「ガンタンクVSエイブラムス戦車」もし戦ったら勝つのはどっち?の画像
M1エイブラムス

 2018年春――。太陽系を覆うフォトンベルトの異常で時空の歪みが発生。宇宙世紀を戦うガンダムが、現代の地球にタイムトラベル。突如現れた謎のモビルスーツ軍団に対し、米軍は直ちに宣戦布告。超テクノロジーの産物であるモビルスーツ群と、“人類最強”米軍最新兵器のガチンコバトルの幕が開いた!

 前回記事「ガンダム VS スーパーホーネット」(https://taishu.jp/articles/-/58451)では“アムロ・レイが搭乗しない”という条件下であればスーパーホーネットが勝利するという結果が出たこのバトル。では、世界最強といわれる「M1エイブラムス」とガンダムシリーズに登場するモビルスーツ「ガンタンク」であればどちらが強いのか。早速、モビルスーツと現代の主要米軍兵器を戦わせ、どちらが強いかを客観的に見ていくことにしよう。本当にモビルスーツは無敵なのか、近代兵器になす術はないのか? ガンダム対最強米軍――夢の対決の行方に注目せよ!(※本特集はあくまで編集部の独自判断に基づいた仮想取組です)

■「ガンタンク対M1エイブラムス」前提ルール

□戦場は宇宙ではなく地上、洋上、空(大気圏内)に限る。
□レーダー、誘導弾(ミサイル)を無力化するミノフスキー粒子という設定は無視。
□ガンダム側は索敵用のレーダー及び誘導弾が使えないが(そもそもミノフスキー粒子の設定なので装備していないことが多い)、米軍は兵器性能を最大に発揮できる。
□装甲の強度は、ガンダム側は米軍の2倍(従って1発で撃破可能な兵器でも、2発ヒットしないとダメ)。
□モビルスーツはファーストエピソード(1年戦争)時のもののみに限る。
□ビーム兵器の威力は、米軍が使用する通常弾の2倍とする。

■それぞれのスペック

●ガンタンク

全高:15m
全備重量:80t
ジェネレーター出力:878kw
スラスター総推力:88000kg
センサー有効範囲:5700m
装甲材質:ルナ・チタニウム合金
乗員:2名(改造後は1名)
武装:120mm低反動キャノン砲、4連ボッブミサイルランチャー

●M1エイブラムス

全長:9.83m
全幅:3.65m
全高:2.84m
重量:61.3t
速度:67km/h(整地)、48km/h(不整地)
乗員:4名
武装:44口径120mm滑腔砲M256、12.7mm重機関銃M2(対物・対空)、7.62 mm機関銃(主砲同軸)

■最大射程260kmの前にはなす術なし!

 湾岸戦争で大活躍し、世界中のゲリラをビビらせた米軍戦車M1エイブラムス。対するは装軌(キャタピラ)式モビルスーツのガンタンク。エイブラムスの主砲は44口径120mm滑腔砲。敵にダメージを与えることのできる有効射距離は4000mと言われている。

 一方のガンダンクは120mm低反動キャノン砲を2門肩に担いでいる。最大射程は驚きの260km。この遠距離からの火力支援能力の高さは、現代の戦車を遥かに超えているどころか、巡航ミサイル並だと言ってよい。『第08MS小隊』の中では野砲として、前線で戦う部隊を後方から射撃支援しているシーンが描かれているから、本来のガンタンクはこのように使うのだろう。

 ファーストガンダムであまり活躍できなかったのは、遠距離から撃ち合う戦闘シーンではなく、常に近接戦闘である白兵戦でガンタンクを使ってきた指揮官ブライトの采配ミスと言えるだろう。ガンタンクは決して、「モビルアーマーのでき損ない」などでない。

 よってエイブラムスとガンタンクが戦ったら、間違いなくガンタンクの圧勝。それもエイブラムスはどこから攻撃されたのかも分からず、120mm低反動キャノン砲のエジキとなるに違いない。仮に5km圏内で対峙したとしても、果たして近代のHEAT弾(成形炸薬を用いた砲弾)がガンタンクの装甲に効くのかどうかも不明だ。

 ハヤト・コバヤシやリュウ・ホセイが搭乗していたガンタンク。アニメの中では地味なキャラだが、彼らも現代であれば超一流の戦士だったのであろう。

あわせて読む:
・「世界軍事オリンピック2018」禁断ランキング