大相撲春場所で狙うは連覇! 栃ノ心「力士である限り“上”を目指す」

 ケガを乗り越え、さらに強く逞しく復活した黒船力士。日本中が涙した大一番と今後の野望を語り尽くす!

 暴行事件に端を発する一連の騒動で、揺れに揺れた大相撲。そんな中、角界に明るい話題を提供したのが、初場所で平幕優勝を果たした栃ノ心(30)だ。191センチ、170キロの筋肉質の体型で、握力は90キロ以上。敢闘賞も3度受賞したが、2013年名古屋場所で負った右ヒザの負傷で4場所連続の休場。それによって、幕下下位まで番付を下げたこともあった。大ケガから4年半。今も右ヒザに大きなサポーターを巻きつつ、「奇跡の復活」を遂げた男に、初優勝の感動、春場所への思いを聞いた!

■白鵬も「力がついたね」と称賛

――あらためて初場所での初優勝おめでとうございます。続いて、2月の大相撲トーナメントでも優勝。ノリに乗っていますね。

栃ノ心(以下=栃) ありがとうございます。まさかトーナメントでも勝てるとは思っていなかったんですが、初場所で優勝したでしょう。みんな「栃ノ心は、どんな相撲を取るのかな?」って見ていますから、「しっかり相撲を取っていこう」と思っていました。3回戦では、これまで本場所で25回対戦して、一度も勝っていない白鵬関と当たったんですが、寄り切りで勝つことができた。花相撲だとはいえ、うれしかったね(笑)。トーナメントは1番勝つごとに賞金が出るんですが、白鵬関に勝って準決勝戦に進んだくらいから、「よし! 勝ちに行こう!」と気合いが入ったんですよ(笑)。

――白鵬戦は右四つがっぷりからの力強い相撲での勝利でした。白鵬関も「栃ノ心は、力がついたね」と称賛していましたね。

栃 ホントっすか(笑)? それはうれしいですね。そのあと、準決勝で隠岐の海関とあたって、決勝は玉鷲戦だったんですが、新十両昇進が一緒(08年初場所) の玉鷲関には負けたくなかった。彼も33歳にして、力を付けてきていますからね。そして、玉鷲関に勝って優勝して、表彰式では、ウチの師匠(春日野親方)から優勝トロフィーをいただいたことにも、感動しました。

――13年の大ケガによる休場で、一時は幕下まで陥落しましたが、見事な復活ですね。

栃 ケガは右ヒザの前十字じん帯の断裂だったんですが、今もじん帯はつながっていないんです。手術して入院しているときは、テレビで大相撲中継を見るたびに、「もう無理でしょ?」と辞めることばかり考えていましたし、番付も幕下55枚目まで下がってしまった。でも、退院して土俵に上がれるようになると、徐々に気持ちが前向きになっていったんですね。休場から8場所後に、幕内に返り咲いて、敢闘賞をいただいたときも、うれしかったなぁ。でも、昨年の初場所で同じ箇所を痛めてしまって、途中休場。相撲は体があってのこと。本当にケガは怖いと思います。これからも、うまくつきあっていくしかないんですけどね。

■大ケガからの見事な復活

――さて、初場所を振り返ってみたいと思います。4日目、高安関、5日目には豪栄道関と2大関を立て続けに破り、前半から好調さが際立っていましたね。

栃 そうですね。初場所は場所前から、(負傷した)右ヒザの調子がよかったんですよ。それが、好調の理由なんですが、実は昨年の秋からヒザの具合が思わしくなくて、10月の秋巡業は休場したんです。たまっていたヒザの水を病院で抜いて、ちょうどその期間は、春日野部屋の合宿があったので、ウォーキングしたりして、体は動かしていたんですが、九州場所に出られるかどうかも微妙だったんです。水を抜くとヒザの周りの筋肉が落ちてしまうので、不安もありましたし。なんとか九州場所は乗り切ったんですが、12月の冬巡業もあまり稽古ができなかった。ところが、1月の初場所が始まる1週間くらい前から、ヒザの動きがよくなってきたんです。

――少し不安から解放されたということですね。

栃 大きかったですね。それで6日目まで全勝でいって、7日目には同じく全勝の鶴竜関には負けてしまったけれど、波に乗っていけたんだと思います。

――9日目には165キロの御嶽海関を豪快な吊り出し。そして11日目、全勝の鶴竜関が敗れたために、1敗で横綱に並びます。

栃 今、振り返ってみると、この頃から優勝を意識していたのかもしれませんね。ヒザの調子を考えれば、初場所は勝ち越し、あわよくば10勝できればいいな、くらいに考えていたんです。11日目は宝富士戦だったんですが、彼は体が柔らかくて、私としてはやりづらい相手。私が四つになろうとすると、頭をつけて振りほどかれて、距離を取られます。その後、ようやくまわしを取った私が攻めたんですが、土俵際、際どい勝負になって物言いがついたんです。結果は軍配通り、私の勝ちになったんですが、あの激しい相撲で勝てたというのが、大きかった。次の日、鶴竜関が遠藤関に負けて、私が単独首位に立つんですが、正直、優勝のことを考えたらドキドキするから、考えたくないという気持ちでした(笑)。

