大和イチロウ「インスタントラーメンは職人芸が光る世界」麻美ゆまのあなたに会いたい!

 インスタントラーメンが大好きな方は必見です! 今週、私がお会いしたのは、インスタントラーメン専門店『やかん亭』グループ店主で、“麺クリエイター”として活躍中の大和イチロウさんです。大和さんの経営される『やかん亭』には、全国から集めたインスタントラーメンが常に300種類ほどズラリ。くぅ~。よだれが出ちゃいそう。お腹の虫も鳴る中、奥が深いインスタントラーメンの世界を教えてもらいました~!

■カロリーも高くなく、たんぱく質が豊富

ゆま「私、インスタントラーメンは大好きなんですけど、やっぱり女子なんでカロリーとか気になって、なかなか食べられないんですよね(泣)。“一日一麺”がモットーの大和さんが羨ましいです」

大和「アハハ。一日一麺どころか、一日二麺もザラです。それにインスタントラーメンは世間に思われているほど、カロリーも高くないんです。特に“袋麺”は種類にもよりますけど、一つあたり300~400キロカロリー程度。しかも、たんぱく質が豊富!」

ゆま「そうなんだ? 確かに大和さんは全然、太ってませんよね。じゃあ、もっと気軽に食べようかな!」

大和「はい。今日はゆまさんとお会いするので、16種類ほど僕がオススメのインスタントラーメンを持ってきました。ぜひ、食べてみてください」

ゆま「いただけるんですか? うれしい~! しかも、どれも初めて見るラーメンです。世の中に、インスタントラーメンって何種類ぐらいあるんですか?」

大和「いやあ、数えきれませんよ。JAS規格に登録されているものだけで1000種類以上あって、ご当地物のラーメンなどを入れると、現在も2000種類以上はあると思います。そもそもインスタントラーメンは、年間800種類は新商品が出ていますからね」

■メーカーの工場を見学して

ゆま「すごい! そんなにあるの? 大和さんはずっと、全国のインスタントラーメンを調査されているんですね?」

大和「はい。常に日本全国を旅して、その土地のスーパーやお土産屋さんなどでラーメンを発見したら必ず食べます。そして、おいしかったら、そのメーカーに連絡をして工場を見せてもらえないか、掛け合います」

ゆま「工場見学まで?」

大和「はい。僕の店では基本、工場を見せられないラーメンは取り扱わないようにしています。僕自身が製造過程まで知りたくて、半分、ストーカーみたいな感じなんです(笑)。それに、工場で公開できない製造過程があることは、そもそも食品としておかしい。信頼性がないと、やはり取り扱えないんです」

ゆま「今の話だけで本当に心の底からインスタントラーメンを愛されていることが分かります。でも、製造過程なんて、そんなに変わらないんじゃないですか?」

大和「そこが皆さん、よく誤解されているんです。インスタントラーメンって、めちゃくちゃ繊細なんです。たとえば、山形県にあるラーメン工場が10キロだけ引っ越しをしたんですね。すると、一気に味が変わったんです」

ゆま「え? どうして?」

大和「気候や風土が変わったからです。特に湿度が少しでも変化すると、乾燥麺は大きく影響を受けるんですね。たった10キロ、場所を変えるだけでダメになってしまうんです。しかも、それに、お客さんも気づいてしまった」

ゆま「つまり、インスタントラーメンは、それぞれ“地元の味”ということ?」

大和「その通りなんです。自前の味噌蔵を持っている麺メーカーもあって、そこは過去に一度、蔵を変えたところ、味が変わってしまったということで、元に戻しているんです」

ゆま「こだわりが強いんですね」

大和「はい。麺の太さも、そのラーメンに合うように計算し尽くされているんです。それこそ麺の太さが0.3ミリも変わったら、味が変わります。長い歴史を持つチキンラーメンも、昔とは少し味が変わっているんです」

ゆま「私、これからはインスタントラーメンを、もっと大事に味わいます!」

大和「アハハ。まあ、そうはいっても、我々消費者はそこまで深く考えず、手軽に食べられるインスタントラーメンを楽しめばいいと思うのですが……実際は職人芸が光る世界なんですよ」

■『利尻昆布ラーメン』がオススメ!

ゆま「こういう話を聞くと、ますます食べたくなります。さっそくですが、お持ちいただいたラーメンの中で、大和さんイチ押しのラーメンは、どれですか?」

大和「どれもおいしいので1位を決めるのは難しいんですが、僕の中のベスト3は北海道の『利尻昆布ラーメン』と『毛がに北海道ラーメン』、それと秋田の『比内地鶏白湯ラーメン』かな」

ゆま「おおっ。実は私も真っ先に気になったのが『利尻昆布ラーメン』でした!」

大和「塩スープで、麺の中に利尻昆布を練り込んでいるんです。つまり、食べながらにして“出汁”が出るんです」

ゆま「うおお、おいしそう。汁まで飲み干して、むくんじゃうやつじゃーん(笑)」

大和「アハハ。付属のトロロ昆布に絡めて食べると、出汁文化で育った日本人の琴線に触れるようなおいしさがあるんですよね」

ゆま「早く食べた~い!  あ、そうだ。インスタントラーメンのおいしい作り方とかもあるんですか?」

大和「もちろんです!」(次号につづく)

大和イチロウ(やまと・いちろう)インスタントラーメン専門店『やかん亭さくら総本店』の店長で、麺クリエイターの肩書を持つ、「麺」のスペシャリスト。同店は、大阪・日本橋に店を構え、品ぞろえは300種類以上。グループ店は、東京、愛知、福岡、鳥取、京都など全国に拡大中。羽田空港内にインスタントラーメンの自販機も設置している。

本日の新着記事を読む