CDTV、Kis-My-Ft2が披露「隠れた名曲」に大反響

 3月21日放送の『CDTVスペシャル! 卒業ソング音楽祭2018』(TBS系)に、Kis-My-Ft2が生出演。知る人ぞ知る名曲を披露し、多くの視聴者を魅了したようだ。

 この日の『CDTV』は、新旧の卒業ソングを特集。同番組に出演したKis-My-Ft2は、『サクラヒラリ』という曲を歌った。

 この曲は、2015年3月にリリースされた13枚目のシングル『Kiss魂』に収録されているカップリングの曲。そのため一般的な知名度はそれほどなかったが、ファンの間では“春ソング”の名曲として知られていた。

 MCの安住紳一郎アナウンサー(44)の曲紹介でイントロが始まると、曲名に合わせた桜色の衣装をまとったKis-My-Ft2のメンバーが登場。この曲はスローテンポのメロディアスなナンバーで、メンバー同士がハモりながらコーラスする場面では、お互い肩を寄せ合いながら歌うシーンも。

 そんな『サクラヒラリ』を今回初めて聴いたという視聴者も多かったようだが、放送後には大きな反響が。ネットには「初めて聴いたけどメンバーのソロもあってステキな曲だなと思いました」「春にピッタリの曲で心地いい」「皆の雰囲気とビジュアルが最高だった」など、称賛のコメントが多数上がっていた。

 また、Kis-My-Ft2のファンからも「サクラヒラリ最高。フルありがとう!」「この曲をフルで聴けるなんてTBSに感謝だわ」「うすいピンクの衣装が超かわいかった!」と、歓喜のコメントが続出していた。

「この曲が生放送されたとき、ツイッターでは“サクラヒラリ”のワードがトレンド入りするほど反響を呼びました。これまでキスマイファンの間では有名な、いわゆる隠れた名曲でしたが、テレビで披露したことで一気に知名度が増しましたね」(音楽ライター)――これからの季節にピッタリの名曲!

本日の新着記事を読む

日刊大衆TOPへ戻る