長生きできる「病院の使い方」今話題の賢い“患者力”を伝授

 どんなことだって、上手い下手があるんです。医者にかかるときだって、秘訣があるってご存じでしたか?

 最近、耳にするようになった「患者力」という言葉。医者の言うことに無批判に従うのではなく、ケガや病気を効率よく治すために賢く振る舞う能力、といった意味だ。言い換えれば現代は、良い医療の選択次第で、長生きできるかどうかが決まる時代なのだ。

■いいファミリードクターを選ぶこと

 2016年から、特別な場合を除き、紹介状なしで大病院で受診するには特別な料金がかかるようになったため、体に不具合が出た場合、まず訪れるのは近所の開業医――いわゆる「町医者」だろう。『死ぬときに後悔しない――医者とクスリの選び方』(アスコム)などの著書もある新潟大学名誉教授の岡田正彦・医学博士も、「私は何よりもまず、いい家庭医、いわゆるファミリードクターを選ぶことが、長生きできるかどうかのポイントだと思います」と、信頼できるかかりつけの医者を見つけることが大切と説明する。

 岡田氏が続ける。「まず何より、患者の質問に嫌な顔をせずキチンと答えてくれるかどうか。コミュニケーションが取れる誠実な医者が一番です」

 医師としての腕前は、「脳外科手術など、よほどの専門分野でもなければ、ほとんど差はありません(笑)。むしろ、むやみに検診を勧めない、処方する薬が少なく副作用をキチンと説明してくれるか……などのほうが重要です」(前同)

 過剰な医療や薬投与などは、患者の寿命を縮めかねないので、良い家庭医はそういうことをしないという。ちなみに、あなたの医者を以下の5つのポイントに照合して、複数チェックが入る場合は要注意だ。

  • □診療科目が多い(患者獲得のため、専門外も対応している可能性がある)
  • □看護師やスタッフの態度がよくない(医師の人柄が悪影響を与えている)
  • □最新設備が多い(検査費用狙いかも)
  • □医師の趣味はゴルフで、車は高級外車(患者本位でない可能性が)
  • □いつ行っても空いている(何か、よくない原因が)

 とはいえ、最後の項目だけは、「患者重視」の視点から、待ち時間を工夫している可能性もある。京都産業医事務所所長の橋本惠氏(医学博士)が語る。「最近は、受付で患者の携帯電話の番号を控えておき、順番が近づいたら呼び出してくれるクリニックも多いようです」

■患者は的確な情報を伝えるべき

 医者のみならず、患者のほうにもコミュニケーション力は必要だ。神奈川県のクリニックに勤務するスタッフによると、「たとえば患者さんが、脚が腫れて痛がっているとしますよね。医師は、腫れているのは見たら分かりますが、そこで、ただ“痛い”と言うだけではなく、いつから痛いのか、どのくらい痛いのか、過去の病歴はあるのか、どういう仕事をしているのか、治療が生活に影響があるのか、などの情報の有無で、治療の内容も変わります。患者さんは、的確な情報を伝えたほうが断然、長生きできると思います」と、コミュニケーションを通じて信頼関係を築くのが重要だと言うのだ。いずれは、ちょっとした不調の際、電話で相談できるくらいの仲になっておきたい。「初対面の患者さんだと、医師やスタッフも緊張するものです。でも、ある程度の関係が築けていれば、患者さんの事情も分かっているし、いろいろ提案もしやすいと思います」(前同)

■複数のクリニックを受診するのは要注意

 なお、かかりつけの医者は、内科医が一人いれば十分なのだという。そのうえで、耳鼻科や形成外科や歯科など他の医院で受診した場合は、どんな処置をされたのか、そのかかりつけ医に伝えておくのがいいだろう。というのは、薬の飲み過ぎや、薬同士の飲み合わせの問題があるからだ。中には、風邪をひいたら一般の内科に行き、喘息なら呼吸器内科、糖尿病は糖尿病専門内科に……と分けている人もいるだろうが、「複数のクリニックを受診されていると、同じような効果の薬がいくつも出され、結果、過剰投与の問題が生じます。また、薬同士の飲み合わせで副作用の問題が出ることも。私の知ってる人の中には、毎日24種類の薬を飲まれている方がいました。私は10種類以上飲んでいる患者さんと出会ったら、最初に取り掛かるのが減薬です」(前出の岡田氏)

