本田翼の情報をまとめ!謎の私生活や三浦翔平との交際、演技の評判は?の画像
本田翼の情報をまとめ!謎の私生活や三浦翔平との交際、演技の評判は?の画像

 キュートな笑顔に誰もがうらやむスタイル、雑誌『ノンノ』で専属モデルを務めながら、女優としても活躍する本田翼。気になる私生活の様子や恋愛事情、出演作での演技の評判を調べていこう。

 

 

■本田翼のプロフィール・経歴

 

 

■ファッション雑誌のモデルから芸能界へデビュー

●デビューのきっかけはスカウト

 渋谷や原宿でスカウトされた、と聞けばよくある話だが、小学校6年生のとき、1日で同じ事務所の違う7人からそれぞれスカウトされたというのだから驚きだ。「7回目に声をかけた人が熱心だった」ことから芸能界入りを決めた。

●雑誌『セブンティーン』でモデルデビュー

2006年から『セブンティーン』(集英社)でモデルとして活動後、2007年には雑誌『ラブベリー』(徳間書店)の専属モデルに。その後、2010年からは『ノンノ』(集英社)の専属モデルとして活動し、現在に至っている。

●大学受験に失敗したことがきっかけ?

 本格的に芸能界で活動することになったきっかけが少し風変わりなのも本田翼らしさといえよう。大学進学に失敗し、高校卒業後の進路に迷っていたところ、母親から選択肢を与えられる。大学を再受験するのか、モデルの仕事を続けるのか、自衛隊に入るのか、の3つからモデルを選択したそうだ。自衛隊という選択肢が出てくるのが独特だ。

【関連記事】

本田翼が3位!「ショートカットが似合う女性芸能人」ランキング

本田翼“子羊抱っこ”のかわいすぎるコラボで、会場のファンを魅了

●オリエンタルラジオ藤森慎吾の「告白」が話題に

 2011年8月に放送されたテレビ番組『スパモク!! 明石家さんまのずっとあなたが好きだった』(TBS系)で、当時“チャラ男”キャラ全開だった藤森が、本田翼を指名し、「ひと目見たときからむちゃくちゃタイプ」「ずっとあなたが好きでした」と告白した。本田は「テレビでずっと応援しています」とあっさり流したが、放送終了後、ネット上で「ヤバいレベルのかわいさ」などと話題に。これをきっかけに知名度が急上昇した。

【関連記事】

本田翼『しゃべくり007』出演NGは、くりぃむしちゅー上田晋也が怖かったからと暴露

本田翼「あいさつ無視された女優」告白が波紋

■女優業の本格化は2012年から

●2012年にドラマ初出演

 テレビドラマ初レギュラー出演作『恋愛ニート〜忘れた恋のはじめ方〜』(TBS系)、そして映画『FASHION STORY-Model-』(2012年)で初出演・初主演と、この時期から本格的に女優業を開始。以降さまざまな作品に出演している。

●トーク番組のアシスタントも担当

 女優としての活動を本格始動させた2012年には『A-Studio』(TBS系)で笑福亭鶴瓶のMCをサポートする4代目アシスタントとしても出演。一気に露出が高まった年となった。

■「翼」の名前の由来は?

●HONDAの2輪車の統一意匠のマークが由来

「翼」は、自動車メーカー「HONDA」のバイク統一意匠のウィングマークから父親によって命名された。本田翼自身は特にHONDAのファンではないらしい。小さい頃は「世界にはばたけるように」というふうに説明されていた。

■B'z(稲葉浩志)の大ファン

●B'zのコンサートにも行ったことをブログで報告

 コンサートに行ったことをブログで報告するほどB'zが好きで、特に稲葉浩志の大ファンだと公言している。おススメのアルバムは『BIG MACHINE』と『GREEN』。母親がB'zのファンクラブに入っていたことがきっかけで、ライブのチケットはちゃんと抽選で取っているとのこと。

