『家政夫のミタゾノ』復活、気になるのはあのポジション?

 2016年に放送された人気ドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)が、新シリーズとして4月より復活することが明らかになった。ネット上のファンを喜ばせた一方、一部キャラクターのキャスティングが気になるという声が目立っている。

 同シリーズはTOKIOの松岡昌宏(41)演じる女装姿の家政夫、三田園薫が、見事な腕前で家事をこなしながら、派遣先の家庭に巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていくという、1話完結型の痛快“覗き見ヒューマンドラマ”だ。

「ドラマは、現在『ホリデイラブ』が好評なテレ朝の金曜ナイトドラマの枠で放送され、夜11時15分という遅めの時間にもかかわらず、高視聴率を連発しました。深刻な家庭問題を、コメディを交えながら解決するという作品で、脚本と演出がすばらしいかったのですが、何よりもキャラクターたちが秀逸。松岡演じる三田園だけではなく、サブキャラも魅力的だったんです」(テレビ誌ライター)

 テレビ朝日公式サイトでは、新シリーズについて「消息不明だった三田園がある日突然、戻ってくるところからスタートします。空白の期間、三田園にはいったい何が起きていたのか」と書かれているのみで、他のキャスティングについてはまだ発表されていない。そのため、三田園たちが所属していた“むすび家政婦紹介所”の所長を演じていた余貴美子(61)を始めとした、レギュラーメンバーが再び登場するかどうか、注目が集まっているという。

「中でも、三田園にいつも振り回されていた派遣家政婦の花田えみりを演じていた清水富美加(23)を再び起用するかどうかが気になるところ。現在は芸名を千眼美子に改名し、テレビでの仕事はありませんから。彼女の演じた花田というキャラは、いわばアクシデントへのリアクション役で、清水のコロコロと変わる表情やテンパる様子が毎回好評でした。清水がコメディエンヌとしての才能を十分に発揮していたドラマだったので、もう一度彼女を見たいという人も多いのでは」(前出のテレビ誌ライター)

 人気ドラマの続編決定にネット上では、「また松岡の女装が見れるのか!」「続編めっちゃうれしい」「面白かった記憶しかないから楽しみだな」といった声が続出。しかしその一方で「清水富美加はさすがに無理かな、彼女のコメディ役好きだったんだけど」「花田ちゃんっぽい役をもう一度作るのかね」「清水富美加ちゃんの演技がすごく良かったから、次の人のプレッシャーはデカそう」と、花田えみりのポジションに関して期待する人のコメントも目立った。

 ファン待望の『家政夫のミタゾノ』新シリーズ。作品自体はさらにパワーアップして、視聴者を楽しませてくれるだろう。

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→水曜日のダウンタウン