高校野球「春のセンバツ甲子園」を10倍楽しく見る“注目ポイント”

 球春到来、プロよりも一足お先に少年らの青春の舞台の幕が開く。夏とはひと味違う春の見どころを本誌ならではの視点で徹底分析。

 3月23日から、第90回選抜高校野球が開幕する。記念の大会とあって、今大会の出場校は4枠増の36校に。10校が初出場の、にぎやかな大会となった。この大会が「10倍楽しく見られる」ポイントを紹介していこう。

■スポーツ紙のランキングは!?

 まず、やはり気になるのは「どこが勝ち上がるか」だ。6紙ある主要スポーツ紙のすべてがAランクに評価しているのは大阪桐蔭(大阪)、明徳義塾(高知)、東海大相模(神奈川)、創成館(長崎)の4校。それに次ぐ4紙のAランクが智辯和歌山(和歌山)だ。このあたりの強豪校を中心に、聖光学院(福島)、中央学院(千葉)、明秀日立(茨城)、日大三(東京)、静岡(静岡)、東邦(愛知)、日本航空石川(石川)などが優勝争いに絡んできそうだが、今年のセンバツは、こうして学校単位で注目していくのが面白いという。「昨年の清宮幸太郎のような、誰もがナンバーワンと認めるような選手が今年はいません。それだけに、チームの総合力が問われる大会になるでしょう」(専門誌『野球太郎』の持木秀仁編集長)

■中田翔や藤浪晋太郎、西岡剛を輩出した大阪桐蔭

 とはいえ、やはり頭ひとつ抜きんでているのが西岡剛(阪神)、中田翔(日本ハム)、藤浪晋太郎(阪神)らを輩出した大阪桐蔭なのは衆目の一致するところ。「なにせ、このチームにはプロ注目のドラフト候補が5人もそろっており、それ以外のレギュラーも一級品ぞろい。昨秋の近畿大会では、4試合で失点1。3試合を完封している点からも、投手力の充実がうかがえます」(高校野球担当記者)

 粒ぞろいの選手の中で最大の注目株は、もちろん投手・遊撃・外野手の“三刀流”で知られる根尾昂と、二枚看板の藤原恭大外野手だが、その他にも粒ぞろい。たとえば、横川凱。身長190センチの長身で、最速144キロのストレートと120キロ前後のスライダーやチェンジアップ、110キロ前後のカーブなど緩急を投げ分ける。腕の長さを存分に生かし、振りが鋭く柔らかいのが特徴。昨年の秋季近畿大会決勝で完封した右腕の柿木蓮と並び、プロ注目の投手だ。打者では、まず山田健太。中学時代に名門・東海ボーイズの4番打者を務めたスラッガーだ。「1年の秋に打力を買われて4番打者を務めたものの、プレッシャーに耐えきれずレギュラー落ちしてしまった苦い過去があります。それを乗り越え、一皮むけた打撃に注目ですよ」(在阪スポーツ紙記者)

 その山田と並ぶ存在が、主将の中川卓也だ。昨年夏の甲子園、3回戦の仙台育英戦で1点リードの9回2死一・二塁、相手の遊ゴロで勝利と思われた瞬間。一塁手の中川が捕球したもののベースを踏めず、失策で満塁に。そこからサヨナラ打を許す結果となり、春夏連覇を逃した屈辱を忘れてはいない。「その2日後、新チームの主将に満場一致で選出されたことで、ギアを入れ直して秋季大会を戦い、見事優勝。堂々と甲子園に帰還しました」(前同)

 前出の持木氏は、この2人を次のように評する一方、大阪桐蔭への危惧も漏らす。「中川のほうがハートが強く実践的。しかし、山田の高いポテンシャルは、開花すれば恐ろしい。実力ある選手が競える環境にあるのが、大阪桐蔭の底知れなさです。ただ、主役級の選手がそろいすぎて、脇役に徹する選手がいないのは逆に気になります。これが、かえって弱点になるかも……」

