日テレ水卜麻美VSフジ山崎夕貴、朝8時の「エース女子アナ対決」の画像
日テレ水卜麻美VSフジ山崎夕貴、朝8時の「エース女子アナ対決」の画像

 好感度で一、二を争う両局の看板アナが4月改編で激突! MC起用の背景から、今後のバトルの行方まで占う!

「午前8時が、両局の視聴率とメンツをかけた勝負の時間になります。両エースは、自身の魅力をどう表現できるか、今まで以上にセキララな姿を見られるはず」

 広告代理店社員がこう話すのは、“朝の情報番組戦線”のこと。2月19日、フジテレビの山崎夕貴アナ(30)が、MCを務める『ノンストップ!』において、3月30日で同番組を卒業し、4月から『とくダネ!』のMCに就任することを報告。これが、「日本テレビへの宣戦布告」(前同)だと言うのだ。「『とくダネ!』が放送される朝8時からの2時間、日テレは『スッキリ』を放送していますが、このMCが水卜麻美アナ(30)。つまり、両局の人気ナンバーワンアナが、同じ時間帯に同じ情報番組で、ぶつかるんです」(同)

 老若男女から好感度が高い両アナだけに、「食べっぷりの良さとムチムチボディが魅力の水卜ちゃんと、彼氏ができて妙に女っぷりが上がったと評判の山崎アナの、どちらを見ようか迷いますね」(女子アナウォッチャー) 事実、両局の社員に聞くと、「エースアナ同士の“負けられない戦い”」と口をそろえるのだ。

■最初に喧嘩を売ったのは日本テレビ

 今回、喧嘩を売った形に見えるフジだが、同局社員は、「最初に挑発してきたのは日テレ。昨年10月に、水卜アナをサブMCに起用し、ウチの立場を脅かしてきた」と否定する。一方の『スッキリ』の制作関係者は、「以前は、視聴率で言えばウチが2勝3敗の感じでしたが、水卜が起用されてからは逆転して3勝2敗。起用が当たったと言えますし、そのことも評価され、今年1月4日には多くの社員が集められた場で、彼女がMVPとして表彰されて、金一封をもらったほどでした」と、先制攻撃を認めている。

 ここで、“お台場・汐留抗争”を振り返ろう。『スッキリ』は、お笑い芸人の加藤浩次らをMCに、2006年から放送されている。その後、数年で数字を伸ばし、12年、13年と、この時間帯で視聴率民放1位に輝くも徐々に低迷。16年3月からは芸人の近藤春菜がMCに加わったが、「視聴率が芳しくなく、エース・水卜アナを投入することとなった」(スポーツ紙記者)という。

 一方、フジの『とくダネ!』は、今年で19年目を迎える長寿番組。番組開始からMCを務めるのが小倉智昭で、14年~16年まで民放1位の視聴率を誇った。前の時間帯に放送されている『めざましテレビ』と並んで、フジの看板番組となっている。「『とくダネ!』は、水トアナの投入に対抗する形で、昨年10月にキャスターの菊川怜(39)を降板させて、新人の海老原優香アナ(23)を抜擢しました。その海老原アナも、今回の異動により、わずか半年で降板となります」(前同)

  1. 1
  2. 2