七福神の中で、唯一日本の神様は誰!? 調べてみたら謎だらけだった

 宝船に乗り合わせてやってくる福の神が「七福神」である。縁起が良くてさまざまなご利益をもたらす七福神は、キャラクター化されることも多く、日常生活の中でも目にする機会が多い身近な神様といえるだろう。しかしながら、七福神の名前をすべて言える人は少ないのではないだろうか。今回は身近なのに詳しいことは意外と知らない「七福神」について、改めて調査してまとめてみた。

■知らないと恥ずかしい!? 七福神の起源と歴史

●七福神とは

 七福神とは、福徳をもたらすとして信仰されている七柱のことである。日本では古くから民間信仰として多くの神々が信じられており、生まれた国も宗教的な背景も異なる神様を組み合わせてセットで拝む七福神信仰も、室町初期にはすでに出来上がっていた。当初は「吉祥天」(きちじょうてん/きっしょうてん)や「猩猩/猩々」(しょうじょう)が入るなど、顔ぶれが入れ替わったりしていたが、江戸時代には現在と同じ「恵比寿/大黒天/毘沙門天/弁財天/布袋/寿老人/福禄寿」というメンバーに固定された。このメンバーに「お多福」や「達磨」(だるま)を加えて八福神としてまつる寺社もある。

■七福神、それぞれの特徴を徹底解説

●恵比寿(えびす)

 恵比寿は、七福神の中では唯一の日本生まれの神様である。「えびす顔」という言葉の由来である、ふっくらとした福々しい顔が特徴的だ。

 日本神話には、男神の伊邪那岐神(いざなぎのかみ)と女神の伊邪那美神(いざなみのかみ)の御子として「水蛭子/蛭児」(ひるこ)、「蛭子神」(ひるこのかみ)が登場する。ヒルのように手足のない子であったため、生まれて間もなく船で海に流されてしまった。流された蛭子神が、流れ着いたという伝説は日本各地に存在する。一方、日本の沿岸地域では、漂着物を「えびす神」とし、漁業の神として信仰することが多い。室町時代に、両者が同一視されて全国的に信仰が広まった。

 また、恵比寿を事代主神(ことしろぬしのかみ)と同一視する信仰もある。事代主神は託宣(たくせん)の神として知られ、天照大御神(あまてらすおおみかみ)が支配する高天原への国譲りを要求しにやって来た使者に対し、父神の大国主神(おおくにぬしのかみ)に代わって国譲りの誓約をしている。釣り好きであったため、海と縁深い恵比寿と結びつけられるようになった。七福神としての恵比寿は右手で釣り竿を持ち、左脇に鯛を抱えている姿で知られているが、これは事代主神がモデルとされている。

*恵比寿のご利益

商売繁盛 大漁豊作 五穀豊穣など

*恵比寿にゆかりのある有名寺社

兵庫県 西宮神社(にしのみやじんじゃ)

 全国に広がるえびす神社の総本山で祭神は蛭児大神(えびすおおかみ)、天照大御神、大国主大神、須佐之男大神(すさのおおおかみ)。大阪湾の沖で、漁師の網にかかってまつられていた御神像を、御神託によって現在の場所に移動したのが起源。その年の福男を決める『十日戎開門神事福男選び』は全国的に有名。

●大黒天(だいこくてん)

 大黒天は元々、財宝と食物を司るインドのマハーカーラ神をルーツとした神様である。マハーカーラは大いなる暗黒を意味し、ヒンドゥー教のシヴァ神の化身や別名とされている。恐ろしい憤怒顔と真っ黒な姿が特徴的で、破壊や殺戮を行う。

 密教を日本に伝えた最澄は、大黒天を比叡山延暦寺の台所の守護神としてまつった。家を支える物や人のことを指す「大黒柱」は大黒天が語源だが、当時は台所の神として知られていたため、台所と座敷の間に立てられた大柱を大黒柱と呼ぶようになったといわれている。

