日本に30年ぶりにバブルがキター!? 「港区女子」の実態

 長らく不景気が続いていた日本に、再びバブルの波がやって来た。しかも当時を彷彿とさせるような金払いの良いねるとんパーティ的な合コンも増えており、A女、E女たちが恩恵を受けているという! ニッポンの新バブルの実態に迫る。

■港区は金持ちが集まりやすい街

 ティッシュの箱ほどの大きな携帯電話を持った芸人の平野ノラが、「しもしも~? ぶっとびー!」とやるのが面白い“バブルネタ”。バブルとは、1986年12月から91年2月までに起こった、異常なまでの好景気時期のことだ。それが最近、ガチで再来の兆しがあるのだ。その象徴が東京都港区に生息する“港区女子”。彼女たちの財布が、札束まみれだというのだ!

 庶民にとって、政府が言う「景気回復」はまるで実感がないが、港区は違うという。経済評論家の荻原博子氏が解説する。「安倍政権になって以降、史上最高の景気回復が訪れ、この4年間で企業の内部留保が100兆円増加しました。それにより、大手企業のサラリーマンやIT企業、投資家たちは恩恵を受けている。港区はそうしたお金持ちが集まりやすい街なんです。男性は儲かったら使いたくなるもの。あるところには、お金はあるんです」

 比例して、六本木、西麻布周辺に高級店が軒並みオープン。「金の臭いに敏感なタクシーが港区に集まっている」(前同)のも、バブルの兆しを象徴する光景だという。

 金を払う男がいれば、当然、女性も集まるもの。6年前から港区で遊び続けているモデルのアンジェラさん(26・仮名=以下同)も、そんな一人だ。「自然発生的に作られた港区女子のLINEグループがいくつかあるんですが、200~500人の大所帯で、女子大生から業界系までいます。そこにギャラ飲み募集が投稿されるので応募し、先方に写メを送り、審査をクリアして参加という流れが主。相場は、タクシー代のみ1万円から、ギャラとして2万円支払われたり、私が幹事として女性を集めるときは、10万円を一度もらってから参加女性に分配するなど、さまざまです」

■IT企業や芸能プロダクションは見かけ倒し

「この前は“18~20歳で3万円”の募集があり驚いた」(前同)と言うが、やはり若ければ若いほどギャラはいいという。「金払いがいいのは、上場していない中小企業役員で、特に、飛行機の部品を作っているなど、競争相手のいない企業の“部品系男子”はすごい。この前は、高級シャンパンを開けて並べまくり、一晩で2000万円使っている部品系がいましたね」(同)

 一見、稼いでいそうな、上場したIT企業や芸能プロダクションなどは「見かけ倒し」(同)と辛辣だ。「男性の遊び方は年齢により差がありますね。バブルを経験した40代後半以上は、“エルメスで何か買ってやる”と誘ったり、あからさまで下品。ZOZOTOWNの前澤友作さんも、そのタイプですね」(同)

 対照的に、30代の“新・バブル男”は評判が良い。「飲みのときに必ず、高級シャンプーや化粧水などのお土産をくれ、その中にポチ袋がある。開けると万札が入っていて、スマートでかっこいいですね」(同)

 また、あらかじめ決められたギャラのほか、チップが支払われることも。「ストッキングを破らせて1万円、カラオケで94点以上出して1万円、テキーラ一気飲みで1万円……と、“オプション”で一晩10万円稼げる日もあります」(同)

 夏は、クルージングが盛んに行われ、「葉山や佐島にある彼らの別荘に泊まり、所有クルーザーをヨイショして1万円」(同)というのが風物詩なんだとか。

  1. 1
  2. 2