有吉弘行、上川隆也の“神対応”を絶賛の視聴者に「バカじゃないの?」

 3月25日放送のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)で、お笑いタレントの有吉弘行(43)が、俳優の上川隆也(52)が『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の“ゴチになります”で見せた行動について言及した。

 今回の放送は東京で桜が満開になったことを受け、有吉はアシスタントを務めるタイムマシーン3号の関太(38)とマシンガンズの滝沢秀一(41)と、お花見について盛り上がっていた。続いて、“ゴチになります”で女優の橋本環奈(19)が最下位になり、自腹が決定した際、上川が自腹金額の半分を自分が払うと申し出たことを報告する、リスナーからのメールを有吉が読み上げた。

 この上川の男気ある行動に、見ていたファンから「やさしすぎ」「紳士すぎる」など絶賛の声が上がったそうだが、有吉は「これも幼稚だよね。テレビでそうやって、半分出しますってさ。その人、すてき! 紳士! なんてさ、バカじゃないの?」と笑い、「そう思わない? それは上川さんだから、似合うからさぁ、別にいいけど」と関らに同意を求めた。

 さらに有吉は、橋本が相手なら自分も半分出したいとしたが、それではコーナー本来のルールが変わってしまうと指摘し、「ちょっとこれは、また褒めすぎるのも違うんじゃない?」と、上川を称賛する視聴者に苦言を呈した。「半分払う」と申し出ることは、空気を読んだ面白いアドリブであるべきだと主張。そして「半分払う」ことで褒められるならば、“ゴチ”にレギュラー出演しているナインティナインの岡村隆史(47)も「ああ、じゃあ僕、半分払います」と言ったほうが良いと皮肉まじりにアドバイスすると、関と滝沢から「それじゃあ、普通の食事会ですから」と、笑われていた。

 最後に有吉は、本当にやさしい人は、撮影中“ゴチになります”で最下位になって泣いている橋本に対し、自腹で払えと詰め寄り、撮影が終わってから「僕が全部出してあげるから、いいよ、いいよ。帰んな」と、こっそりお金を渡すものだと持論を展開。さらに「それが、私です」と結論づけると、関から「ええっ、出てましたっけ?」と、そもそも“ゴチになります”に有吉は出ていないとツッコまれていた。

「これは3月22日放送の『ぐるぐるナインティナイン2時間SP』でのエピソードで、今年から同コーナーにレギュラー出演している橋本が、初めて最下位になってしまい、総額14万3400円を払わなければならなくなったときの話です。橋本は、上川の申し出を“でもルールですからね”と断り、今度はピタリ賞を出して帳消しにすると前向きに語っていました。上川の気遣いも良かったと思いますが、橋本の毅然とルールに従う態度も良いですね」(芸能誌記者)――橋本環奈も褒められるべき!?

本日の新着記事を読む