中村仁美アナ、夫・大竹一樹の理不尽な要求にムカッ!「ステーキは重いから唐揚げ」

 2月14日放送の『徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に、元フジテレビの中村仁美アナウンサー(38)が出演。夫である、さまぁ~ずの大竹一樹(50)に対し、不満をぶちまける場面が見られた。

 この日は中村アナがゲストで登場。2人の子どもに恵まれた中村アナは、さぞ幸せなのかと思いきや、打ち合わせの段階から「主人が(テレビやラジオでしゃべった)私の鬼嫁発言みたいなのが、ネットに載る。“何言ったんだろう?”って検索して。けっこう、それがストレスですっごいイヤなんです」と、大竹に対する気持ちを語った。

 大竹は何かとこだわりが強いそうで、中村アナが子どもを病院へ連れて行った際には、処方された薬について問い詰められたという。中村アナによると「風邪だよ」「この薬もらったよ」と報告したところ、薬に詳しいという大竹から「何が原因とか聞いてきてないの?」「どうしたら悪化するとか聞いてきてないの?」と質問攻めにされたそうだ。さらに薬についても「この薬がどういう効果があるか知ってんの?」と中村アナを追及し、「だから、おまえと三村(マサカズ/50)はダメなんだよ!」と、なぜか三村を引き合いに出して怒り始めたという。これには、HKT48の指原莉乃(25)も「えー!」とドン引き。

 また、大竹から言われてムカついたひと言について聞かれた中村アナは、「ステーキは重いから唐揚げにして」とリクエストされたことを暴露。それを聞いたMCのフットボールアワー後藤輝基(43)は「嘘やろ! ムチャクチャなこと、言うてるで!」と驚きの声を上げ、中村アナも「まったく意味分かんないんですよ」「“重い、重くないの基準”、この人、なんだろう?」と苦笑いを浮かべていた。

「中村アナはいろいろと文句を言っていましたが、子どもたちの成長を感じたときに、大竹と二人でうれし涙を流してしまったとも語っていました。夫婦関係はいろいろあっても、やはり“子はかすがい”、ということなんでしょうね」(芸能誌記者)――なんだかんだでいい夫婦。

本日の新着記事を読む

日刊大衆TOPへ戻る