「本当に危険な腹痛」その重大サインとは?

 お腹を下しただけと悔ることなかれ。その激痛が重い病気の兆候ということもある。用心に越したことはないぞ!

■名優・大杉漣の命を奪った痛みの原因とは!?

 映画からテレビドラマまで幅広く出演し、名脇役として活躍していた大杉漣さん(享年66)が急死したニュースは、世間に大きな衝撃を与えた。「テレビドラマのロケを終え、2月20日午後9時頃に共演者らと食事へ行き、ホテルの部屋に戻ったところで腹痛を訴えたそうです。共演者の松重豊さんがタクシーで病院に運んだそうなんですが、翌21日、午前4時前に急性心不全で帰らぬ人となってしまいました」(芸能記者)

 これといった持病はなかったといわれる大杉さんの突然の死。死因である「急性心不全」とは、いったいどういう病気なのか。内科医として約30年、数多くの臨床経験のある医学博士で、「京都産業医事務所」の橋本惠所長は言う。「大杉さんは、私も実に味のある役者さんだと思って、ずっとファンでした。ご冥福をお祈り申し上げます。急性心不全というのは、急に心臓が機能しなくなった状態を指す言葉であって、かなり大雑把な“病名”ということになります。出ている情報だけからの判断になりますが、大杉さんの死因は、心筋梗塞などの虚血性心疾患かアナフィラキシーショックだったのではないかと推測されます。アナフィラキシーショックとは、ご存じない方も多いかもしれませんが、強烈なアレルギー反応で、腹痛で始まることが多く、急速に進行して死に至ることも多い疾患です」

 また、『死に至る病気の兆候を見つける本』(サンドケー出版局)の著書もある医療ジャーナリストの牧潤二氏も、ほぼ同意見で、こう付け加える。「心臓は胃の上部に位置しているので、特に食事後は、膨らんだ胃が心臓を圧迫し、発作が起きやすいのです。腹痛が心筋梗塞の予兆だという事例も多くあります」

 しかし、なぜ心臓の疾患で、胸の痛みではなく、腹痛が起きるのか。前出の橋本氏が説明する。「“放散痛”といって、患部から離れた場所が痛むことがあるのです。たとえて言うならば、“神経の混線”みたいなもの。昔よくあった電話の混線と同じです」

 単なる腹痛と侮ってはいけない。このように、重大病の予兆でもある「危険な腹痛」もあるのだ。「心筋梗塞以外にも、腹痛が死に至る重大病のシグナルであるケースは数多くあります。お腹は、まさに臓器が集中している場所ですからね」(前出の牧氏)

■心筋梗塞、狭心症、解離性大動脈瘤に要注意

 では、危険な腹痛には、どのようなものがあるのか。また、危険な腹痛と、そうでない腹痛を見分けるには、どうすればよいのか。それぞれ紹介していきたい。「大まかに言えば、痛みの程度と症状ですね。これまで経験したことがないようなひどい痛みだったりしたら、すぐに受診されたほうがいいでしょう」(橋本氏)

 激痛と聞いても、なかなかピンと来ないので補足すると、医学生向けのテキストでは、その特徴を「心臓をわしづかみにされたような痛み」「胸をゾウに踏みつけられたような痛み」などと表現しているそうだ。痛みの現れる場所も、病気によって異なる。前述の心筋梗塞の場合は、「腹部の中でも、特に上腹部(みぞおち)に痛みが出ますね。それ以外にも、肩や背中、両腕、右胸などに放散痛が起きることがあります。また、同じ虚血性心疾患の狭心症にも、似たような症状が出ることがあります」(前同)

 心筋梗塞は、心臓の筋肉細胞に酸素や栄養を送る冠動脈が詰まったり穴が開いたりして血流が下がり、心筋が壊死する病気。これに対し、狭心症は冠動脈が一時的に詰まる病気だ。

 また、併せて出る症状でも見分けることができる。「心筋梗塞の場合は、吐き気や嘔吐を伴うこともあり、狭心症の場合は、締めつけ感、圧迫感を伴うことがあります」(牧氏)

 これらのような心疾患の場合は、腹痛を感じた時点で助かる可能性が低いと思われがちだ。しかし、狭心症も心筋梗塞も、早期に治療がなされれば、カテーテル治療なども進歩しており、救命できる可能性は高いという。

 次に紹介したいのが、解離性大動脈瘤。知名度は低いかもしれないが、心筋梗塞と同様、命に関わる重大病だ。心臓につながる重要な大動脈の壁は、簡単に破れないように、外膜、中膜、内膜の3層から成っているのだが、その一番内側の内膜の壁の一部が裂け、中膜に流れ込んだ血液が瘤になり、最悪の場合、破裂する病気である。「大動脈の壁がベリベリと剥がれていくのですから、その痛みは尋常ではありません」(橋本氏)

