なぜ正月にお屠蘇を飲むの? その歴史と作り方を学ぶ

 元日の朝に飲む祝い酒といえば「お屠蘇」(おとそ)。毎年何気なく飲んでいる方もいるかもしれないが、お屠蘇にはどんな意味やしきたりがあるのだろうか。また、お屠蘇を自家製で作る方法とは?

 今回は、日本で長らく親しまれているお屠蘇について解説する。

■「お屠蘇」とは?

「お屠蘇」とは、元旦に飲む祝い酒である。元旦に家族が順番にお屠蘇を飲むことによって一年間の邪気を祓い無病長寿を祈るという風習は、お正月の定番セレモニーのひとつとして、日本で長きに渡って親しまれている。元々は中国で始まった習慣であるといわれており、日本に伝わったのは平安時代。そこからさらに一般庶民に浸透したのは江戸時代に入ってからのことである。

「屠蘇」という漢字は難しくて読みにくいのだが、この漢字が使用されているのにも意味があるとされており、いくつかの説が存在している。

「屠」という漢字は、屠る(ほふる)=(1)からだを切りさく。また、きり殺す。(2)敵を破る。打ち負かす、という意味を持っているほか、「邪気を払う」という意味で使われることもある。

 そして、「蘇」という漢字は、「病をもたらす鬼」または「魂を目覚めさせ蘇(よみがえ)らせる」という意味を持っている。

 そのため、「屠蘇」という漢字は、(1)「蘇」という悪鬼を屠る(2)「蘇」という悪鬼を屠るだけでなく、魂を蘇生させる、などいくつかの解釈がなされている。

 いずれにせよ「お屠蘇」は、元日の朝、前年の邪気をはらい気持ちを新たにして、無病長寿を祈るという、前向きな意味で飲まれるお酒である。

■屠蘇散の中身と効能

 お屠蘇は、漢方薬に使用される生薬が5~10種類ほど配合された「屠蘇散」(とそさん)、酒、みりんによって作られている。屠蘇散の代表的な生薬、およびその効能としては、以下のものが挙げられる。

●白朮(ビャクジュツ)

・キク科オケラ、もしくはオオバオケラの根

【効能】利尿、健胃、鎮静

●山椒(サンショウ)

・サンショウの実

【効能】健胃、抗菌

●赤小豆(セキショウズ、アカアズキ)

・アズキ

【効能】解熱

●桔梗(キキョウ)

・キキョウの根

【効能】鎮咳去痰(ちんがいきょたん)、鎮静

●陳皮(チンピ)

・ミカンの皮

【効能】風邪の症状緩和、吐き気防止

●肉桂皮(ニッケイヒ)

・ニッケイの樹脂、シナモン

【効能】健胃、発汗・解熱、鎮静・鎮痙(ちんけい)

●防風(ボウフウ)

・セリ科ボウフウの根

【効能】発汗・解熱、抗炎症

 ただし、お屠蘇として飲まれる量はせいぜい盃に三杯程度とされており、食用の範囲内にとどまる。そのため、お屠蘇を飲むことによって屠蘇散に含まれている生薬の効能はほとんど期待できず、医療効果はないとされている。

■お屠蘇の作り方

 元日の朝が来たら毎年必ずお屠蘇を飲んでいる、という人であっても、お屠蘇がどのような材料でどのように作られ、どのような効能を持っているかを知らない人は少なくない。意外に思われるかもしれないが、実は、お屠蘇は、家庭で作ることができ、材料も入手しやすく、作り方自体も比較的簡単なのである。ここでは、お屠蘇の作り方について解説していきたい。

●用意するもの

・屠蘇散
・日本酒
・本みりん……料理用みりんは塩分が含まれているため、お屠蘇を作る際は「本みりん」を使うものとされている。

 これらはすべて、スーパー、ドラックストア、ディスカウントショップなどで購入できる。12月下旬にスーパーなどで販売されている日本酒や本みりんに屠蘇散が付属していることもある。

 屠蘇散のパッケージなどに、お屠蘇のレシピが記載されているケースもある。そういったケースでは、記載のレシピの通りに作ることをおすすめする。上質な日本酒や本みりんを使用することによって、味わい深いお屠蘇ができあがる。

