西島秀俊の“衝撃的な健康年齢”に驚嘆!「24歳差はすごすぎる」

 3月14日に開催されたアフラックの新商品発表会に、俳優の西島秀俊(46)が出席。とんでもない「健康年齢」であることが発覚し、ファンを驚かせたようだ。

 この日は、アフラックの「生きるためのがん保険Days1」の発表会ということで、出席した芸能人たちがスポーツ測定を行い、健康年齢をチェックすることに。

 西島は「立位体前屈」の測定に挑戦。46歳の平均が8センチのところ、西島はそれを大きく上回る15センチを記録。健康年齢は22歳と測定された。

 この西島の驚きの結果に、司会を務めていた徳光和夫(77)はビックリ。「本当に15センチ行きました?」「改ざんとか書き換えはないでしょうね?」と思わずツッコんでいた。

 そんな西島の健康年齢に、ファンも驚嘆。ネットには「西島さんの身体能力が高すぎる」「どんな生活したら実年齢の半分以下になるんだ」「芸能人だから若いだろうとは思ってたけど、24歳差はすごすぎる」など、西島の驚異の身体能力を称賛するコメントが相次いでいた。

「過去にも西島秀俊の鍛え抜かれた肉体が話題になったことがあります。2013年放送の大河ドラマ『八重の桜』(NHK)で、西島は主人公の八重(綾瀬はるか/32)の兄、山本覚馬役を演じましたが、ドラマ内で、西島が着物を脱いで上半身を披露するシーンがあったんですね。大きく発達した胸筋や腹筋を見せつけ、その見事な肉体美は視聴者の目をクギヅケにしていました」(テレビ誌ライター)――素晴らしい肉体に拍手!

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→ダウンタウンなう