■意外な趣味!漫画・ゲームが大好き

 もともとインドア派で漫画やゲームが大好きだと公言している本田翼。家にも漫画やゲームが大量にあるとのこと。

●おススメの漫画

 おススメの漫画をブログでも紹介するほどの漫画好き。特に好きな作品は少年漫画が中心で、『ピューと吹く!ジャガー』(うすた京介/集英社)、『BLEACH』(久保帯人/集英社)、『幽☆遊☆白書』(冨樫義博/集英社)、『HUNTER×HUNTER』(冨樫義博/集英社)『3月のライオン』(羽海野チカ/白泉社)、『デッドマンワンダーランド』(片岡人生/角川書店)、『進撃の巨人』(諫山創/講談社)、『鋼の錬金術師』(荒川弘/スクウェア・エニックス)、『日常』(あらゐけいいち/KADOKAWA)など。その他それほどメジャーではない作品にも造詣が深い。

●休みの日は家でゲーム

 お気に入りのゲームは『ドラゴンクエスト』『スプラトゥーン』『モンスターハンター』など。特にドラクエが好きなようで、新作が出ると休みの日は家にこもりっきりでプレイし続けるのだとか。

【関連記事】

本田翼の“ダークばっさー”ぶりに、TOKIOもしょんぼり「ちょっと寂しくなった」

本田翼が“塩対応キャラ”で新境地?「ダークばっさー」にハマる人続出!

■三浦翔平との熱愛報道

●三浦翔平

 三浦翔平とは、ドラマ『ショムニ2013』(フジテレビ系)で共演。趣味が共通していることから急接近した、と、2015年の週刊誌による報道で明らかになった。双方から公式の発表もないまま、2016年には再び週刊誌で交際が報道された。インドア派の本田に合わせてか、もっぱら自宅でのデートが多かったようだ。しかし、2017年12月に三浦は、女優の桐谷美玲との熱愛が報じられた。

■その他過去に噂のあった俳優たち

●福士蒼汰

 月9ドラマ『恋仲』(フジテレビ系)で共演して熱愛の噂が出た。食事や休憩時間も一緒に過ごしていたところから「つきあっているのでは?」と言われていたが、以降の報道がないため共演中の一コマだった模様。

●東出昌大

 映画『アオハライド』の舞台あいさつで、本田翼と東出のお互いのやりとりが「かわいい」と話題に。福士蒼汰からビデオメッセージが流れたとき、本田が「かっこいいですね~」とコメント。それを受けて東出が「東出派ではなく、福士派なんですよ、本田は!」とやきもちを焼く微笑ましいワンシーンがあった。

●又吉直樹

 前述の番組、2011年の『スパモク!明石家さんまのずっとあなたが好きだった』(TBS系)でオリラジ藤森に告白されるも「好きな芸人」にピースの又吉を挙げていた。

●Hey!Say!JUMP山田涼介

 映画『鋼の錬金術師』で共演。お互いを呼び捨てしたり、「おまえ」呼びし合う仲の良さ、そして趣味もゲームで共通しているため熱愛の噂が立った。映画の宣伝で出演した『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)でのシーンも親密さが表れていて、本田翼に耳打ちする山田涼介の表情や耳打ちの距離の近さから、恋人同士ではないかと主にジャニーズファンの間で話題になった。

■本田翼出演のCM

 2017年には、9社のCMに起用された本田翼。デビュー以降、コンスタントに有名企業のCMに出演している。

●ハウスウェルネスフーズ『C1000レモン』

 2013年から継続して出演中。朗らかな笑顔と元気いっぱいの演技でドリンクの爽やかさをアピールしている。

●JR SKISKI『青春は、純白だ。』

 JR冬の恒例スキーの胸キュンCM。男女の友人で訪れたスキー場での甘酸っぱい恋模様を描いている。

●Honda SENSING「ぶつからない」篇/「はみださない」篇/「とびださない」篇

 本田翼自身の名前の由来となったHondaの自動車に搭載されるセンサー技術を、実際に乗車してその精度をアピール。

●ダイドードリンコ『ダイドーブレンドコーヒー』

 本人役で出演。オーディションに向かう本田が「ブレんなよ!」のキャッチフレーズと共に、缶コーヒー片手に励む姿を描いている。

●アサヒビール『クリアアサヒ』

 桃井かおり、トータス松本、向井理らと共演している、いわゆる第三のビールのCM。楽しく、そしておいしそうに飲む姿がかわいいと評判に。

●スクウェア・エニックス『星のドラゴンクエスト』

 本田が最も好きなドラクエのスマホアプリのCM。ゲーム内のキャラクターのコスプレでコミカルにアプリを紹介している。

●アフラック『ちゃんと応える医療保険EVER』『ちゃんと応える医療保険レディースEVER』

 医療保険のCM。有吉弘行が声を担当するブラックスワンに重大疾病への備えが大切だとアピール。

●大正製薬『ナロンエースT』

 頭痛で体調が悪いOLを演じる本田翼に、母親がナロンエースをさりげなく持たせ、気遣いと頭痛薬のおかげで明るく過ごせるようになるという内容。

■これまでに出演したドラマ作品

●『GTO』(2012年・フジテレビ系)

