藤田ニコル「頭が良い人が不倫をする」明石家さんまと恋愛論で真っ向対立

 2月27日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、モデルでタレントの藤田ニコル(20)が出演し、独自の恋愛観を披露したが、MCの明石家さんま(62)に一蹴されてしまった。

 今回の放送は、“インテリvsノットインテリSP”と題して、東大と京大出身のタレントと“おバカ”タレントが激突するというもので、番組の前半は“インテリ・ノットインテリのイラッとする言動”というテーマでトークが繰り広げられた。この中で藤田は、タクシーに乗ったとき、行き先の漢字が読めなくて“砧(きぬた)”を「石系(の漢字)」だと説明しようとしたが、運転手に伝わらず発車するまでに10分以上かかってしまったエピソードを披露して出演者たちを笑わせていた。

 また、藤田は「頭が良い人は恋愛がダメだと思うんですよ」と、高校生の頃、成績優秀な同級生にテストの範囲を教えてもらったとき、メールで「ありがとう」と感謝の言葉にハートマークをつけたところ、相手に好意があると勘違いされたことを明かした。さらに「ニュースを見ていても、頭の良い人がいっぱい不倫をしたりとか、いけない事件を起こしているんですよ」と、ニコルはインテリに関する持論を展開。さんまは「そんなことはないよ。不倫はアホもする」と一蹴したが、藤田は、ノットインテリ系は(悪い)ニュースにあまり出てこないという、自説を曲げようとしなかった。

 これに、東大出身で教育学者の齋藤孝(57)が「中学高校と受験勉強してて、男子校だったりすると、女の子からメール来ると“今のどういう意味?”って返しちゃう」と、頭の良い男の子は考えすぎてしまうと解説。藤田は「面倒くさい〜」とドン引きしていた。

「さんまから容赦なく否定されたニコルでしたが、視聴者の共感は呼んでいたようですね。ツイッターでは、“藤田ニコルはバカなふりをしてるが実はかしこいと思う”“藤田ニコルちゃん、勉強はできないけど生きてくうえで必要な感覚は持ち合わせてる”など、好意的なコメントが寄せられていました」(芸能誌記者)――タレントとしてしっかり生き残っているのがその証拠!

本日の新着記事を読む