 さらに最近は「配合剤」という薬が流行しており、これも要注意とのことだ。「効き目の異なる数種類の薬を合わせた薬。たとえば、高コレステロール薬と高血圧薬の既存薬を単に組み合わせただけのものなどがあります。これらは新薬として製薬会社の儲けのために発売されたうえ、がんリスクが高まるものまであるので要注意です」(岡田氏)

■薬剤師も長生きのために重要

 こうした薬のリスクを見極めてくれるのが、薬の専門家である薬剤師。その薬剤師が患者の健康のために見るのが、あなたが今、どんな薬を飲んでいるかひと目で分かる「お薬手帳」だ。したがって、家庭医同様、親しい薬剤師を持つこともあなたの長生きのためには重要というわけだ。複数の内科を受診し、それぞれの医院の近くにある薬局で薬をもらい、複数の「お薬手帳」をバラバラに持っていたのでは、どうしてもチェックが甘くなる。これを機会に、薬剤師も統一しよう。

 余談ながら、薬の飲み方にもご注意を。「たとえばグレープフルーツの成分は肝臓における薬の代謝を阻害し、高血圧薬や高コレステロール薬の血中濃度が必要以上に高くなることがあります。また、血栓予防のためのワルファリンという薬は、納豆などと摂ると効果がなくなります」(前出の橋本氏) 薬は必ず水で飲むべし。

■脳や心臓疾患など、大病院の選択は?

 ここまでは比較的軽症のケースだが、がんや脳の障害、心臓疾患などの重大病となれば、町の開業医では対応できないことも。そこで重要になってくるのが、大病院の選択だ。前出の岡田氏は、かかりつけの家庭医に紹介状を書いてもらえれば、まず大丈夫だという。「もし万が一、大病院でたまたま悪い医者が担当になってしまった場合は、その病院の苦情処理係に言うなり、あるいは理由を伝えて家庭医に再度、紹介状を書いてもらうのがよいでしょう」(岡田氏)

 とはいえ、今のところまだ、紹介状を書いてくれるかかりつけ医がいない人はどうしたらいいのか。書店に足を運べば、こうした専門病院や医者のランク付けをした書籍がたくさん出てもいるが、読んでいる時間も気力もない場合も多い。前出の橋本氏が、こうアドバイスする。「できるならば国立病院、日赤病院、大学病院など、母体の確かな公的医療機関がいいでしょう。こうした病院は、一定のレベルが維持されているからです。さらに最善を期すなら、総合病院が無難です。がんなど特定の疾患で入院したとしても、入院中に眼科や耳鼻科といった、それ以外の診療科の受診が必要になってくることが、少なくないからです」

■看護師など医療スタッフとのコミュニケーション

 診断の結果、入院することになった際、重要なのは医師以外のスタッフへの接し方。前出のクリニック勤務のスタッフは、「人間なので好き嫌いはありますが、嫌いな患者さんだからといって、対応や治療が違うことはないです。というか、ないように努めています」と力説するが、橋本氏は、「入院時は、病棟看護師、特に病棟師長とのコミュニケーションが重要です。ときには、それが生死に関わることも……」と注意を促すのだ。

■人間ドックや定期健康診断は効果なし!?

 場合によっては、体のどこも悪くなくても、人間ドックを受けるため病院の門をくぐる人もいるだろう。ところが、岡田氏によると、意外にも「人間ドックを受けても、より長生きするわけではない」という欧米の調査結果があるという。「効果がないどころか、逆に毎年、キチンと人間ドックを受けている人のほうが寿命が短いという結果が出ているのです。その理由の解明は、残念ながら今後の研究・調査に期待するしかありませんが、人間ドックで検査を受けた人の9割以上が異常とされる、というデータがあります。その結果を受けて始まる、さらなる検査と治療に伴うリスクが、逆に寿命を縮めている可能性があるようです」(前同)

 定期健康診断でも同様の傾向があるそうで、勤め先で半強制的に受診させられるという場合はともかく、そうでない人は、わざわざお金を払って受ける必要はないようだ。

 以上を参考に、患者力を高め、健康で長い人生を、ぜひとも謳歌していただきたい。

本日の新着記事を読む