「松竹梅」は順番じゃない!? 本当の意味や由来と心理的行動に迫る

 年賀状などに描かれるおめでたい植物として知られる松竹梅は、うなぎや和食膳のランクを表す表現としても使われる機会が多い。今回は松竹梅の3つが、慶事の象徴や商品の順番になった理由はもちろん、行動経済学で明らかになった人間心理「松竹梅の法則」についてもひも解いていく。

■日本発祥じゃない!?「松竹梅」の由来と歴史

●松竹梅とは

 松竹梅(しょうちくばい)とは、読んで字のごとく、松と竹と梅の3つの植物を1セットにした言葉である。この3種類の植物は、どれも厳しい寒さに耐えることから、中国では古くから”歳寒三友”と呼ばれ、絵のモチーフにされることが多かった。やがて日本に伝わると、慶事に用いられる、めでたい縁起物となった。江戸時代には、うなぎ屋で長時間待たされることを表す洒落言葉「待つ(松)だけ(竹)うめ(梅)え」としても流行った。

●等級を表す松竹梅

 松竹梅は、日本では品物や座席などのグレードを三階級に分けたときの呼称としても知られている。本来的には等級を分けるものではないが、注文などをする際に「並」というより「梅」と植物の名前に置き換えたほうが露骨でないため、寿司店や和食料理店などを中心に、ランクを表す便利な言葉として使われるようになったのである。

 本来、松竹梅は平等であり、特に優劣や順番が決まっているわけではないが、いつの間にか特上を松、上を竹、並を梅と呼ぶのが慣例になった。この順番の由来としては、めでたいことの象徴として日本に浸透した時代順だという説や、単に松竹梅とセットで呼ぶときの語順だという説などがある。

■「松竹梅」の3植物が選ばれた理由、それぞれに込められた深い意味

 そもそも、なぜ松竹梅が慶事の象徴に選ばれたのだろうか? それぞれに異なる選出の理由や経緯と一緒に、植物としての特徴についても簡単に解説しておこう。

●松

 1年中枯れない常緑樹である松は、何十年、何百年と変わらない姿を保つことから、日本では古くから不老不死や長寿を象徴してきたほか、1株に雄雌の両方を有するため神が宿る神聖な木だと信じられてきた。平安時代に縁起物の仲間入りをした松は、鶴(つる)との組み合わせが特に慶ばれる。また、葉には殺菌効果があるため、実用的な飾りとして祝い膳などに重宝されている。

●竹

 松と同じく常緑樹である竹は、他に類がないほど多くの用途を持っているため、日々の生活に欠かすことができない大切な植物である。四方八方に張りめぐらせた根をどんどん広げてゆく姿は、子孫繁栄の象徴とされてきた。室町時代から縁起物に数えられるようになり、雀(すずめ)との取り合わせが良いとされている。タケノコが食用、葉が薬草、節の中にたまる水が飲料になるだけでなく、食器や家具、楽器、玩具などの材料としても活躍する。

●梅

 どんなに樹齢を重ねても、春の兆しが見える頃になると、他の花々に先駆けて咲き誇るのが梅。人々を圧倒する力強い生命力と芳醇な香りは、昔から気高さや長寿のシンボルとされてきた。縁起物に加わったのは江戸時代で、鶯(うぐいす)との相性が良いとされている。熟した実は梅酒や梅干し、薬などになる一方で、未熟な実は食中毒の原因になることから、毒にも薬にもなる不思議な木として知られている。

■こんな所にも!?「松竹梅」にちなんだアレコレ

 中国で発祥した“歳寒三友”の松竹梅は画題として知られているが、日本に伝わり慶事のシンボルになった松竹梅は、絵画だけでなくさまざまなジャンルで、めでたいモチーフとして採用されてきた。

●音楽

 三味線や箏のために作られた有名な地歌箏曲(ぢうたそうきょく)に『松竹梅』がある。江戸時代に三橋勾当(みつはしこうとう)によって作曲された『松竹梅』は、華やかで賑やかな曲調と、松に鶴、竹に月、梅に鶯を配した歌詞で、祝いの席で好まれる祝儀曲の代表として親しまれている。

●落語

 上方落語の古典的な演目に作者不詳の『松竹梅』がある。名前がめでたいという理由で、結婚式に招待された松五郎、梅吉、竹蔵の3人組が繰り広げる小ばなしで、祝いの席で避けるべき忌み言葉に関するオチがついている。

■「松竹梅」といえば、日本酒!?

 松竹梅と言うと、日本酒のことを思い浮かべる人も多いだろう。宝酒造が製造・販売する清酒ブランド『松竹梅』は、石原裕次郎や渡哲也、吉永小百合のテレビCMでもおなじみだ。

 松竹梅ブランドには、純金箔入り超特撰の特別純米酒から特撰の本醸造酒、純米のにごり酒など豊富なラインナップがそろっており、2011年に新発売したスパークリング清酒「松竹梅白壁蔵 澪(みお)」が新感覚だとしてスマッシュヒットしたのも記憶に新しい。また飲食店向けの辛口「豪快」シリーズ、贅沢な造りの「大吟醸」シリーズも人気がある。

■実は踊らされてた!? 人間心理を刺激する「松竹梅」の法則

 最後に、興味深い人間心理である「松竹梅の法則」について触れておこう。

 心理学と経済学を組み合わせた分野に行動経済学という学問がある。机上の空論になりがちだった従来の経済学とは違い、行動経済学では衝動買いやギャンブルなどを含む人間の非合理的でリアルな行動の理由を明らかにする。独自の研究や分析からは、実際の現場で役立つ画期的なアイデアが生み出されることも多く、そうした実績から専門家が相次いでノーベル賞を受賞している注目の分野である。

●松竹梅の法則

 松竹梅の法則とは、三段階の価格帯に分かれた3つの選択肢があるとき、50%以上の人が真ん中を選ぶという人間心理のことを指す。行動経済学では「極端回避性」と呼ばれている。

 この法則は、高いほうがクオリティが高くて価値があるという無意識の刷り込みを前提としている。一番高い“松”には「贅沢すぎる、失敗したらときのリスクが怖い」などといった敬遠の心理が働き、一番安い“梅”には「周りの人に貧乏臭い、ケチだと思われそうだ」といった見栄の心理が働く。その結果として、消去法で真ん中の“竹”が選ばれるのである。

 松竹梅の法則を上手に利用する形で、あえて価格帯が異なる3つの商品を並べて提示し、一番売りたい真ん中の商品を買わせる手法をとる店も少なくない。後から冷静に思い返してみたら、実はまんまと踊らされていた、なんてことは珍しくないだろう。

 ちなみに選択肢が2つしかないときは、約70%の人が安いほうを選ぶ傾向がある。逆に4つ以上の選択肢があり、買っても買わなくてもどちらでもよいという状況の場合は、買わない可能性が最も高くなる。これは1つを選び出すのが面倒になってしまうせいで、行動経済学では「決定回避の法則」と呼ばれている。

■まとめ

 松竹梅の3植物が、めでたい席で喜ばれるようになった理由や、商品のランクを示すようになった経緯をお分かりいただけただろうか? 最近ではミニサイズの松竹梅を寄せ植えした盆栽なども登場している。慶事のシンボルだけに、手元に置いて心を込めて丹精すれば、運を呼び込むことができるかも!?

本日の新着記事を読む

編集部オススメ!本日放送の注目番組はコレだ!!:世界の果てまでイッテQ!