山田邦子の“喫煙批判”が物議 「気にしすぎ?」

 3月14日にタレントの山田邦子(57)が、ブログで日本の喫煙状況に言及。辛口な内容に「ちょっと過敏すぎない?」とネット上で話題になっている。

 山田は「お店を選ぶようになりました」というタイトルでブログを更新。「私は、受動喫煙防止の委員にもなっているので、がんばらなくっちゃ!」とつづり、芸能界の喫煙率の高さについて「飲食店内で吸ったり、会議室、打ち合わせ室で、当たり前のように吸ってます」「かっこ悪過ぎて、がっかりします」と苦言を呈し、「これ、中毒です!! 病気なんです」と断言した。

 また、2020年の東京五輪を前に、本気で受動喫煙防止強化策が必要とし、公共の場での喫煙は厳しく取り締まるべきとコメント。さらに、飲食店では原則禁煙が当たり前だと主張し、喫煙可能な店で働く従業員についても「タバコの煙に長時間さらされ続け、客の喫煙による連日の受動喫煙の影響はかなりなものだ」「バイトの子の人生や、本業への悪影響の責任を店主は、背負えるのかしら?」と語り、店に対して注意を喚起した。

 このブログを見たファンからは賛同する声もあったが、「さすがに気にしすぎなんじゃない?」「分煙で十分なんだけど…」「私タバコ吸わないけどここまで神経質にはならない」「喫煙OKの店に行かなきゃいいだけ」と疑問の声も多く上がっていた。

「山田は、17年6月から“NO MORE! 受動喫煙”というプロジェクトに参加。同プロジェクトの公式サイトで、“受動喫煙、つまり自分は吸わなくても、人のタバコの煙を吸うことで、がんになるリスクというのは増えてしまうんです”とコメントしています。また、山田は07年3月に乳がんであることが判明して手術を受けましたが、同プロジェクトでは受動喫煙による再発の恐怖を訴えています」(芸能誌記者)――ルールは守りましょう。

本日の新着記事を読む

編集部オススメ!本日放送の注目番組はコレだ!!:あなたには帰る家がある