おぎやはぎ・小木博明「星野源ブサイク」発言で炎上を心配!?

 2月15日深夜放送のラジオ番組『JUNK おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)でおぎやはぎの小木博明(46)が、ミュージシャンで俳優の星野源(37)のことを「すごいブサイク」だと決めつけ、その真意を語っていた。

 先週の放送でも話題になったタレントの辻希美(30)が、今週も3連発でブログが炎上していると盛り上がった後、矢作兼(46)が週刊誌が行った「美形というより“雰囲気イケメン”だと感じる有名人は誰ですか?」というアンケートの話題を持ち出した。これは30~40代の女性200名に聞いたもので、番組に何度も出演している俳優の綾野剛(36)が第1位になったことが紹介された。

 アンケートの結果は、1位の綾野に続き、2位が俳優の高橋一生(37)、3位が星野だった。これに矢作が「星野源はイケメンって言っちゃいけないだろ?」と苦言を呈すと、小木も「まったくのイケメンじゃない」と同意し、「ブサイクだよね、すごい。ヤバイよ。だって顔を見たら」と厳しいコメントをした。

 さらに小木が、綾野と高橋は背も高くイケメンというのも納得できるとしたうえで、「星野源って小さくて、雰囲気がいいなんて思ったことない」と星野をこき下ろすと、矢作は、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)での星野は雰囲気があったとフォローした。しかし、小木は『逃げ恥』での星野は冴えない役で、イケメンには見えなかったと否定。さらに、ミュージシャンとしても「歌っているときもそんなにカッコよくないしね。変じゃん、歌ってるとき」「滑稽な感じじゃない?」と言い、矢作から「ずいぶん星野源を下に見てるね。小木は」と笑われていた。

■矢作兼は星野源ファンの反応を懸念

 この小木の発言を受け、さっそくリスナーから「“小木博明、星野源をブサイクと痛烈批判”、これは炎上の匂いがプンプンします」とメールが送られてきた。小木は「やめてくださいよ。“ブサイク”っつうのは、いち意見よ。それはほら、最大の褒め言葉だから」「そういうもんじゃない? だって、“ブサイク”なんて言われたらうれしいよ、本人。うれしくてしょうがないよ」と苦しい言い訳を繰り返した。

 しかし矢作は、星野はシャレが分かる人だから大丈夫だが、星野のファンが激怒すると推測。すると小木は「俺がイケメンだったら言えないもん、逆に。いやらしくなっちゃうから。俺は自分の顔がすごい悪いと。“ブサイク”“気持ち悪い”と、もうずっと言われてきてるから」と、自分のほうが下だから、星野を“ブサイク”と言ってもいいのだと釈明した。

「ネットで炎上することを避けたがっていた小木ですが、本当に恐れているのは自身の家庭かもしれませんね。実は愛娘のまあるちゃんが星野源のファンで、彼女にブサイク発言がバレたら、嫌われしまうかもしれません」(ラジオライター)――ネットの声は無視できても、娘の怒りは無視できない?

本日の新着記事を読む

編集部オススメ!本日放送の注目番組はコレだ!!:Missデビル~人事の悪魔・椿眞子