けた様子も見せ、「たまに硬いものが噛み切れずに飲み込んで死にかけることがある」と告白。「有田さんに直してもらいたいで~す」とおねだりしたが、キッパリと断られていた。

 中継が終わり、スタジオの緑川は「ビンボーのお母さんってめっちゃ明るくて」とコメント。緑川の母親も明るい人物のようで、緑川は「うちも“葉っぱ食べに行くよー!”みたいな感じで」と幼少期のエピソードを語ろうとするが、その後号泣。実家の母を思い出したのか、ボロボロと泣きながら「ウチのお母さんのほうがもっと歯抜けてるんで……」と語り、三秋から「思い出させちゃったんですね」とツッコミを受けていた。

「ザリガニをおかず代わりにしていたという麻生久美子(39)や、アリのお尻を食べていたという高橋ユウ(27)など、これまでもバラエティで貧乏トークを披露する女優たちはいましたが、今回の彼女たちを見ると、新世代の台頭を感じさせますね。特に女優の緑川のエピソードはどれも強烈ですし、番組側も起用しやすいのではないでしょうか」(テレビ誌ライター)――第2弾の企画に期待したい!

※画像はTBS『有田哲平の夢なら醒めないで』番組公式サイトより

本日の新着記事を読む