福山雅治、劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』の主題歌決定に、ファン歓喜!

 4月13日公開の劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』の主題歌を、歌手の福山雅治(49)が担当することが明らかになった。福山が『名探偵コナン』シリーズの主題歌を担当するのは初めてのことで、ファンを驚かせたようだ。

 劇場版『名探偵コナン』最新作の主題歌として福山が書き下ろした新曲は、『零-ZERO-』というタイトル。同映画の公式サイトで公開されている予告映像には、この楽曲の一部が使用されており、福山らしいアップテンポのロックナンバーに仕上がっている。

 福山は、今回のオファーについて「歴史あるコナンの世界に音楽で参加させていただくことに身が引き締まる思いです」と公式サイトでコメント。さらに「真実を追求する者と己の正義を貫く者、それぞれの信念が激突する今作を主題歌で表現出来れば」と語っている。

『名探偵コナン』シリーズ初参戦となる福山の起用に、ファンは驚きと興奮を隠せないようだ。ネットには「まさか福山を起用してくるとはコナン新作すごいな」「これは予想外の人選だった!」「コナンと福山……雰囲気合ってるか。これは劇場に行かなくちゃ」「主題歌良いじゃないですか! 楽しみが増えたわ!」といった、コナンファンからの期待を寄せるコメントが多数上がっていた。

「昨年劇場公開された『名探偵コナン から紅の恋歌』の主題歌は、『名探偵コナン』シリーズに多数の楽曲を提供してきた倉木麻衣(35)が担当していました。今回は、映画のタイトルが『ゼロの執行人』だったことから、ファンの間では倉木同様『コナン』シリーズのテーマソングを多数手がけている、B’zの『ZERO』が主題歌に起用されるのでは? と予想している人も多かったようですね」(映画誌ライター)――映画も曲も、ヒット間違いなし!?

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→水曜日のダウンタウン