Kis-My-Ft2・千賀健永に称賛が続出した「失恋女性への優しい気遣い」とは

 2月13日放送の『10万円でできるかな』(テレビ朝日系)で、Kis-My-Ft2の千賀健永(26)が、一般人への直撃取材を敢行。その中で千賀が優しい気遣いを見せたことに、視聴者が感心したようだ。

 この日の放送では、ブランド買取店と金券ショップに来たお客さんを、キスマイのメンバーが取材。それぞれのお店で“10万円分の買い取りを取材する”という企画が行われた。

 千賀は、東京の銀座にあるブランド買取店での取材を担当。まずはエルメスの高級ジャケットを売りに来たという女性に、取材の許可をもらった。そのジャケットの買取金額が3万円と査定されると、女性は「十分!」と満足そうで、千賀も「おー! 良かった良かった!」と、拍手をしながらホッとした表情を見せる。

 続いて千賀は、時計を売りに来た女性を取材。千賀が「(時計は)もらいものですか?」と尋ねると、女性は結婚を前提におつきあいしていた男性にあげる予定だったことを告白。これを聞いた千賀は、「元カレさんですか」「ツライっすよね……」と女性を気遣う。

 その後、そんな事情を知らない鑑定士が「女性でこの(時計の)ブランドは珍しい」「お好きなんですか?」などと女性に質問。すると、後ろで聞いていた千賀は「(詳しく)掘らないでもらっていいですか?」と、女性を守る発言をした。

 そんな千賀の優しいふるまいに、多くの視聴者が感激。ネットには「失恋した女性への対応が優しすぎて尊い」「こんな優しくされたら好きになっちゃうでしょ」「千賀くん優しすぎるし、ほんとにかわいい」「一緒に喜んであげてる千賀くん、めっちゃ優しい」といった、千賀への称賛が続出していた。

「千賀健永の優しい気遣いは、芸能人からも称賛されています。女優の藤田朋子(52)は、2013年にブログで『もしもツアーズ』(フジテレビ系)に出演したことを報告した際、共演した千賀についても言及。“優しい優しい美しい好青年でございました”“お母様ぐらいの年齢の私さえ、女性として接してくれる! 気持ちよく過ごさせてくれる”とべた褒めしていましたね」(芸能誌ライター)――さらにファンが増えそう!

本日の新着記事を読む

編集部オススメ!本日放送の注目番組はコレだ!!:世界の果てまでイッテQ!