星野源
星野源

 2017年放送のドラマ『陸王』(TBS系)での小原役や、同年公開映画『アウトレイジ 最終章』の花田役など、話題作への出演が相次いでいるピエール瀧。最近は、俳優としての活躍が目立っているが、もともとは電気グルーヴのメンバーとして活躍する人気ミュージシャンだ。実は彼のように、音楽を本業としながらも、俳優として成功したアーティストはけっこう多い。

『NHK紅白歌合戦』へ3年連続で出場した人気ミュージシャンながら、役者としても活躍するのは、星野源だ。ブームにもなったドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)以後も、『コウノドリ』シリーズ(TBS系)など、人気ドラマに出演している。星野が所属する劇団大人計画の主催者、松尾スズキをして「的確な芝居ができる俳優に育った」といわしめるほどの演技力で、完全に役者としての地位を確立した。15年にバンド、SAKEROCKを解散し、自身の仕事に集中したことが功を奏したのか、近年は主役級の仕事も多くなっている。『LIFE~人生に捧げるコント~』(NHK)にも出演し、コメディもできるので、これからもさまざまなドラマで活躍するはずだ。

 星野とともにSAKEROCKで活動していた浜野謙太も、注目のミュージシャン役者だ。自身が率いるバンド、在日ファンクでボーカルとリーダーを務めるかたわら、近年は人気ドラマにガンガン出演している。16年上半期の連続テレビ小説とと姉ちゃん』(NHK系)や、16年の月9ドラマ『好きなひとがいること』(フジテレビ系)などの好演は、記憶に新しいところだ。昨年は『男の操』(NHK BSプレミアム)で、ついに主演を務め、「鬼気迫る芝居だった」「ハマケンかわいすぎ!」とネット上での評判も上々。ミュージシャンとしての才能も高いのだが、今後は星野のように、俳優業がより忙しくなる?

  1. 1
  2. 2