飯島直子、二度めの結婚生活に黄信号? 五十路美女の「離婚危機」 

 “不倫の恋”を堂々宣言した姐御の一方、妹分は“不貞の恋”を選んでしまうのだろうか――。「元祖癒し系」女優・飯島直子(50)の、2度めの結婚生活に黄色信号が点っているという。テレビ局関係者は話す。「飯島さんは、2012年のクリスマスに結婚した2度めのご主人と仮面夫婦だという話なんです。彼女の口ぶりでは、夫婦関係はうまくいっている感じですが、実態はそうではなく、新たな男の影もあるとか。飯島さんが姉のように慕っている小泉今日子さん(52)は先日、豊原功補さんとの不倫を公にしたところですが、飯島さんの結婚生活も大きく揺れていることは間違いないようです」

■TUBEの前田亘輝と結婚するも…

 飯島の私生活といえば、1997年、『TUBE』の前田亘輝と1度めの結婚をするも、4年で離婚。その後、ホストクラブ通いが何度となく報じられた。「彼女は新宿・歌舞伎町の当時ナンバーワンホストの“ONLY優”氏にどハマりしてしまい、一説には2億5000万円もする港区の高級マンションをキャッシュで購入したり、新車のメルセデスベンツを買い与えるなど次々と貢いだそうです。その総額は3億円超だとか」(スポーツ紙記者)

 そこまでしたのにかかわらず、その後、彼とは別離することになった飯島。傷心の中の2009年頃、不動産会社を経営する、芸人の山口智充似の現夫とバーで知り合い、3年間の交際を経て12年12月25日に入籍した。当初は順風満帆に見えたのだが……。「飯島は、昨年8月の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)では都内の一等地に建つタワーマンションの自宅を紹介していました。東京中が一望できるような抜群の眺望の良さと、超豪華な内装。まさに“勝ち組の妻”という感じだったんですがね……」(前同)

 前出のテレビ局関係者はこう話す。「彼女は、『今夜~』で、今の夫と知り合った経緯を、“(前の彼は)わがままな人で私、尽くしちゃうタイプで、尽くし過ぎて疲れたところに今のダンナがいた”と語っていました。その発言でも感じたんですが、彼女は“優しい男は物足りない。冷たい男に尽くしたい”ってタイプかも……。すでに、一部の写真誌が動いているといいますよ」

 12年に飯島が小泉とともに出演し、14年にも続編が制作されたヒットドラマ『最後から2番目の恋』(フジテレビ系)。今の夫との結婚生活は、その人気作のタイトルを裏切ることはできないのだろうか……。

本日の新着記事を読む

日刊大衆TOPへ戻る