MLBで6年間プレーし、7年ぶりに東京ヤクルトに復帰した青木宣親が3月13日、甲子園での阪神とのオープン戦に4番で起用された。4回には2点タイムリーを放ち、存在感を発揮した。「4番青木」は本番に向けてのテストといっていいだろう。 かつて小川淳司監督は、「青木は1番向き」と語っていた。2010年6月…