「精進落とし」の流れやあいさつ、マナーを知ろう

 葬式や四十九日の後に行う食事会が、精進落とし。何となく出された料理をいただいて、手土産をもらって帰るだけだと思ったら大間違い! そこにはちゃんと意味やマナーが存在する。いつか精進落としに人を招く側になる前に、そのイロハを知っておこう。

■精進落としの意味と由来

 よく「精進(しょうじん)する」と言うが、精進という言葉の語源は仏教用語にある。日本では、俗世との関わりや欲望を絶って身を清めることを指す。その期間を終えて肉や酒の摂取を再開したり、精進が必要な仏教の法要や寺社巡礼、神事などを終えて、通常の生活に戻ることなどを指した言葉が、本来の「精進落とし」だ。長野県には“精進落としの湯”で知られる温泉地が残っており、参拝者らが善光寺の後に立ち寄っていたという。「お斎(おとき、おとぎ)」「精進明け」「精進上げ」「精進落ち」とも言う。

 かつて、親族が亡くなったときは肉や魚を絶ち、精進料理をとって四十九日の忌明けを区切りに、精進落しをして通常の食事に戻していた。

●精進料理ってどんなもの?

 魚介類や肉類を用いず、穀物、野菜などを主とする料理を「精進料理」という。仏教の教えでは、「不殺生戒」という教えに基づき、生物の殺生をよしとしない。五葷(ごくん)と呼ばれるネギ属の野菜(ネギ、ラッキョウ、ニンニク、タマネギ、ニラ)なども避けられるが、その扱いは時代や地域によって異なる。

■現代日本における精進落とし

 今の時代の精進落としとは、葬儀後の初七日法要や、故人が亡くなって49日目に行う四十九日の忌明けの法要の後に、お坊さんや参列者をねぎらうための食事会のこと。また、よく「親族一同がそろうのは冠婚葬祭のときばかり」と言われるように、遺族たちと故人との思い出を語り合ったり、互いに近況報告をしたりする場ともいえるだろう。ちなみに、納骨のときは特に行われない。

●精進落としはいつ、どこで行う?

 精進落としの席をもうけるのは、初七日の法事、四十九日や一周忌などの法事の後。最近は、葬儀の当日に初七日の法要を一緒に済ませることがほとんど。葬儀、火葬、初七日、精進落としの流れで行われる。宗派によっては、火葬している間に行われるケースもある。葬儀社としっかりスケジュールを確認して当日を迎えたい。

 近年の火葬場やセレモニーホールの一部には会食用の部屋が確保されており、そこに仕出し料理を頼んで精進落しすることが多い。お寺での法要の場合は、近くの飲食店を予約しておき、移動して行うこともある。

●通夜ぶるまいとはどう違う?

 お通夜の後にもうける宴席を、通夜ぶるまいという。精進落としと趣旨は同じだが、精進落としは参加者めいめいに一人前ずつお膳を用意するのに対し、通夜ぶるまいでは大皿料理を取り分けて食べる。

■精進落としのイロハと、開始~終了の流れ

 精進落としの席の時間は、2時間程度が一般的。葬儀の喪主や、親族の代表者が取りしきる。その流れを説明しよう。

(1)参加者を席へと案内、誘導する。

(2)喪主(代表者)のあいさつと献杯の音頭。

(3)位牌にお酒を供える。

(4)時間がきたら喪主(代表者)が最後のあいさつをする。

(5)参加者を出口へ誘導しつつ、返礼の品を手渡し、見送ってお開き。

●会場のレイアウトと席次

 四十九日の忌明け法要の会場の一番奥には遺影と位牌を、葬儀の場合は遺骨(お骨)を設置する。宗派にもよるが、位牌の前には「陰膳」(かげぜん)という、故人を供養するための御膳を供える。利用する会場や料理店に相談すれば、用意してもらえるはずだ。浄土真宗の場合、陰膳は必要ない。

 位牌に近い上席には僧侶に座ってもらう。次に、世話役にあたる人物。以下、親族の席となる。代表者は一番会場の出入り口に近い末席に座る。

■精進落としに招く側のマナーQ&A

Q:精進落としは必ずしなくてはいけない?