 この病気も、心筋梗塞、狭心症と同じく、腹部の中でも上腹部(みぞおち)に痛みが出やすい。また、胸や背中に出ることもあるという。また、その他の特徴としては、「顔面蒼白、発汗、ショック状態が伴うこともあります」(牧氏)

 放置して大動脈の裂け目が大きくなると、血流障害で、さまざまな臓器が虚血壊死を起こし、死に至ることもある。その反面、手術で治すことのできる病気でもあるので、早めの発見と治療が重要だ。

■急性膵炎、腸閉塞、虫垂炎も危険

 心筋梗塞、狭心症、解離性大動脈瘤と、ここまで循環器系の病気が引き起こす危険な腹痛を見てきたが、消化器系の病気にも、激痛を伴う危険な腹痛は存在する。その代表的なものとしては、急性膵炎、腸閉塞、虫垂炎の3つが挙げられる。まずは急性膵炎。膵臓は、インスリンなどの血糖値をコントロールするホルモンや、食べ物の消化に必要な酵素を分泌する臓器である。正常時は、その消化酵素で膵臓自体を消化しないように働いているのだが、なんらかの原因で、うまく機能しなくなると、活性化した消化酵素によって、膵臓は自分で自分を消化し始めてしまう。そのため、膵臓にむくみ、出血、壊死などの急性炎症が起こるのが急性膵炎だ。「アルコールの多飲が原因であることが多いので、お酒をよく飲まれる方は、特に要注意です」(牧氏)

 炎症を起こした膵臓からは、心臓をはじめとした他臓器に悪影響を及ぼす物質が分泌されるため、多臓器不全を併発して死に至ることもある恐ろしい病気だ。「腹痛は心筋梗塞、狭心症、解離性大動脈瘤ほどの激痛ではないものの、激しい痛みを伴います。この重大病も上腹部(みぞおち)が痛みますが、膵臓の位置である左上腹部に痛みが出るのが特徴で、左背、左肩、左手まで痛みが広がることがあります。また嘔吐や、ショック症状が見られることもあります」(前同) この急性膵炎は、重症化する前なら、適切な処置によって膵臓を安静にすることで治る病気でもあるため、早めの診断が命を救うのだという。

 腸閉塞は、その病名通り、腸が詰まる病気である。通常、腸が詰まることはないのだが、異物の詰まりや、手術後の腸管の癒着などが原因で起こる。大腸がんが腸管を狭めて引き起こすこともあるという。また、普段から便秘ぎみの高齢者の場合、便自体が原因となることもある。「この病気の場合は腹部全体が痛みます。急性膵炎と同じく、かなりの強い痛みを伴います。それに加えて、嘔吐も引き起こしますし、それに腸が詰まるんですから当然、排便、排ガスが停止します。また、腹部が膨れ、腸がゴロゴロ言うのが主な症状です」(同)

 最後は虫垂炎(盲腸)。虫垂内部で細菌が増殖し、炎症を起こして発生する病気で、炎症が進行すると虫垂は壊死を起こして穴が開き、膿液などがお腹の中に流れ出し、腹膜炎を起こした場合には、死に至ることもある。「初期段階では上腹部(みぞおち)、それに、へその回りが痛みます。それと同時に、吐き気、嘔吐、発熱を伴うこともあります。進行するにつれて、痛みが右下腹部に移動するのが特徴です。また、放置すると、痛みがどんどん増していきます」(同) 痛みに耐えても、この病気で痛みが引くことはないというから、我慢せずに、すぐ受診することを勧める。

 これまで見てきたように、腹痛が命に関わる病気であるケースは少なくないのだが、橋本氏によれば、腹痛は専門家の医者でも、その重大な病気の予兆を見過ごすことがあるくらい、診断は難しいのだという。「たとえば、近くの病院に見てもらい“胃薬出しておきますね”と言われ、その夜、心筋梗塞で救急搬送などというケースも決して珍しくないのです。ですから、腹痛を重大病の一つの予兆と捉えることが大事です。痛みが激しい場合は即、病院にかかられることをお勧めします。たかが腹痛などといって、決して侮らないでください」(橋本氏)

 痛みが我慢できないほど激しい場合は、無理をせずに救急車を呼ぶことも大切である。命を守るために、慎重な判断をしておいて損はないだろう。

本日の新着記事を読む

編集部オススメ!本日放送の注目番組はコレだ!!:世界の果てまでイッテQ!