●作り方

 日本酒と本みりん合計300mlに対して、屠蘇散を浸し、5~8時間ほど漬け込む。日本酒と本みりんの配合比率は、各々の好みで調整してよい。本みりんを多めに調合することによって甘口でまろやかな味わいに、日本酒を多めに調合することによって辛口に仕上がる。

 もし、日本酒と本みりんを300mlより多く使う場合は、屠蘇散を漬け込む時間も長めにするとよいが、あまりに長時間漬け込んでしまうと、お屠蘇が濁ったり、沈殿物が現れたりといったことも起こるので注意したい。

 かつては、大晦日の夜、屠蘇散を入れた三角形の赤い絹の袋を井戸の内側に吊るし、元日の早朝に取り出し、酒とみりんに漬け込んでいた。しかし、現代では井戸がある家庭が極めて少ないので、現実的な方法ではない。現代では、元旦に飲むお屠蘇は、大晦日の夜に作っておくほうがいい。

 大晦日の夜といえば、年越しそばやおせち料理づくり、お雑煮の下ごしらえ、大掃除の仕上げやお年玉の用意、紅白歌合戦の観賞など、お屠蘇づくり以外にもいろいろとやりたいことがあって、とても忙しい。

 ゆえに、浸しておくだけのお屠蘇はうっかり放置したまま……なんてことにもなりかねない。しかし、8時間以上放置してしまうと、お屠蘇が濁ってしまうので、くれぐれも気をつけたいところ。時計のタイマー機能やスマートフォンのアラームを使用するなどして、お屠蘇を放ったらかしにしないようにしよう。

■お屠蘇の作法

 古くから日本で続いてきた風習であるお屠蘇には、作法も存在する。とはいえ、現代では「略式」が一般的である。

 お屠蘇を注ぐ器は、かつて「屠蘇器」(とそき)が使われていた。屠蘇器とは、銚子(ちょうし)と盃(さかずき)と盃台(さかずきだい)、これらを載せる盆からなっている道具のことであり、漆器製やガラス製のものがある。

 現代でこの屠蘇器を用意している家庭は少なく、必ず屠蘇器でなければならないという必然性も薄れているので、屠蘇器がなければほかの酒器を使っても差し支えない。

●やりかた

(1)まず、若水(元日早朝に汲まれた水)を使い、身を清める。
(2)神棚、仏壇を拝む。
(3)新年のあいさつを交わす。
(4)お屠蘇を飲むときは、家族全員「東の方角」を向き、飲む人の右手側から盃に注ぐ。
(5)「一人これ飲めば一家苦しみなく、一家これ飲めば一里病なし」と唱える。
(6)年少者から年長者へと盃を順番に回していく。なぜ年少者からなのかというと、“若者の活発な生気を年配者に渡す”という意味があること、そして“毒見”の名残りであるともいわれている。ただし、家族に厄年の者が存在する年は、厄年の者が先に飲むものとされている。

 ちなみに、正月三が日に自宅を訪れた来客に対しても、新年のあいさつを交わしお屠蘇を薦めるのが礼儀となっている。

 とはいえ、忘れてはならないのは、お屠蘇は立派な「アルコール」であるということ。未成年者、妊娠中の人、お酒に弱い人、お酒が嫌いな人、運転をしなければいけない人は、自分の番が来たら「飲むふり」にとどめておく。もちろん、古くから伝わる習慣であろうとも、他者に強制的に飲ませるなどといったことは決して許されない。

■まとめ

 かつてはお正月の三が日といえば、あまり遠出せず、家族や親戚と過ごすのが主流であった。しかし現代は、海外旅行を楽しんだり、デパートの初売りに出かけたりなど、昔ながらのお正月とは違った過ごし方をする人も多く、一緒に過ごす相手も家族や親戚とは限らず、元日の朝に「お屠蘇」を飲まないという人もいるだろう。そういった現代事情もあってか、地味な印象を持たれがちな「お屠蘇」だが、実は案外手軽に作れるお酒。たまには日本古来の習慣に従って、飲んでみてもいいだろう。

本日の新着記事を読む

編集部オススメ!本日放送の注目番組はコレだ!!:あなたには帰る家がある