松任谷由実、「最後のあさイチ」生出演に大反響!

 3月23日放送の情報番組『あさイチ』(NHK)に、歌手の松任谷由実(64)が生出演。最後の「プレミアムトーク」に華を添えた。

 同番組の司会を務めるV6の井ノ原快彦(41)と、NHKの有働由美子アナウンサー(49)は、3月いっぱいで番組を卒業。そのため、「プレミアムトーク」のコーナーは、この日が最後の放送となった。

 そのラストを締めくくるゲストとして、“ユーミン”こと歌手の松任谷由実が出演。番組冒頭から登場したユーミンは、「おはようございます。松任谷由実です」とあいさつ。豪華ゲストの登場に、司会の二人は興奮ぎみで、有働アナは「あさイチのスタジオに“ユーミンがいるー”っていう感じですよね」と大喜び。

 ユーミンは、朝の生放送番組に出演するのは初めてだと告白。また、緊張しているかを聞かれると、「何が起こっているのか、自分でもよく分からないんですよ」と率直な感想を述べた。

 しかし、トークが始まるとユーミン節が絶好調。電動ママチャリに乗って一人で買い物に行くという意外なプライベートを披露したり、「モットーは、ギャラないときはオーラを出さない」と話してスタジオを爆笑させたりと、終始番組を盛り上げた。

 そして放送終了後、ユーミンは自身のツイッターを更新し、「とてもナチュラルに話せたように思う。ほんわか楽しかったー!」と、『あさイチ』出演の感想をコメント。さらに「有働さん、井ノ原さんへ」「8年間の日々が、必ず未来の自分に力を与えますよ」とツイートし、もうすぐ同番組を卒業する二人に温かいエールを送っていた。

 そんなユーミン出演の最後の「プレミアムトーク」は、大反響を呼んだ。放送後、ネットには「トークは今日が最後なのよね……やっぱり寂しい……でも最後のゲストがユーミンってスゴイ」「有働さん&イノッチ、最後のプレミアムトークのゲストがユーミンなんてステキすぎる」「ユーミンがとても楽しそうに話されていて、こちらまで幸せな気持ちになりました」といったコメントが続出。視聴者に大好評だったようだ。

「番組内でも少し触れられていましたが、ユーミンがトーク番組の生放送に出演するのは、1992年放送の『笑っていいとも!』(フジテレビ系)以来、26年ぶりのことです。そして朝番組の生放送は初めてと語っていましたし、今回『あさイチ』に出演したのは、井ノ原と有働アナの番組卒業に、特別な思いがあったのかもしれませんね」(テレビ誌ライター)――最後にふさわしい素晴らしいゲスト!

本日の新着記事を読む