ダウンタウン浜田雅功の「笑福亭笑瓶置き去り」が大ウケ!

 2月27日放送のバラエティ番組『ごぶごぶ』(毎日放送)に、お笑いタレントの笑福亭笑瓶(61)がゲスト出演。ロケ中、笑瓶がダウンタウンの浜田雅功(54)に置き去りにされる一幕があり、放送後大きな話題となった。

 同番組は、浜田が毎回ゲストの“相方”と一緒にロケをするという内容で、前回からは笑瓶と一緒に大阪の各地を観光。今回は、日本一高いビル「あべのハルカス」や、希少なクラシックカーが多数展示された「ジーライオンミュージアム」を訪問した。

 車好きの笑瓶は、ミュージアムで貴重なビンテージカーを目のあたりにして大興奮。さらに笑瓶が当時憧れていた1984年製のベンツに試乗できると分かると、浜田は「乗してもらえよ~!」と笑瓶の肩を叩いた。

 ベンツに乗りこんだ笑瓶は、「ETCカードはいいですか?」と小ボケを挟みつつ、ノリノリでエンジンを始動。上機嫌で車を走らせる笑瓶を見送ると、おもむろに浜田は「さ、というわけでね、ごぶごぶ皆さんいかがでしたでしょうか」と締めのあいさつを始め、「今週はじゃあ、このへんで!」と、笑瓶を置き去りにしたままロケバスに帰っていった。

 そして、試乗を終えて戻ってきた笑瓶は、スタッフから浜田が帰ったことを知らされると苦笑。「冷たッ」「なんやねん、この終わり方は……」と愚痴っていた。

 ゲストを置き去りにして番組を終わらせた浜田に、視聴者は大ウケ。ネットには「笑瓶さんだとゲストって感じがないな」「容赦ないなぁ浜ちゃん」「お約束展開に爆笑した」と、浜田への称賛のコメントが相次いでいた。

「今回の展開は、浜田雅功と笑福亭笑瓶の親しい間柄があってのことですね。二人は、かつて『HAMASHO』(日本テレビ系)という番組で長年共演。年齢的には笑瓶のほうが先輩ではありますが、いつも浜田にイジられるという関係でした。当時『HAMASHO』を見ていたファンには、今回の二人のかけあいに懐かしさを感じたのではないでしょうか」(芸能誌ライター)――やっぱりこの二人は面白い!

本日の新着記事を読む