 大黒天が現在のような姿になり、福の神として信仰されるようになったのは、「大黒」と「大国」がともにダイコクという同音であることから、大国主神(おおくにぬしのかみ)と同一視されるようになってからである。大国主神は因幡の白兎神話や、国作り神話、国譲り神話など多くの物語に登場する日本神話の中心的な神様である。

 大黒天といえば、大きな袋を背負って打ち出の小槌を手に米俵の上に立っている姿がおなじみである。トレードマークの福袋は、因幡の白兎伝説のときに大国主神が持っていた大袋が由来とされている。打ち出の小槌が福を招き富をもたらす宝物を、米俵が台所の神としての性格や、食物の豊かな実りを表している。

*大黒天のご利益

出世開運 商売繁盛 子孫繁栄など

*大黒天にゆかりのある有名寺社

東京都 神田明神(かんだみょうじん)

江戸時代、「江戸総鎮守」として江戸のすべてを守護。一之宮に大己貴命(おおなむちのみこと)の名を持つ大黒天が、二之宮に少彦名命(すくなひこなのみこと)の名を持つ恵比寿が、三ノ宮に平将門命(たいらのまさかどのみこと)がまつられている。江戸三大祭および日本三大祭に数えられる『神田祭』は全国的に有名。

●毘沙門天(びしゃもんてん)

 毘沙門天は、インド神話のクベーラ神をルーツにする神様である。クベーラ神は、ヒンドゥー教では財宝や福徳を司る神として、鬼夜叉たちを率いて北方を守護する。仏教に取り入れられると、四天王・十二天に数えられる神様となった。四天王は仏教を守護するために、仏の住む世界を支える須弥山(しゅみせん)の四方に住んでいる四柱(※“柱”は神様の単位)のこと、十二天は密教において世界を守護するといわれる十二柱のことである。毘沙門天という名前は、中国に伝わる過程でクベーラが音写されて毘沙門天、漢訳されて多聞天(たもんてん)と呼ばれるようになった。

 毘沙門天にはさまざまな姿がある。七福神として一般的なのは、憤怒顔で甲冑を着ており、右手に宝棒、左手に宝塔を持ち、2匹の鬼夜叉を踏みつけている武神の姿である。その勇猛さのため、戦国武将からの信仰もあつく、楠木正成や上杉謙信などは自らを毘沙門天の申し子、生まれ変わりなどと称していた。

*毘沙門天のご利益

武道成就 立身出世 厄除けなど

*毘沙門天にゆかりのある有名寺社

京都府 鞍馬寺(くらまでら)

木造の毘沙門天三尊像は国宝。重要文化財の聖観音立像、兜跋毘沙門天立像もあり、源義経が牛若丸と呼ばれた幼年期に天狗と一緒に修行したという伝説で有名。

●弁財天(べんざいてん)

 弁財天は、七福神の中で唯一の女神である。ルーツであるヒンドゥー教のサラスヴァティー神は、聖なる河の化身とされ、水をはじめ、芸術や言語、学問といった知をつかさどる神として知られている。また世界の創造主であり、宇宙の根源とされた最高神、ブラフマンを神格化した梵天(ぼんてん)の妃でもある。

 仏教に取り入れられると、天界に住んで仏教を守護する天部の一柱になった。中国に伝わる過程でサラスヴァティーが漢訳されて「弁才天」となったが、財宝神としての性格を持つようになると「才」と「財」がザイと同音であることから、弁財天と記されることが多くなった。

 神仏習合により、弁財天を宗像三女神の一柱、市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)と同一視する信仰もある。宗像三女神は海上交通を守護する海の女神で、弁財天のルーツであるサラスヴァティー神が河の化身で水との関連性が強い上、ともに女神であることから、二柱は結びつけられて考えられるようになったといわれている。

