完熟フレッシュ・レイラ、舞台裏で父からの「厳しいダメ出し」告白
※画像は日本テレビ系『しゃべくり007』番組公式サイトより

 3月12日に放送された『しゃべくり007』(日本テレビ系)に、親子漫才で話題を集めている“完熟フレッシュ”が出演した。

 完熟フレッシュは、ボケを務める父親の池田57CRAZY(42)と、ツッコミを務める中学1年生の池田レイラ(13)による、親子漫才コンビ。今年の元日に放送された『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の人気企画“おもしろ荘”への出演がきっかけで知名度が上がり、番組放送後はオファーが60件以上殺到したという。

 57CRAZYは現在、会社員としてスポーツジムのトレーナーをしているが、もともとは芸人であった。レイラから「どういうのだったか言いなよ」と、当時の芸風の紹介を促されると、57CRAZYは「めちゃくちゃ革命的な、ロックをモチーフにした最高のお笑いコンビでしたね」とレギュラー陣に説明。しかしこれをレイラは「これは盛ってますね。まったく面白くない」と全否定。「宴会芸ですよ、あんなもん」とダメ出しし、MCの上田晋也(47)らに「厳しいな~!」とツッコミを受けていた。

 続けて披露された漫才ネタでも、「ウケないくせにダラダラダラダラ続けるから、ママが愛想つかして出てっちゃった」「売れない芸人はもはや犯罪者です!」「生まれてくる家間違えた~!」とレイラの毒舌は爆発した。

 父に対してきつい言葉を放つ娘のレイラだが、ネタの前には厳しい稽古を行うそうで、「舞台裏ではけっこう言われたりしますね……」と父からのダメ出しを暴露。有田哲平(47)から「何を言うんですか!?」と詰められ、57CRAZYがしどろもどろになっていると、レイラはすかさず「(父が)言える立場じゃないんですけど」とフォローしてみせた。

 ネタは、大筋を57CRAZYが作り、それにレイラがダメ出しをする形で作り上げているという。だが、さらに本番でレイラがアドリブを利かせることがあるそうで、57CRAZYは「こっちが困る姿を見て喜んで、そこをネタに取り入れようとする」と説明。レイラは「(父から)裏ばっかり強気で言われるんで、それがすごいいやなんで、表で、みんなが見てる前で言う」と、父への毒舌の真相を語り、レギュラー陣から拍手を受けていた。

「“おもしろ荘”といえば、若手芸人の登竜門的番組です。昨年登場したブルゾンちえみ(27)だけでなく、小島よしお(37)、日本エレキテル連合、おかずクラブといった芸人がこの番組で注目され、一躍売れっ子になりました。完熟フレッシュも、どこまでブレイクするのか楽しみですよね」(お笑いライター) ――裏での父のダメ出しも気になるところ!

※画像は日本テレビ系『しゃべくり007』番組公式サイトより

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→10万円でできるかな