乃木坂46・齋藤飛鳥「殴ったり首絞めたり」3期生への愛情表現が過激すぎ!?

 2月18日放送の『乃木坂工事中』(テレビ東京系)のバレンタイン企画で、乃木坂46の齋藤飛鳥(19)が3期生から連続で告白され、MCを務めるバナナマンの設楽統(44)と日村勇紀(45)を驚かせた。

 この日は先週に引き続き、バレンタイン企画の“好きです、先輩!乃木坂バレンタイン2018”が放送された。これは3期生が憧れる先輩メンバーにプレゼントを渡して告白する前に、自分が告白されると思った先輩メンバーが立候補して好かれている理由を発表する企画で、2年前の同企画から齋藤は通算5連敗しているため、今回どのような結果になるのかに注目が集まった。

 まず最初に告白する3期生が岩本蓮加(14)と発表されると、齋藤を含めた先輩メンバー4人が立候補。齋藤は「これは確定です」と、自信満々に言い放った。齋藤は、3期生とほぼ話したことはないが、岩本から急に首を抱えられて自撮りツーショットを撮られたことがあるとアピールした。その後、他の先輩メンバーのアピールが終わり、設楽から「ちょっと飛鳥ちゃん(他に比べてエピソードが)弱くない?」と聞かれた齋藤は「私ホント(3期生と)しゃべらなくて」と返し、設楽から「なにカッコつけてんの?」とツッコまれていた。

 そしていよいよ告白タイムになると岩本が選んだのは齋藤で、選ばれた瞬間、齋藤は体をのけぞらせて喜びをあらわにした。その後、岩本がいろいろな先輩と仲良くしているが、結局一番好きなのは飛鳥だとコメントすると、齋藤は笑顔で「やったー、うれしい!」とはしゃいでいた。

■齋藤飛鳥、まさかの2連続告白!

 次に与田佑希(17)が告白する番になり、3人の先輩メンバーが立候補したのだが、全員がフラれてしまうという事態に。そして与田の告白したかった相手が齋藤だったと判明すると、齋藤は思わぬ結果に「え? 嘘」と驚きを隠せないでいた。与田は「飛鳥さんは首絞めたり、ドーンとしてくれたり」と、ちょっかいを出してくれるのがうれしいと説明。さらに、齋藤が隣に来て肩に頭を乗せて寝てくれたり、くっついてくれるのもうれしいとコメントした。

 与田に好かれていることを気づいていなかった齋藤は、「私がちょっかい出すのって、本当に殴ったり首絞めたりする」と答え、日村から「(それは)ちょっかいじゃねぇわ!」とツッコまれ、設楽からも「人づきあいが苦手なやつ」とあきれられていた。

「生駒里奈(22)と川村真洋(22)が相次いで卒業を発表しましたが、齋藤飛鳥がいれば、乃木坂は大丈夫という感じですね。1期生の中では最年少でマイペースな齋藤でしたが、最近では貫禄すら感じます。3期生から人気があるのも、うなずけますね」(アイドル誌ライター)――頑張れ飛鳥!

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→10万円でできるかな