バナナマン絶賛、乃木坂46・生田絵梨花の「ミュージカル食レポ」

 3月18日に放送された『乃木坂工事中』(テレビ東京系)で乃木坂46の生田絵梨花(21)が食レポを披露し、MCを務めるバナナマンの設楽統(44)、日村勇紀(45)に称賛されていた。

 この日は“私の7年目の目標発表会”と題され、デビュー7年目を迎えたメンバーが達成したい目標を発表していった。トップバッターの生田は「レギュラー番組を持ちたい!」と発表。他のメンバーがラジオやテレビのレギュラー番組を持つ中、自分はまだレギュラー番組を持っていないのがその理由だ。これに設楽が、どういう番組をやりたいのか聞くと、生田は「ロケが好きだから街ブラだったり、何かをお茶の間に紹介する番組がいい」と話し、「『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)とか」と、具体的な番組名を出して語った。

 生田をレギュラーにすると、どんなメリットがあるのかと設楽が聞くと、生田は「すごいおいしそうに食べるし、いるだけですごい明るくなるし、私笑顔が絶えないし、やっぱりパッと画面が華やぐ」と、笑顔でアピール。続けてオリジナリティを出すために、「音楽を感じながら、ミュージカルを含めたような紹介の仕方」をするとプレゼンしたのだが、設楽に「いらないんじゃない?」と言われてしまった。

 そこで実際に、変わり種の“みかんカレー”を食べて、生田流の食レポを見せることに。生田はカレーをひと口食べると、「みかん、あなたはどうしてみかんなのー?」とミュージカル調で食レポを始め、その姿にスタジオの乃木坂メンバーは騒然。さらに食レポは続き「味は辛さが2ぐらい、甘さが9ぐらい」と歌ったのだが、設楽から、辛さが2で甘さが9だと全部で11になると指摘され、生田は少し慌てながらも、自分の中では11がベストで、常に10より1個上を目指していると主張した。

■バナナマンの二人も生田の食レポを絶賛!?

 生田が見せたミュージカル調のレポートに、日村は「面白いと思いますよ。僕は!」と称賛。さらに生田が、日村を街レポで出会った一般人の男性に見立ててミュージカル調で紹介すると、日村は「これはやられてて気持ちいいね」と笑顔を見せ、設楽も「すごく毒がなくていいね」と称賛した。バナナマンからの反応が上々だったこともあり、生田は「歌があってもなくてもどっちでもいいので、なんでもお待ちしてまーす」と、カメラに向かって自身を売り込んでいた。

「ミュージカルなど、舞台で活躍している生田ですが、確かにテレビのバラエティ番組などではあまり見ませんね。けっこう個性的なキャラなので、イジってくれる人がいれば、バラエティ番組や情報番組で人気者になれると思いますよ」(アイドル誌ライター)――設楽がMCをしている『ノンストップ!』(フジテレビ系)あたりはどうでしょう?

本日の新着記事を読む