――取り囲む報道陣が日々増えていく中で、「優勝を意識しない」というのは難しかったでしょうね。

栃 とにかく鶴竜関が負けるとか、そういうことに関係なく、「一日一番」と自分に言い聞かせていました。13日目は、このところ勢いが復活してきた逸ノ城関。彼は今、体重が220キロくらいありますからね。牛みたいに重いんですよ(笑)。

――そして、1敗を守り続けての14日目。勝てば優勝という大一番でしたね。

栃 (相手の)松鳳山の突っ張りは厳しかったですね。私も突っ張りで応戦したんですが、これにはワケがあるんです。この日の朝、稽古場で師匠に、「(松鳳山は)なかなかつかまらない力士だから、突っ張ってからつかまえろ」というアドバイスをいただいたんです。すぐに私の得意の四つに持ち込むな、ということなんですが、それを実践できたのが、勝利の理由です。

――千秋楽でも遠藤関に勝って、14勝1敗で初優勝。優勝インタビューで、「親方、おかみさん、春日野部屋の皆さん、日本の皆さん、私の国の皆さん、応援ありがとうございます!」と目を潤ませている姿は、感動的でした。

栃 いや~、もうね……。皆さんに感謝の気持ちしかないですよ。こんな日が来るとは思ってもいなかったですし、4年半前の大ケガのときは、心が折れかけていましたから……。

■「角界のニコラス・ケイジ」は料理が得意

 終始和やかに、しっかり目を見つめて質問に答えてくれる栃ノ心。そのブルーグレーの瞳、端正な顔立ちから、ニックネームは「角界のニコラス・ケイジ」。ジョージア出身の力士としては、黒海(元小結=引退)、臥牙丸(現十両)らがいるが、幕内最高優勝を果たしたのは、栃ノ心だけ。そのため、母国・ジョージアから、すでに決まっていた名誉観光大使の任命に加えて、日本の国民栄誉賞に匹敵する勲章が栃ノ心に贈られることが決まった。

――優勝に加えて、素晴しい称号がまた増えますね。

栃 いえいえ、うれしいと思う反面、私などにはもったいない賞だと思っています。母国・ジョージアは日本からだいぶ遠いし、大相撲のスケジュール上、長い期間、日本を離れることができないので、なかなか帰れないんですよ。

――15年に幼馴染のニノ夫人と結婚。17年11月には長女・アナスタシアちゃんが生まれましたが、会えているんですか?

栃 それが、まだ対面していないんです。会いたくて、会いたくてたまらないんですが、まだ4か月の赤ちゃんですから、十何時間も飛行機に乗せて、日本に連れてくることはできません。だから、今はもっぱらテレビ電話で毎日大きくなっていく様子を見ているんです。妻と私、どっちに似てるのかは、まだ分からない(笑)。たぶん、ジョージアに帰れるのは6月くらいになるんじゃないかなぁ……。

――早く会えるといいですね。ところで栃ノ心関は、都内の自宅で自炊もするそうですね。

栃 料理は得意ですよ(笑)。昼は部屋でチャンコ鍋を食べますが、関取になると、夜ゴハンは自由です。外食することもあるんですが、気分転換も兼ねて、ジョージア料理を作ります。得意料理は、“チャホフビリ”という鶏肉、トマト、玉ネギをジョージアのスパイスを入れて煮込んだ料理。ジョージアから、いろいろな種類のハーブを持って来てるので、それを効かせます。おふくろの味ですね。そして、もちろん赤ワインも(笑)。

――以前、飲んだジョージア産のワインは最高においしかったです!

栃 でしょ!? 私の実家はワインの醸造の仕事をしているんですが、地元では、10軒中7軒の家で、自家製ワインを作っています。それと、ワインを絞った後のぶどうのカスで作る“チャチャ”というお酒が、またおいしい! ウォッカみたいな感じでアルコール度数が50度くらいあるから、これはけっこう酔います(笑)。ジョージア産のワインはこれまであまり日本で売っていなかったけれど、飲みやすさが受けて、最近では扱うお店も増えてきたのはうれしいことです。

■大相撲春場所でも注目!

――春場所が近づいてきました。関脇にも復帰して、「栃ノ心の今後」が注目されていますね。

栃 そういう空気は十分感じています(笑)。関脇の次は、大関ですよね。これまでは大関を目指すなどということは夢の夢でしたけれど、力士である限り、上を目指すのは当然のこと。しっかり自分の相撲を取って、横綱、大関を2人くらい倒したら、「次」が見えてくるのではないかと思っています。

 御嶽海、阿武咲、北勝富士ら20代の若手有望力士がひしめく中で、高らかに「大関を目指す」と宣言した栃ノ心。栃ノ心の“心”は“日本の心”を意味するという。遠くジョージアから日本へ渡り、国技・相撲を極めて早12年。30歳のこれからの戦いに注目したい。

取材・文/武田葉月(ノンフィクションライター)

栃ノ心剛史(とちのしん・つよし)1987年10月13日、ジョージア生まれ。本名はレヴァニ・ゴルガゼ。身長191センチ、体重170キロ。春日野部屋所属。2006年に初土俵、08年夏場所で新入幕。13年名古屋場所で大ケガを負い、その後休場。翌14年春場所には幕下に陥落するも、同年九州場所で幕内に復帰。18年初場所で初優勝し、春場所では西関脇に昇進。

本日の新着記事を読む

日刊大衆TOPへ戻る