おぎやはぎ小木博明、辻希美の炎上料理写真を擁護「リアルでいいよね」

 2月8日深夜放送のラジオ番組『JUNK おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)で、おぎやはぎの矢作兼(46)が、ブログに投稿した写真の料理を批判されているタレントの辻希美(30)について、相方の小木博明(46)と語った。

 まず矢作が「また、変なの叩かれてるの知ってる?」と語り始め、先週自身のブログで、イチゴに練乳をかけて食べていた記事が批判された辻が、今度は「本当に主婦歴10年か」と、手抜き料理を批判されていると説明。これは、辻が2月5日に更新したブログのことで、「あまり物で簡単に。おでんに餃子に麻婆豆腐丼でした」とコメントを添え、夕食の写真を投稿したものだった。

 その写真を見た矢作は「あんまり色がキレイじゃない」と批判的だったが、小木は品数が多く、子どもにとってはうれしいメニューなのではないかとフォロー。すると、矢作も「お腹すいてたらうれしいよ。こんなに量があって、種類があってうれしいけどね」と同意した。

 さらに小木は、そもそもメニューが3品もあって豪華だと主張。それに対し矢作は、批判のポイントは料理の組み合わせにあると説明して、「確かにさぁ、インスタとかツイッターとか、SNSやってる人ってさ“今日は自信があります”って料理を載せるんじゃないの?」と、辻が手抜きをした日の料理をブログに投稿したことが失敗だったと分析した。

■矢作兼も辻希美の炎上に同情

 続けて矢作は「10回に1回しか撮れないようなキレイな料理の写真を投稿する人より、リアルで好感が持てる」と語ると、小木も「リアルでいいよね。こんなの、好感持てるよ。素晴らしいじゃない」「普通は(好感)持たれるはず。それが炎上するんだ。かわいそうだね。こんないいごはんなのに」と、辻の炎上を気遣っていた。

「ブログで、家族とイチゴ狩りに出かけ“イチゴに練乳をかけて食べた”とブログに投稿しただけで批判されるなど、辻はもはや何をしても叩かれています。一部のアンチが批判をしているようですが、ネットではそんな辻に同情する声も上がっていますね」(芸能誌記者)――炎上してもブログで稼げるからオーケー?

本日の新着記事を読む