 弁財天は、8本もしくは2本の手で武器や琵琶などの楽器を持った美しい天女の姿で知られている。

*弁財天のご利益
諸芸上達 学徳成就 福徳施与など

*弁財天にゆかりのある有名寺社

神奈川県 銭洗弁財天宇賀福神社(ぜにあらいべんざいてんうがふくじんじゃ)

本宮に市杵島姫命、奥宮に宇賀神の名を持つ弁財天がまつられている。境内の洞窟内にある湧き水で銭を洗うと、数倍になって戻ってくるという言い伝えで有名。

●布袋(ほてい)

 布袋は、唐の仏僧をモデルにした神様で、七福神の中では唯一実在したとされる人物である。契此(かいし)と名乗っていたが、布袋をかついで各地を放浪し、喜捨されたものは何でも布袋に放り込んだことから、布袋と呼ばれるようになった。人の運命や天気を予知し、生前から弥勒菩薩(みろくぼさつ)の化身といわれて尊ばれた。

 日本に布袋の話が伝わると、その円満で愛嬌のある風貌と性格で、絵画や詩文のモチーフとして人気が出た。布袋は、ほてい腹の由来である大きく丸々とした腹と、満面の笑みをたたえた顔、堪忍袋ともいわれる大きな布袋がトレードマークで、粗末な服をまとった半裸姿が一般的である。

*布袋のご利益

千客万来 家運隆盛 夫婦和合など

*布袋にゆかりのある有名寺社

京都府 萬福寺(まんぷくじ)

禅の黄檗宗(おうばくしゅう)大本山。建築や料理などが中国様式として知られている。天王殿に弥勒如来として布袋像を安置。

●寿老人(じゅろうじん)

 寿老人は、南極星の化身で南極老人と呼ばれる道教の神様である。中国の宗時代にいた伝説の人物を偶像化した存在ともいわれている。頭が長く白い口髭をたくわえた老人で、巻物をつけた杖と桃を持ち、鹿を連れた姿が一般的である。酒を好み、不死の霊薬を含んだ瓢箪を持っていることもある。杖についた巻物には人間の寿命が記されており、桃や鹿は長寿を象徴することから、寿命を司る長生きの神様とされている。福禄寿や白鬚明神(しらひげみょうじん)と同一視されることもある。

*寿老人のご利益

延命長寿 諸病平癒など

*寿老人にゆかりのある有名寺社

兵庫県 宝生寺(ほうしょうじ)

淡路島七福神霊場の一つで、寿老人をまつっている。境内にある『長寿橋』を渡ると10年長生きできるという言い伝えで有名。

●福禄寿(ふくろくじゅ)

 福禄寿は、寿老人と同じく南極星の化身とされる道教の神様である。中国において南極星は、現れれば天下が治まり、現れなければ乱が起こるとされ、古代からまつられてきた。福禄寿は、その名前が示す通り、幸福・俸禄・長寿の三徳を備えた存在とされている。この三徳は道教で強く望まれるため、中国ではすべてを兼ね備えた神様として非常に人気がある。短身で頭が長く、白い口髭をたくわえた老人で、巻物をつけた杖を持ち、鶴を連れた姿で知られている。寿老人と同一視されることもある。

*福禄寿のご利益

招徳人望 財運招福 健康長寿など

*福禄寿にゆかりのある有名寺社

京都府 赤山禅院(せきざんぜんいん)

平安時代の仁和4年(888年)に創建された、天台宗総本山 延暦寺の塔頭(たっちゅう/禅宗寺院の小院)のひとつ。本尊の赤山大明神は泰山府君(たいざんふくん)の名を持つ福禄寿。

■ご利益と謎がイッパイ!? 七福神にまつわるアレコレ

●なぜ7なのか?

 中国の三国時代に活躍した知識人である「竹林の七賢」になぞらえたとする説や、仏教典に出てくる「七難即滅 七副即生」(7つの災難が取り除かれ、7つの幸福を授かる)という経を由来とする説などがある。

●7柱の立ち位置や順序、並べ方などは決まっているのか?

