山崎夕貴アナ、涙ながらに語った「ノンストップへの思い」

 3月28日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)で、フジテレビの山崎夕貴アナウンサー(30)が、番組卒業に対する思いを告白し、多くの視聴者を感動させたようだ。

 この日の番組では、「女子アナ3人!日光旅」の模様を放送。山崎アナが、同じフジテレビの三上真奈アナウンサー(28)、松村未央アナウンサー(31)とともに、栃木県日光の観光スポットを訪ねた。

 この女子旅の中には、女子アナたちが本音トークを繰り広げる一幕も。松村アナが「(山崎)夕貴ちゃんにとって、『ノンストップ!』ってどういう存在?」と質問すると、山崎アナは、番組卒業を告げられたとき「この日常が失われるのが、こんなにも悲しいんだと初めて分かった」と、番組への思いを語った。

 さらに山崎アナは、「勝手に『ノンストップ!』が終わるまで、ずっと(出演)できるのかなって思ってた」と、喪失感をおぼえていることを告白。また、MCのバナナマン設楽統(44)に番組卒業を報告したときに、号泣したことも明かした。

 そんな話をする中で感極まって涙を流してしまった山崎アナ。そんな山崎アナを見て、視聴者も感動したようだ。ネットには「山崎アナいなくなるのは寂しい。自分も番組終わるまでいると思ってたもんなぁ……」「設楽さんとのコンビ良かったもん。いてほしかった」「仕事とまじめに向き合ってるところに好感を持っていた」など、山崎アナの卒業を惜しむコメントが多数上がっていた。

「今年2月の放送で、山崎アナが番組卒業を発表した際、MCのバナナマン設楽は“行かないで~”と冗談まじりですが発言していました。設楽と山崎アナの軽妙なやりとりは視聴者から好評で、設楽も山崎アナのことを“女日村だと思ってます”と高評価。信頼は大きかったようですね」(テレビ誌ライター)

『ノンストップ!』を去る山崎夕貴アナは、4月から『とくダネ!』(フジテレビ系)のMCに抜擢。3月30日には、おばたのお兄さん(29)との結婚も発表した。この春、心機一転の活躍を見せてくれるに違いない。

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-