山崎夕貴、竹内由恵、小川彩佳…人気女子アナ「寿退社」の行方の画像
山崎夕貴、竹内由恵、小川彩佳…人気女子アナ「寿退社」の行方の画像

 やる気に満ちた新人女子アナが社会人デビューする4月。一方、「働き方改革」の影響で、テレビ各局は女子アナに残業をさせないようになってきているという。それにより大きな地殻変動が起こる可能性が……。

「これまで、月に10~20万円あった残業代が消えるとなると、売れっ子アナほど、“だったらフリーに”と考えるのが自然です」(放送作家)

 典型的なのが、今やフジのエース、山崎夕貴アナ(30)のケース。芸人のおばたのお兄さんとの結婚を発表したばかりの山崎アナは、4月から『とくダネ!』に異動。早朝に局入りした場合は、早めに退社する必要があるが、そうなると午後から深夜にかけて収録されるバラエティ番組への出演が難しくなる。今回の結婚を機に、“フリー”へ動く可能性も十分にあると前出の放送作家は説明する。

 同じことはテレビ朝日の竹内由恵アナ(32)にも言えるという。もともとフリー志向が強く、「何度も局上層部と退社を巡って話し合っているそう」(制作会社関係者)という彼女。働き方改革で収入も激減するなら、フリーになったほうがいいと判断しても不思議はない。

「プロバスケットボール選手の田臥勇太との交際も順調のようだし、寿退社を決断する日は極めて近そうです」(芸能記者)

 結婚といえば、嵐の櫻井翔と交際中の小川彩佳アナ(33)にも気になる話が。「『報道ステーション』のサブキャスターとして多忙な日々を送る中、昨年2月の櫻井との交際発覚でしたが、あれから約1年、破局話が浮上しています」(前同)

 原因は、彼との結婚が現実的ではないからと、ささやかれている。

「彼女ももう33歳、将来の結婚のメドが立たないのはキツいのではないかと。日テレでキャスターを務める櫻井は、局とジャニーズから2年後の“東京五輪の顔”になることが求められています。それが終わるまでは彼のプライベートが優先されることは100%ないし、ストイックな彼も、仕事が第一でしょうね」(女性誌記者)

 さらに櫻井のいる嵐は昨今、結婚が相次ぐ『V6』とは違い、まだまだバリバリのアイドルグループ。「東京五輪が終わっても、すぐの結婚はありえない。小川アナは2月末の朝日新聞のインタビューで、“結婚もしたいし、子どもも欲しい”と吐露していましたが、それが櫻井相手では難しいでしょう」(前同)

■久保田アナはドタキャン女王!?

 一昨年12月、『グッド! モーニング』で共演していた妻のいる加藤泰平アナと社内不倫していたことが“文春砲”され、翌日から同番組を降板したのは同じテレ朝の田中萌アナ(26)。

「その後、彼女がテレ朝の他の局員と関係を持っていたという噂も噴出。三股とも四股ともいわれる乱倫関係が話題になりましたが、昨年1年で、局内の男関係はすべてキレイに清算できたそうです」(放送作家)

 そのせいか、4月からは日曜夜の特番枠での露出が増えそうといわれる彼女だが、前出の放送作家は、こんな懸念を付け加える。「局内は片づいたというけれど、フジの若手アナとも話があったんです。そっちは大丈夫かな(笑)!?」

 その田中アナの先輩・久保田直子アナ(36)は『マツコ&有吉かりそめ天国』で見せる、ずぼらなキャラと汚ギャルぶりで人気に。「最近の彼氏に1週間でフラれたという彼女。汚ギャルぶりもそうですが、一番ひどいのはドタキャン癖。“面倒くさくなった”という、もはや理由にならない理由で、友人との約束も反故にするそうです。なんと、その確率は7割を超えるとか」(制作会社スタッフ)

 3月7日の『かりそめ天国』では8社のCA制服をセクシーに着こなして見せた久保田アナ。「そこそこ美形なのに、ひとクセある、そこが彼女の魅力なんです」(八木氏)――キレイな薔薇にはトゲがあるというけれど、女子アナもキナくさいくらいで、ちょうどいい!?

本日の新着記事を読む