武井壮、“女子が怖がる”リビング70畳の豪華自宅を公開

 3月1日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に、タレントの武井壮(44)が出演。自宅の高級マンションに女性を招いたところ、怖がられてしまったエピソードを語った。

 この日は“芸能人の自宅20連発”と題され、東京都内にある武井の自宅がVTRで紹介された。番組の説明によると、1LDKという普通の間取りだが、リビングの広さは70畳もあるという。そのリビングで重さ50キロのバーベルを使った筋トレやゴルフクラブやバットの素振り、ビリヤードをしている武井の姿が映し出された。

 自宅リビングについて、武井は「国内でも最高レベルのトレーニング環境を自宅に完備している」と自慢げに紹介。さらに、「トレーニングの最後には、やはりダッシュがあります」と語ると、リビングを猛然とダッシュして、その広さを誇示した。

 VTRが終わり、ダウンタウンの浜田雅功(54)から「トレーニングをしたいから、こういう広いところをっていうことなんですか?」と質問された武井は「そうです。“一番広い1LDKを探してくれ”って不動産屋に言ったんですよ。(不動産屋が)1年ぐらいかかって探し、“東京で一番広い1LDK見つけました”って言って、リビング70畳(の物件を紹介してくれた)」と返答。

 それに対し、タレントの森口博子(49)が「広すぎないの? 女子が来たら、びっくりするよね」と尋ねると、武井は「女子にモテるかなと思ったんですよ、こういう部屋住んだら。(でも)誰も遊びに来ないですね。(女性が遊びに来ても)“なんか、怖い”って言われました」とがっくり肩を落とした。女性が怖がる理由について、「リビングの端にソファがあるんですけど、そこでお話してると、“なんか背中がスースーする”って(女性から言われる)」と、広すぎるリビングに恐怖心を抱かれてることを明かしたところ、浜田は「生活感がないわな」と苦笑いを浮かべていた。

「2016年6月に放送された『ナカイの窓』(日本テレビ系)で、武井は自宅の家賃が76万円だと明かしていました。女性には恐怖心を抱かれるリビングですが、“百獣の王”を目指す武井がトレーニングするには、最高の環境なのかもしれませんね」(芸能誌記者)――それにしても、広すぎる!

本日の新着記事を読む