■初出場ながら大きな注目を集める明秀日立

 そんな最強軍団の対抗馬として、冒頭のAクラス校はもちろんあるが、安パイばかり見ていては味気ない。「10倍楽しむ」ためには、やはり「番狂わせ」を期待させてくれるようなチームを見ていこうではないか。まず、初出場ながら甲子園関係者から大きな注目を集めているのが明秀日立。坂本勇人(巨人)、田村龍弘(ロッテ)、北條史也(阪神)を輩出した青森・光星学院を率いた名将・金沢成奉監督が、就任5年目にして甲子園に駒を進めたことで、脚光を浴びたのだ。明秀日立は金沢監督の人脈を使って、主に大阪から有力な選手を集め、チームの土台を作った。エースで4番の3年生、細川拓哉投手はDeNAに所属する細川成也の弟。投げては最速144キロの速球、打ってはフェンス直撃を連発、4割超の打率を誇る二刀流選手だ。「金沢監督は、お兄さんを“どんなきつい練習をさせてもついてこられる体の強さを持っている”と評していましたが、拓哉君も体の強さは折り紙つき。連戦では、これが有利になるでしょう」(持木編集長)

 もう一人、注目なのは遊撃手の増田陸。中学時代は大阪の福島シニアに所属し、前出の大阪桐蔭・中川卓也とチームメイトだった。「大阪桐蔭の山田と同じように、ポテンシャルは増田のほうが上だと思えるんですが、試合に出すと中川のほうが結果を出してしまうということだったようです。ただ、増田は昔の坂本勇人を彷彿とさせるところがあり、彼のように突如として開花しそうな雰囲気を持っていますね」(持木氏)

■愛知の刺客が虎視眈々!

 お次は愛知からの刺客・東邦の熊田任洋。「東邦の切り込み隊長」と信頼される1番打者だ。昨夏、1年生ながらスタメンに起用され、長打を連発。大舞台に強いところを満天下に知らしめた。愛知選抜や“野茂ジャパン”のメンバーにも選ばれたチームメイトの石川昂弥に強烈なライバル心を抱いており、「石川が活躍すると少し悔しい」という気持ちを隠そうともしない。2人が競い合って、打線を爆発させれば、東邦が優勝に近いところまで行ける可能性は十分あるのだ。

■中国勢にもワクワク

 24年ぶりに広島代表として甲子園の土を踏むのは、瀬戸内。その看板打者に、全国が刮目するかもしれない。183センチ・95キロの恵まれた体格から長打を連発する、門叶直己だ。昨秋の中国大会では8本のホームランを記録しており、そのうち4本は、なんと1試合での固め打ち。ただの大砲ではなく器用な流し打ちも得意とし、この大会では、とにかく打ちまくって打率が.769、13打点というバケモノっぷりを見せた。「当たればデカいんですが、安定しないところが弱点ですね。魅力的な打力を持っていることは確かで、全国レベルの強豪校と対戦して、どれだけの成績が残せるかは未知数です」と持木編集長が言うように、ひょっとしたら、ひょっとするタイプの選手で、観客をワクワクさせてくれそうだ。

 中国勢からはもう一人、初出場となるおかやま山陽から。エースの有本雄大は、130キロ台後半のストレートと3種類の変化球で相手を翻弄する、安定感のある投手だ。昨年夏の甲子園ではチームが1回戦で敗れ、登板機会はなかったが、柔よく剛を制する投球にはプロの注目も集まる。「ここの堤尚彦監督は、過去にジンバブエ、ガーナ、インドネシアなどでナショナルチームの監督やコーチを歴任した変わり種。地元出身者中心のチームを昨年夏、そして今春の甲子園出場を遂げるほど強くした手腕は、要注目かもしれません」(スポーツ紙記者)

■四国にも期待のエースが!

 四国からは、松山聖陵(愛媛)も何かやらかしてくれそうな気配を漂わせている。エースの土居豪人は、身長190センチと、文字通りの“大型投手”。「その長身から投げ下ろす、最速144キロの速球は、並の選手ではちょっと打てないのでは」(前同)

 昨秋、1年生投手ながら堂々たるマウンドさばきで、チームを四国大会準優勝に導いた英明(高知)の黒河竜司投手にも注目だ。「派手さはないけど、勝てる投手。高校生にしてはまとまりがあり、牽制もうまい。“すごい投手”というわけではありませんが、試合を作る技術をしっかり持っています」(持木編集長)

■ダークホースも要チェック!