 破天荒だが生徒思いの教師、鬼塚英吉が活躍する週刊少年マガジンに連載された同名漫画が原作。本田は「悪魔の天才児」の異名を持つIQ200才媛・神崎麗美役として、EXILEのAKIRAが主演を務める第2シリーズに出演。

●『ショムニ2013』(2013年・フジテレビ系)

 江角マキコ主演で人気を博したドラマの第4シリーズに、元棒高跳びの選手のOL役で出演。社内の掃き溜めである庶務二課のメンバーが、自らの欲望のままに行動するがそれが結果的にさまざまなトラブルを解決していく。

●『安堂ロイド〜A.I.knows LOVE?〜』(2013年・TBS系)

 2113年からヒロインの命を救うためにやってきたアンドロイド(木村拓哉)が、感情プログラムを得て彼女に対する想いを強めていくストーリー。本田翼は主人公の修理をするサプライヤーのアンドロイド役で出演している。

●『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(2016・日本テレビ系)

 ファッション雑誌の編集者になることが夢だった河野悦子(石原さとみ)が主人公。本田翼は悦子の高校の後輩で編集部で働く森尾登代子役。大手出版社に就職した悦子だが、配属されたのは校閲部だった。いつの日か編集部に移るのを目標としながら校閲部員として奮闘する日々を描く。

●『わにとかげぎす』(2017年・TBS系)

 週刊ヤングマガジンで連載された同名漫画が原作で、くりぃむしちゅーの有田哲平がドラマ初主演し、話題となった。32歳になり、今までの人生が無為だったことに気づいた男が自分自身を変えようと一念発起する所から物語は始まる。本田翼はヒロインの羽田梓を演じている。

【関連記事】

『わにとかげぎす』本田翼の「セクシーさ」が大好評!

●『奥様は取り扱い注意』(2017年・TBS系)

 伊佐山菜美(綾瀬はるか)は某国に雇われた特殊工作員という過去を持つ元スパイ。そんな菜美が穏やかな生活に憧れて結婚した後、カルチャースクールに通い主婦力を上げようと奮闘するが……。本田翼演じる佐藤京子は主人公の隣人で、何かにつけて雑な主婦。

【関連記事】

本田翼、広末涼子と「気軽に話せない」発言でスタジオ騒然!?

■これまでに出演した映画作品

●『アオハライド』(2014年)

 本田翼が吉岡双葉役で主演。中学時代、男子が苦手な双葉だったが、転校してしまった田中陽一(小柳友)だけは不思議と大丈夫だった。その淡い恋心を抱いていた田中に高校で再会したものの、中学生のときとまったく違う性格になってしまっていた…。

●『少女』(2016年)

 本田翼は山本美月とW主演で高校2年の桜井由紀役を演じている。転入生から親友の自殺についての話を聞いた夏休み前から、「自分も人の死を目の当たりにしたい」と思うようになり、病院や老人ホームで人の死を目撃しようとする。

●『土竜の唄 香港狂騒曲』(2016年)

予告編

 生田斗真が演じる警視庁谷袋署の交番勤務の問題児・菊川玲二が暴力団の会長を逮捕するために、潜入捜査官として活躍する姿を描く物語。本作は原作の「チャイニーズマフィア編」を映画化したもので、本田翼は暴力団の幹部の娘役。

●『鋼の錬金術師』(2017年)

 錬金術が存在する架空の世界を舞台としたファンタジー漫画が原作の実写映画。弟の体を取り戻すために奮闘する主人公エドワード・エルリック(山田涼介)が錬金術を駆使して敵と戦うストーリー。本田翼はウィンリィ・ロックベル役で出演。

■まとめ

 人気モデルから、本格派女優への道を着実に歩んでいる本田翼。その動向から、今後も目が離せない!