「世界軍事オリンピック2018」禁断ランキング

 故事に言う。――百年兵馬を養うはこの一日のためなり。各国の軍隊が誇る“戦技”をガチンコ比較する!

 2月9日に開幕した平昌五輪。開会式では、急遽、参加を表明した北朝鮮選手団と韓国選手団が合同で入場し、南北融和ムードを演出してみせた。しかし、これが“見せかけの平和”であると断じる向きは多い。「北朝鮮には、韓国の顔を立てることで日米韓の同盟関係に揺さぶりをかけ、同時に経済制裁を緩和させる目的があるんです。ソウルを火の海にできる長射程の自走砲や、対米兵器の切り札である長距離弾道ミサイル(ICBM)を保有する北朝鮮だけに、朝鮮半島情勢は、五輪が終われば再び緊張状態に戻る可能性が高いですね」(通信社記者)

 戦争とは外交の延長である――と、プロイセンの軍学者・クラウゼビッツは言った。そのため、各国は自国の権益や領土、国民を守るために、多種多様な軍隊を運用している。「米国のような“覇権国家”は、一国で世界を相手にしても戦闘に勝利できる能力を備えていますが、これは例外でしょう。一般に、“地域の盟主”を自認する国家は、精強な軍事力を誇る国もありますが、その他の多くの国々は、欧州に代表されるように、集団安全保障の枠組みに参加していることが多く、一国としての軍事力は限定的な場合が多いですね」(防衛省関係者)

 現代世界では、領土拡張を目的とした総力戦が勃発する可能性は極めて低いとされる。その代わり、国境をめぐる争いや、シーレーンの確保、対テロ組織との戦闘などといった局面で、“限定的な軍事力”が必要とされることが多い。「自衛隊の総兵力は約24.5万人ですが、軍事強国とされるフランスやイギリスでも、総兵力はそれぞれ、15万人、20万人程度。一方で、これらの国は核兵器と、それを運用するSLBM(潜水艦発射式弾道ミサイル)を運用しています。そして、こうした“核抑止力”が外交上、非常に大きなアドバンテージになっているわけです」(前同)

 北朝鮮も、この“核のカード”を手に入れたわけだ。そうは言っても、実際に核保有国が核兵器を使用することは考えにくい。したがって、軍事力に秀でた国というのは「限定された紛争や戦闘で、優れた装備と高い士気の隊員が最大限の戦果を挙げられる」ことが条件となる。これに伴い、少数精鋭&ハイテク装備化がトレンドとなっている。「世界全体の軍事予算は約184兆円ですが、米中でその半分を占めます。そのあと、ロシア、サウジアラビア、インド、フランス、イギリスと続いて、日本は第8位、次いでドイツ、韓国の順です」(軍事ジャーナリストの井上和彦氏)

 当然、多額の軍事費を計上しているこれらの国々は軍事強国であると言えるわけだが、軍事費の順位が即、戦力の優劣にならないのが興味深いところ。以下、平昌五輪に絡め「戦車戦闘」「戦闘機戦闘」「海上戦闘」「特殊部隊」の4部門で、各国の“戦技”の優劣を論じてみたい(文末に参考用の総合戦力の表と合せて、まとめて結果を掲載)。

■陸上自衛隊が銅メダルの戦車戦闘部門

 まずは、陸の王様“鉄牛”の異名を取る戦車戦闘から。「金メダルに輝くのは米国でしょう。米軍のM1エイブラムス戦車の実績は抜群で、湾岸戦争、イラク戦争などの実戦で、その強さを証明しています」(軍事ジャーナリストの竹内修氏)

 銀はロシア。かつての戦車大国も、冷戦期は西側に比べて主力戦車の性能が劣っていたが、最新のT-14アルマータ戦車はステルス性にも配慮され、市街地戦でも活躍できるタイプに。銅メダルは、10式戦車を擁する陸上自衛隊が獲得。「10式は世界最強戦車ともいわれています。高速で蛇行走行しながら、百発百中で砲弾を命中させるスラローム射撃は世界一。実戦経験がないため銅メダル止まりですが、その実、米軍のエイブラムスにも負けないはずです」(軍事ライターの黒鉦英夫氏)

 4位はイスラエル。「中東戦争やパレスチナ紛争など、実戦経験が豊富なうえ、ほぼ負け知らず。弱点は現在の主力戦車メルカバは、対ゲリラ・テロ戦を重視して開発されたため、純粋な戦車同士の戦いになるとやや不安が残ることくらいです」(前出の竹内氏)

 5位にはドイツが入る。「2016年に行われたNATO加盟国が参加する戦車の戦技大会では、ドイツ軍が優勝しました。主力のレオパルト2戦車は走行性能も良好だし、命中率も高く、世界各国に輸出されているベストセラー戦車です」(軍事フォトジャーナリストの笹川英夫氏)

 ちなみに、冬季五輪のホスト国である韓国が開発した最新のK-2戦車も、前評判は高かったが、「エンジンだけ高出力にすると、ミッションや車体とのバランスが悪いため、不具合が多発する」(前同)とされ、見かけ倒しだったようだ。

■戦闘機戦闘ではイスラエルが!

