●【先負】(せんぶ)

 先勝の逆で、“先んずれば即ち負ける”の略。「せんぷ」、「さきまけ」とも読める。勝負ごとなどはせず、何ごともなく、平穏に過ぎるのが一番の日。

・1日の運/午前は凶、午後は吉。

・冠婚葬祭/仏事は行っても問題なし。

●【仏滅】(ぶつめつ)

 “仏も滅する大凶日”の略。「空亡」「虚亡」→「物滅」→「仏滅」と名称は変化したが、ほかの六曜のように別の読み方はしない。仏滅は「ぶつめつ」だ。やることなすことうまくいかない「何ごとも遠慮する日、病めば長引く、仏事はよろしい」日。縁起が悪いので、引越しや納車などは避けるという人も多い。

・1日の運/基本的に終日凶。しかし午後は吉とする説もあり。

・冠婚葬祭/婚礼などのお祝いごとを避ける慣習は根強い。しかし、通夜や葬儀は行ってもOKだ。

●【大安】(たいあん)

 “大いに安し”の意味。「だいあん」とも読み、昔は「泰安」と書かれていた。旅立ち、移転、開店、結婚など何ごともうまく運ぶ大吉の日。入学願書を発送したり、建築工事に着工したり、旅行に出発したりと、大安吉日にゲンを担ぐのは一般的。

・1日の運/何時も吉。

・冠婚葬祭/結納や結婚式などは大安に行いたい人が多い。また、入籍する日に選ぶケースも。通夜や葬儀、納骨、法事など仏事を行っても問題はない。

●【赤口】(しゃっこう)

 凶日。六曜の中で赤口だけが、中国から入ってきた当時の名前を保持している。読み方は「しゃっく」、「せきぐち」、「あかぐち」などいろいろだ。“万事に用いない悪日、ただし法事、正午だけはよい”のいわれがある。凶日になった由来は、陰陽道の「赤舌日」にあるらしい。また、赤という字面が火や血を連想させ、火の元や刃物に気をつけるべき日でもある。

・1日の運/11時頃~13時頃(午の刻)は吉、以外は凶。

・冠婚葬祭/どちらかといえば凶なので、祝いごとや出発は避ける傾向。上記の時間帯を選べばいいはずだ。仏事は行っても問題なし。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5