石破茂氏の映像で「猫が興奮する」都市伝説の真相とは

 2月21日放送の『トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!』(TBS系)に、自由民主党衆議院議員の石破茂氏(61)が出演した。

 石破氏が出演することになったのは、猫好きの間でささやかれている、とある噂を検証するため。猫を飼っている家では、テレビに石破氏が映ると、猫が興奮したりテレビを引っかいたりと、何かしらの反応を示すことが多いという。

 番組では都内の猫カフェに石破氏を招き、この噂についてインタビューを実施した。

 石破氏は猫が反応することについては知っていたようだが、理由については「なんででしょうね?」と疑問に思っている様子だった。「猫が有権者だったらいいなぁ」と“政治家ジョーク”も飛び出す中、店内の猫たちは石破氏のそばに寄ってきて、甘えた様子を見せていた。

 今回は噂を検証するために、石破氏がカメラに向かって話しかける映像を撮影。石破氏は「こっちおいでこっちおいで、怖くないですよ」と呼びかけたり、「犬のおまわりさん」を歌って猫の気を引こうと試みたが、猫カフェでは、あまりはっきりした反応は得られなかった。

 番組ではその後、猫を飼っている一般の家庭に、撮影した映像を持ち込み、テレビに映して猫たちの反応を検証した。結果、7匹中5匹の猫が何らかの反応を示したという。

「番組放送中から、猫を飼っている家庭で検証した人たちがツイッターで報告を上げていましたが、反応した猫はほとんどいなかったようです。番組では“7匹中5匹が反応”と紹介されましたが、実際に紹介されたのは3匹でした。番組の構成としては“説を立証”したかったのでしょうが、ちょっと苦しいかもしれないですね」(芸能誌記者)

「2001年に『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送)で“タケモトピアノ”のCMがテレビで流れると、なぜか赤ちゃんが泣き止む」という現象についての検証がされて話題になったが、今回の“石破伝説”の検証結果はオフホワイト!?

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→ダウンタウンなう