 どのチームが頭角を現すにせよ、有力とされる大阪桐蔭を軸に優勝争いが繰り広げられることは間違いないが、もちろん勝負は時の運。これまで名前の出てこなかった、ダークホース的な選手やチームが活躍する可能性も少なくない。そこで、持木編集長に、注目選手とチームの名を、それぞれ挙げてもらった。「選手では、近江(滋賀)の北村恵吾が面白いと思います。岐阜県選抜では大阪桐蔭の根尾昂ともチームメートでした。昨年は1年生にして4番・一塁で甲子園に出場していましたから、昨年の経験を踏まえて、今年はもう一つ上の活躍を見せてくれるかもしれません」

 では、チームでは?「宮崎の延岡学園です」 意外とも思える名前だが、もちろん根拠はある。実は、今年のエースである上野元基投手や主将の椿原塁外野手は、宮崎県門川町の門川中学出身。門川中は、2015年の軟式野球で史上初の春夏連覇を果たしており、椿原外野手はU-15アジア選手権2015の日本代表にも選出されているのだ。「延岡学園には、この2人の他にも、門川中のチームメイトだった選手たちが、多数在籍しています。それ以外の選手たちも、ほとんどが宮崎県内の出身者で固められています。こういった、純粋な地元のチームにこそ勝ち上がっていってほしいという気持ちもあって、ダークホースに挙げさせてもらいました」(持木編集長)

 各地の野球エリートたちをそろえた強豪校を、地方の地域密着チームがバッタバッタと斬り伏せる……確かに、そんなシーンを見てみたいものだ。

■高校野球の歴史上、春の連覇は至難の業

 実は、100年に及ぶ高校野球の歴史の中で、最も難しいと言われているのが春の連覇。夏春連続優勝が6校、春夏連続が4校、そして夏の連覇が5校あるのに対して、春の連覇を達成した高校は今まで29年~30年の第一神港商高、81年~82年のPL学園の2校しかない。「前年の主力だった3年生がごっそりいなくなる新チームで、2年連続で秋季大会を勝ち上がり、甲子園でも1敗もしないというのは実に至難の業。逆に言うと、どのチームにも勝ち上がる隙はあるということ。大阪桐蔭が史上3番目の春連覇を達成するか、楽しみですね」(専門誌記者)

 3月23日に始まる熱戦は、実に13日間に及ぶ。4月4日の決勝戦に勝ち、頂点に立つチーム、そして敗れゆくチーム。それぞれのドラマを目撃しよう!

■新ルール「タイブレーク制」とは?

 甲子園では今大会から、延長13回から「タイブレーク制」を導入。これは、各回で通常は無死走者なしからスタートするプレーを、いきなりランナーを置いて始めることで得点を入りやすくし、時間を短縮する制度だ。今大会から、13回以降は無死一、二塁で始まることとなる。

 過去の高校野球では、延長回数の制限がなかったため「延長25回」などという試合が生まれ、選手の負担になることもあった。58年の夏からは、延長18回を終えて同点引き分けの場合は、その時点で試合を終了し、後日、再試合を行うという制度が確立。00年には延長戦が15回制に短縮された。

 それでも“引き分け再試合”は減らず、選手の体を守るため、タイブレーク制の導入となった。いきなりランナーがいる光景には違和感を覚えるかもしれないが、これも時代の要請ということだろう。

■春だけ現れる「21世紀枠」のナゾ

 都道府県大会の優勝チームが本大会に出場する夏の甲子園大会と違って、春は基本的に、その前年の秋の各地方大会で好成績を収めたチームの中から、出場校が文字通り「選抜」される。21世紀枠とは2001年から取り入れられた制度で、単に大会の成績だけではなく、8強(参加校の多い地区では16強)入りした学校の中から、「困難の克服」「マナーの模範」「文武両道」などの面で特徴のある学校をピックアップして、優先的に出場させる制度。進学校や公立校などが優先的に選抜される傾向があり、今大会においては由利工(秋田)、膳所(滋賀)、伊万里(佐賀)の3校が選ばれているが、あまりに基準が不明確であるという批判も根強い。特に今回は滋賀県から一般選考で近江、彦根東が選ばれているため、前代未聞の1県3校出場という形に。またぞろ物議を醸しそうだ。

本日の新着記事を読む

日刊大衆TOPへ戻る