ジャニーズ新グループ・King&Prince、話題沸騰の「王道アイドル感」

 ジャニーズの6人組グループ「King&Prince(キングアンドプリンス)」のデビュー曲が、新ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)の主題歌に決定。新たな“王道アイドル”の登場に、期待が高まっているようだ。

 King&Princeは、2015年に「Mr.King vs Mr.Prince」として結成されたグループで、5月23日発売の新曲『シンデレラガール』で、CDデビューすることが発表された。

 そして3月21日放送の『CDTVスペシャル! 卒業ソング音楽祭2018』(TBS系)に出演した際、同曲が4月スタートの新ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』の主題歌になったことをメンバーの平野紫耀(21)が報告した。

 同ドラマへの出演も決まっている平野は、「デビュー曲が(ドラマの)主題歌になるっていうのは珍しいことだと思うので、そのうれしさをぶつけていきたい」と意気ごみを語った。

『CDTV』で『シンデレラガール』をテレビ初披露したKing&Princeは、早くも視聴者の注目を集めたようだ。ネットには「びっくりするほどキラキラだし、みんなあまりにもキレイ」「ダンスもビジュアルも完璧すぎる」「キンプリの王道アイドル感がすごい」「最近のジャニーズにしては、珍しく真っ向勝負って感じ」など、称賛のコメントが多数並んでいた。

 また、「平野くん超カッコいいし、ドラマ絶対見ます」「紫の子と黒の子が推せる」「みんな魅力的すぎて誰を応援するか決められない……」など、さっそく6人のメンバーをチェックした視聴者も多かったようだ。

「King&Princeは、3月15日に開催されたイベントで、ファンにデビュー曲をお披露目しました。このイベントは大きなリムジンからメンバーが登場するなどド派手な演出で、集まった1000人のファンを大いに盛り上げました。ジャニーズから新グループがデビューするのは約4年ぶりとなりますが、順風満帆なすべり出しといえるでしょうね」(芸能誌ライター)――ジャニーズに新星あらわる!

本日の新着記事を読む