シシド・カフカ「閑静な住宅街が苦手」遠野なぎことの意外な共通点が発覚

 3月15日に放送された『アウト×デラックス』に、ドラマーで女優のシシド・カフカ(32)が出演。過度な心配性であることを明かし、女優の遠野なぎこ(38)と一緒に盛り上がる場面があった。

 この日、異常なまでの心配性だと紹介されたシシド。まずは落としたり、知らない間に誰かに使われるのではないかと心配するあまり、クレジットカードを持つことができず、完全現金主義だと明かし、マツコ・デラックス(45)らを驚かせた。また、所属事務所に呼び出されたときも、なにか悪いことを言われても平静を保てるよう、事前に「誰かが死んだ」「プロデューサーが担当を外れる」「レコード会社との契約を切られる」というワーストスリーの状況を想定して打ち合わせに臨むのだという。

 さらに、心配しすぎて閑静な住宅街が苦手だと話すと、マツコが笑いながら「何が心配なの?」と聞き、シシドは真剣な顔で「あそこ(住宅街)で“キャー”って叫んでも、誰も助けてくれないじゃないですか」と、その理由を説明。これに遠野が「私一歩外出たら、刺されると思ってるもん」とシシドの意見に同意すると、シシドは「分かります!」とうなずいた。

 シシドは続けて「工事現場の近くを通ったらパイプが落ちてくるんじゃないかとか、駅のホームの最前に立ったら押されるんじゃないかとか」と、ふだんも心配ばかりしているとコメント。これに遠野も、家に帰って鍵を開けるまで、誰かが物陰に潜んでるんじゃないかと思って安心できずダッシュで部屋に入ると明かすと、再びシシドは「分かります」と同意した。

 しかし、マツコが遠野に、潜んでいるのは誰を想定してるんだと冷静な質問をすると、スタジオは爆笑。遠野は「誰だか分からないから怖いんです!」と切り返すも、さらに爆笑を誘っていた。

「マツコにあきれられていましたが、遠野と気が合うとは、シシドの心配性もかなりなものですね。シシドは熱愛の噂がほとんど出ないんですが、恋人がいないわけではなく、その慎重な性格でがっちりガードしているからなのかもしれません」(芸能誌記者)――恋愛相手には大胆かも!?

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→10万円でできるかな