小倉智昭の“宇野昌磨選手ぼやき”に冷ややかな反応 「若い人はとくダネ見ない」

 2月21日放送の情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)で、フィギュアスケートの宇野昌磨選手(20)を特集。MCの小倉智昭(70)が宇野選手との意外な関係を明かし、話題になっているようだ。

 この日の番組では、平昌五輪で銀メダルを獲得した宇野昌磨選手を特集。弟の宇野樹さんに単独インタビューを行い、昌磨選手の素顔に迫った。

 その中で、樹さんは「(兄の宇野選手は)ゲームでも何のスポーツでも、勝つまで挑み続けてくる」「家でゲームしているときは、まったくスケートのことを考えていない」など、宇野選手のプライベートな一面を明かした。

 その後、小倉は宇野選手に小さい頃からアイスショーなどで会う機会があったとコメント。宇野選手とは、そこで何度も一緒に写真を撮ったりしていたそうだが、小倉は「(会うたびに)“このおじさん誰?”っていう顔するんです」と語り、苦笑していた。

 そして小倉が「絶対『とくダネ!』とか見たことないと思うよ」と断言すると、スタジオは大爆笑。フジテレビの海老原優香アナウンサー(23)は、「学校行ってますね、この時間」とフォローしていた。

 そんな小倉の“悲しいぼやき”だったが、視聴者からの反応は冷ややかだったようだ。ネットには「自分が思ってるほど有名ではないってことだね」「宇野選手にとっては、その他大勢の一人程度。いちいち顔なんて覚えない」「この番組くらいしか出てないしな」「若い人は『とくダネ!』見ないよね」「なぜ、覚えてもらえると思った?」と、小倉への厳しいツッコミのコメントが多数上がっていた。

「今回、宇野昌磨選手に覚えてもらえないエピソードで肩を落とした小倉智昭ですが、自身の厳しい発言で視聴者に反発を食らうことも少なくありません。昨年1月放送の『バイキング』(フジテレビ系)にゲスト出演した際に、小倉は“紅白の質が落ちてる”と発言。『NHK紅白歌合戦』に痛烈なダメ出しをして、視聴者から批判を浴びていました」(芸能誌ライター)――同情されないのもやむなし!?

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→水曜日のダウンタウン