ダルビッシュ有「川崎宗則への感謝の言葉」に、感動の嵐!

 3月27日、米大リーグのシカゴ・カブスに所属するダルビッシュ有投手(31)が、自身のブログを更新。福岡ソフトバンクホークスを退団した川崎宗則選手(36)への感謝の気持ちをつづったメッセージが、多くのファンを感動させた。

 福岡ソフトバンクホークスは、3月26日に川崎選手が退団することを発表。川崎選手は、「昨年の夏場以降からリハビリを続けてきましたが、同時に自律神経の病気にもなり、身体を動かすのを拒絶するようになってしまいました」とホークスの公式サイトにコメント。「このような状態で野球を続けるのは、今の自分には考えられません」と退団に至った経緯を説明した。

 この報を受けて翌27日、ダルビッシュ投手は「友と共に 2」というタイトルでブログを更新。日本代表チームに参加した際、極度の人見知りだったダルビッシュ投手を、川崎選手が食事に誘い、それをきっかけに、いろいろな選手と打ち解けることができたというエピソードをつづった。

 ダルビッシュ投手は「野球がやりたくないってなった時期があったんですが、その時ムネさん(川崎)の特集を見てまた頑張ろうって思えた」という秘話も告白。そして川崎選手の引退撤回を期待しているとしながらも、「このまま引退しても誰にも歩めない野球人生を歩んだだろうから誰も文句は言えないでしょう」と、川崎選手が野球界で築き上げた功績を高く評価した。

 最後に「ムネさんがいなかったら自分はここにはいません。これからも末永く、家族どうし仲良くしましょうね」と、感謝の気持ちを記していた。

 そんなダルビッシュ投手の川崎選手に対するメッセージは、多くのファンの胸を打ったようだ。ネットには「ダルビッシュからここまで感謝を捧げられるなんて、川崎さんの偉大さの表れだよね」「川崎宗則のような、人柄も良くて面倒見も良い人なんて、なかなかいないと思う」「ダルの言葉がしみるなぁ。本当に素晴らしい人なんだね」「私も川崎さんが心身ともに健康になることを祈っています」といったコメントが多数上がっていた。

「川崎選手の人気は、日本だけにとどまりません。大リーグ時代、川崎選手は、底抜けの明るさと持ち前のハッスルプレーで、アメリカの野球ファンやメディアから愛される存在でした。MLBの公式サイトでも今回の川崎選手退団のニュースを取り上げ、彼の大リーグ時代の活躍を振り返る異例の特集を掲載したほどです」(スポーツライター)――1日も早い川崎選手の回復を祈りたい。

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→水曜日のダウンタウン