 続いて、戦闘機戦闘を見てみよう。「F-22やF-35といったステルス戦闘機に加え、まだまだ第一線で戦えるF-15、F-16も保有。パイロットの練度も高く、実戦経験も豊富な米軍が、ぶっちぎりの金ですね」(前出の竹内氏)

 銀メダルに輝いたのは、中国でもロシアでもなく、意外やイスラエルだ。前出の井上氏が、「イスラエルは四方を敵に囲まれていて、安全保障の意識が高い。実戦経験も豊富でパイロットの士気、練度とも良好」と言えば、竹内氏も、「運用する戦闘機も、F-15、F-16、F-35と一級品ぞろい。弱点は、アスリートにたとえるなら、“コーチやトレーナー”にあたる早期警戒機や、空中給油機などの縁の下の力持ちの戦力が不足している点くらい」と高評価。陸では惜しくもメダルを逃したが、空では見事メダル獲得となった。

 銅メダルは、海空軍の近代化に邁進する中国に。「かつては旧式の戦闘機で、パイロットの練度も低かったんですが、現在は資金力にモノを言わせて、ステルス戦闘機J-20や、ロシア製の最新鋭戦闘機スホイ35などの新型戦闘機を揃えています。以前は泣き所だった早期警戒機や空中給油機なども揃いつつあり、実力が急激に上昇していると言えますね」(竹内氏)

 4位にはロシアがランキングされる。「新型機も出そろいつつあり、シリアやウクライナなどで実戦経験も重ねていますが、慢性的な財政難から、ステルス戦闘機スホイ57の導入が先送りされるなど、資金力で勝る中国と比べると戦力のバージョンアップのスピードが遅い」(前同)

 5位には航空自衛隊が滑り込んだ。「日本は約350機の戦闘機を運用する戦闘機大国。かつて撃墜王を量産した伝統でしょうか、パイロットの士気、練度とも非常に高く、共同訓練を行う米空軍の中には、“日本の技量がナンバーワン”と証言するパイロットもいます。また、現代の空戦には欠かせない早期警戒管制機(いち早く敵機を捕捉し、友軍機に情報を与える)や空中給油機(戦闘機の滞空時間が延び、多様なミッションが可能となる)の運用にも長けているため、近い将来、機体のバージョンアップに成功すれば、メダル獲得も見えてくるはずです」(前出の黒鉦氏)

■中国海軍は50年経っても米国に追いつけない

 お次は海上戦闘部門。島国である日本は、伝統的に海軍力には定評があるため期待が高まる。先に順位を明かしておくと、金は米国、銀は中国、銅が海上自衛隊となる。「金メダルはやはり米国ですね。建造中のものも含め、原子力空母12隻、原潜を含む戦闘艦艇が約170隻と、突出しています。陸海空の戦力を比べると、海軍力の突出が著しいですね。中国海軍は念願の空母を就役させ、現在も建造中ですが、50年経っても米国に追いつくことはできないでしょう。沖縄や尖閣に進出したくてたまらない中国ですが、海軍力では米国と“大人と子どもの差”があります」(前出の笹川氏)

 それでも、中国の海軍力の伸張には目を見張るものがあるという。「ミサイル駆逐艦、原子力潜水艦などの新型艦艇が続々就役しています。ただ、遠く離れた海域で行動する外洋海軍となってからわずか四半世紀程度のため、経験不足の感は否めません」(竹内氏)

 中国がAI(人工知能)搭載の無人原子力潜水艦の開発に着手したとの報道もあったばかり。米国を逆転するため、新装備の開発に傾注していくのだろうか。「帝国海軍の末裔である海上自衛隊は、防空戦闘に長け弾道ミサイルの迎撃も担うイージス艦を筆頭に、和製イージスと呼ばれる『あきづき』型、水上戦闘なら無双の性能を誇る『たかなみ』型など、各種護衛艦が充実しています」(黒鉦氏)

 加えて、『そうりゅう』型潜水艦は、通常動力艦(非原子力)では世界一の性能で、前出の井上氏は「中国の空母なら、『そうりゅう』型1隻でも撃沈できると思います」と指摘する。「現在、全通甲板を持つ『いずも』型護衛艦を軽空母に改修し、短距離離艦・垂直着艦が可能なF-35Bステルス戦闘機を搭載するプランが検討されていますが、これが実現すれば、さらに日本の海軍力は大きく上昇します」(黒鉦氏)

 4位はロシア、5位にはイギリスが入賞。「旧ソ連時代より海軍力は低下していますが、保有する艦艇の質量では米中に次ぎます。現在は新型艦艇の導入も進めているが、やはり財政難がネックですね」(前出の竹内氏)

 かつて世界の海を股にかけたイギリス海軍は、「外洋海軍の運用実績があり、新空母クィーン・エリザベス級も就役し、高い攻撃力を誇るアスチュート級原潜など、バランスの良い海軍力」(黒鉦氏)だという。

■世界最強の特殊部隊!

 最後に、少数精鋭を旨とする現代戦に不可欠な特殊部隊部門を見てみよう。「グリーンベレー、デルタフォース、シールズといった特殊部隊を持つ米軍が、世界最強でしょう。次いで、スペツナズを擁するロシアですね。ロシアは旧KGBの流れを汲む治安維持用の特殊部隊も充実していますが、これらは、もっぱら国内で運用される部隊です」(笹川氏)

 銅メダルを強奪しそうなのが、なんと北朝鮮だ。「10万人規模の特殊戦闘要員を軍の偵察総局が管轄していると推測されます。彼らには暗視スコープなど、優先的にハイテク装備が支給され、食糧不足でも常に安定した食事が供給されているようです。有事の際は韓国や日本に潜入し、爆破テロなどの陽動作戦を行う可能性も」(黒鉦氏)

 4位にはあらゆる特殊部隊のお手本とされるSAS(英陸軍特殊空挺部隊)を擁するイギリス。5位には、「特殊工作員を育てるプログラムがあり、中国などからの留学生を指導している」(笹川氏)とされるイスラエルが入賞した。実際に戦火が上がることなく、誌上で優劣を競う余興にとどまることを願う。

本日の新着記事を読む

編集部オススメ!本日放送の注目番組はコレだ!!:コンフィデンスマンJP