 葬儀当日に初七日と精進落としをしない代わりに、葬儀の香典を辞退する場合もある。

Q:精進落としには参加しない人がいる場合、どうすればいい?

 精進落としには参加できない会葬者がいる場合、本人に聞いた上で、持ち帰り用の料理を用意する。また、僧侶が参加できない場合は、読経に対するお布施と別に食事代を渡すのが慣例。白い封筒の表書きに「御膳料」と記入し、5000~1万円のお金を包む。

Q:誰を、どこまで呼ぶべき?

 葬儀や四十九日などに会葬する人は、基本的に全員を招待する。つまり、精進落としの前に行う法要の規模によって、人数も違ってくる。近親者のみの家族葬なら、身内だけのささやかな席に。故人の友人や会社関係の知人も参列するなら、それなりの規模になる。

Q:精進落としの料理の値段はいくら位が目安?

 1人前3000円程度が一般的。会場や仕出しの業者は葬儀社が紹介してくれるだろう。何種類かのコースから選択できるはずだ。

Q:メニューの内容に決まりはあるの?

 肉や魚を用いても問題ないが、伊勢海老や鯛といった、お祝いの席で出されるような食材は避ける。多くが和食で、寿司や懐石料理、お弁当などがポピュラー。参加者の出欠を確認する際、食べられないものがないかを聞いて、料理を依頼する先にアレンジしてもらうと親切だ。飲み物はお酒もOK。

Q:喪主(代表者)がするあいさつの内容は?

 最初に故人との続柄など、自己紹介を。次に「本日は会葬いただき、誠にありがとうございます」とお礼を述べる。故人との思い出や法要の感想を挟み、「ささやかではありますが、ゆっくりとお召し上がりください」と締めた上で、「献杯」へと続ける。あいさつは1分間程度でまとめたい。

Q:喪主(代表者)が精進落としの間にすべきことは?

 参加者の誘導とあいさつの他、食事中には上席から順に席を回り、お酌をしながら参加者に声をかけよう。「今日はありがとうございました」とお礼がてら、故人との思い出や、近況報告など。人数が多い場合は、喪主の妻や子など、親族も手伝うことが多い。

Q:帰り際に参加者へ渡す手土産みたいな物は何?

葬儀や法事で参加者が包んでくれた香典に対する返礼の品。「香典返し」といって、3000円程度が相場とされている。参加者が帰る際に手渡すので、精進落としを行う場合は事前に会場に準備しておくといい。

Q:精進落としでやってはいけないことは?

 精進落としの席では「乾杯」とは言わない。乾杯は主に宴会などにおいて盃を合わせる際に使う言葉。通夜や葬儀、法事の際は、故人への敬意を表する「献杯(けんぱい)」を使おう。

■精進落としに出席する側のマナーQ&A

Q:精進落としにも香典が必要?

 葬儀や四十九日などに参加する際、香典を渡せばいい。それらの後に精進落としがある場合は、それにかかる費用も加味した額を包むこと。当然、料理は無料ではない。精進落としのために別途出す必要はなく、精進落としだけに招かれることはまずない。香典袋の表書きは、葬儀の場合「ご霊前」、四十九日の場合が「ご仏前」とする。

Q:どんな服装で参列する? 持ち物は?

 葬儀や四十九日にはフォーマルな喪服で参加を。精進落としにも同様の格好で出席することになる。必須の持ち物はない。

Q:献杯のときはどうする?

 代表者があいさつを終え、「献杯」と発声したら、参加者も続けて「献杯」と唱和すること。この時にグラスを高くかかげたり、他の人とグラスを合わせる必要はない。

Q:精進落としでやってはいけないマナー違反は?

 精進落としはしめやかに行うもの。代表者のあいさつの際などに、拍手はしないように。ついつい飲みすぎ、閉会の頃にはベロベロに酔っていた、なんて失態を繰り広げないよう気をつけよう。

■まとめ

 精進落としの細かい内容マナーは、地域や宗派によって異なる。「あいさつは隣組の人が行う」、「七回忌の後に親族で旅行をする」など、ルールは多種多様。葬儀社のスタッフも相談に乗ってくれるが、菩提寺がある場合はそこの住職に聞いてみたり、親族へ確認するのが確実だ。

本日の新着記事を読む

あなたにオススメ!本日放送の番組はコチラ!