『ネプリーグ』、堀田茜と谷まりあの“おバカぶり”に批判殺到「イライラする」

 3月5日に放送されたクイズ番組『ネプリーグ』(フジテレビ系)にモデルの堀田茜(25)と谷まりあ(22)が出演。二人に対し、視聴者からは「見ていてイライラする」という声が上がっている。

 この日、立教大学文学部卒業の堀田、早稲田大学在学中の谷は、京都大学法学部卒でプロ麻雀士の松嶋桃(33)、ネプチューンの名倉潤(49)、林修(52)と一緒に“高学歴女子チーム”として登場。堀田は冒頭で「立教なんですけど、今日、早稲田さんとか、京大さんとかいるので、ちょっとおとなしくしてようかなと思います」とあいさつした。

 彼女らが挑んだ最初の問題は英単語だったが、堀田はいきなりミスを連発。「舌(tongue)」のつづりを間違え、日本語を英語に置き換える問題で「経済(economy)」「煙(smoke)」「合図(sign)」「咲く(bloom)」「湖(lake)」をすべてミス。「次の(next)」を何とか正解したが、谷が「宝物(treasure)」を答えられず、そのままタイムアップ。出番が回ってこなかった同じチームの松嶋は、答えを聞かれるとすべて正解し、悔しさをにじませていた。

 さらに後半、空白になった( )部分を当てる四字熟語の問題で、谷は「千(載)一遇」「初(志)貫徹」「(罵)詈雑言」がすべて分からず、タイムアップ。名倉が先に正解した「(呉)越同舟」だったら答えられたと主張し、わざと難しい問題を残したとして「潤ちゃん、私たちに考え過ぎんでいいで言ってたけど、一番考え過ぎちゃってますね」と名倉を批判。逆に簡単な問題を残したつもりだったという名倉は「おまえらが考えさしたんやけど!」と声を荒らげて反論していた。

 堀田と谷に対し、視聴者からは「相変わらずひどい堀田茜の英語力、というか単語力」「前回もそうやったけど堀田茜と谷まりあが頭悪すぎて高学歴チームで出てるのが痛々しすぎる」「いやさ、堀田と谷マジで出禁にしてよ」「このモデルの二人、前回もひどすぎて視聴者から批判来てたよな」などと、失笑されていた。

「堀田茜は昨年12月に、同番組に出演したのですが、問題を不正解するたびに開き直った発言を繰り返し、視聴者から批判が殺到しました。“おバカキャラ”を狙っているわけではないのでしょうから、これが実力なのでしょう」(芸能誌記者)

 “高学歴”を振りかざすのも、ほどほどに!?

本日の新着記事を読む