 決まっていない。巡礼するときや自分で並び順を決めるときなどは、授かりたいご利益の順番にするとよい。

●なぜ船に乗っているのか?

 七福神が船に乗っているのは、日本人は海の彼方から幸福がやって来ると信じているためだといわれている。七福神が乗っている帆船は宝船と呼ばれ、金銀や宝石といった宝物が満載されているという。

●なぜ初夢に見るとよいのか?

『永き世の 遠の眠りの みな目ざめ 波乗り船の 音のよきかな』という最初から読んでも最後から読んでも同じ音になる回文和歌が由来である。この歌が書き添えらた七福神の絵を枕の下に入れて眠ると、良い初夢を見られるといわれてきた。悪い夢を見てしまったときは、翌朝、絵を川に流して縁起直しすればよい。

■ブーム到来!? 1年中巡礼できる七福神巡りの定番ルート

 七福神をまつる寺社を詣でる七福神巡りは、室町時代に京都で発祥して現世利益を求める商人を中心とした庶民の間で広まり、日本全国に定着した。七福神巡りには決まったルールや作法などはなく、基本的には巡礼の時期や期間、順番なども自由でよい。

 しかし寺社によっては、通年ではなく初詣を兼ねた正月期間のみ七福神巡りに対応している所もあるため、事前の確認が必要だ。最近では、色紙に各寺社で御朱印をいただく寄せ書きスタイルや、本尊をかたどった小さな人形を集め、記念品とご利益を持ち帰るのが一般的になりつつある。

 福の神として人気がある七福神は全国津々浦々にまつられているため、七福神を巡るコースは数え切れないほど沢山ある。しかも、神社仏閣やパワースポットを訪れる聖地巡礼ブームと相まって、七福神巡りに注目する人が増えてきていることもあって、最近になって新しい霊場ももうけられ始めている。

 2018年の時点で、全国に少なくとも200カ所以上の寺社霊場があり、東京都だけでも30コース以上が確認されている。家の近所に七福神を巡るルートがないか、探してみるのも楽しいかもしれない。ここでは、通年対応している七福神巡りの定番ルートをご紹介しよう。

●東京都:浅草名所七福神

所要時間:徒歩で約4時間

浅草寺(大黒天)
浅草神社(恵比寿)
待乳山聖天(毘沙門天)
今戸神社(福禄寿)
不動院(布袋)
石浜神社(寿老人)
鷲神社(寿老人)
吉原神社(弁財天)
矢先神社(福禄寿)

●神奈川県:鎌倉・江ノ島七福神

所要時間:電車と徒歩で約5〜6時間

江島神社(弁財天)
御霊神社(福禄寿)
長谷寺(大黒天)
宝戒寺(毘沙門天)
本覚寺(恵比寿)
妙隆寺(寿老人)
浄智寺(布袋)

●京都府:都七福神

所要時間:車で約6〜7時間

ゑびす神社(恵比寿)
妙円寺(大黒天)
革堂行願寺(寿老人)
東寺(毘沙門天)
六波羅密寺(弁財天)
赤山禅院(福禄寿)
萬福寺(布袋)

●大阪府:大阪七福神

所要時間:電車と徒歩で約3時間

今宮戎神社(恵比寿)
大国主神社(大黒天)
大乗坊(毘沙門天)
法案寺(弁財天)
長久寺(福禄寿)
三光神社(寿老人)
四天王寺布袋堂(布袋)

■まとめ

 国際色も宗教色も豊かな「七福神」は、おめでたい福の神と一緒にされがちだが、それぞれが由緒正しい立派な神様で、異なるご利益を持っていることが分かった。それぞれが持つバックボーンや特徴を知った上で、七福神巡りをすれば、さらなるご利益がいただけるかも!?

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→ダウンタウンなう