設楽統(バナナマン)
設楽統(バナナマン)

 3月30日深夜放送のラジオ番組『JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』(TBSラジオ)で、バナナマン設楽統(44)と日村勇紀(45)が、フジテレビの山崎夕貴アナウンサー(30)と、お笑い芸人のおばたのお兄さん(29)の結婚について語り合った。

 設楽は「山崎さん、『ノンストップ!』卒業で」と、同日早朝放送の『めざましテレビ』(フジテレビ系)で、山崎アナがおばたのお兄さんと婚姻届を提出したことを生報告。山崎アナが『めざましテレビ』と『ノンストップ!』(同局系)を卒業し、『とくダネ!』(同局系)の新MCとなることに触れると、『ノンストップ!』の生放送が終わった後、山崎アナとおばたのお兄さんが一緒に設楽の楽屋にあいさつに来たと明かした。

 設楽たちは三人で記念写真を撮ったそうで、日村はマネージャーを介して写真が送られて来たと明かし、「一番ホットなカップルの真ん中に、お父さんみたいな感じ」だったと笑った。すると、設楽は「ちょっとさ、“大丈夫かな?”とかさ、“山崎さんと釣り合わないよ”とかさ」と、二人の結婚について不安があったと本音をもらすと、日村も「格差婚はすげぇ言われてるからね。みんな思うよね」と同意した。

 しかし設楽は、おばたのお兄さんについて、あまり仕事で一緒にならないため「誤解していた」ところがあったとし、おばたのお兄さんが「いろいろすみませんでした、ご迷惑おかけしました」「ちょっとお騒がせしたんですけど、今回、結婚させてもらいました」と、しっかりあいさつできる好青年だったと説明。続けて「山崎さんがつきあって、この短い間で結婚するんだから、なんかいいんだろうなって思ってたけど。でも、なんか、“もっといい人いるんじゃねぇか?”って、どっかで思ってたんだ」と、交際期間が短いことを気にして、何度も山崎アナに「本当に、何がいいの?」と問いただしていたと告白。だが、設楽はあらためて二人に会ったことで、「なんかお似合いだな」と思ったと明かした。

「設楽は自身がMCを務める『ノンストップ!』でも“本当にこの人でいいんですか?”とイジっていましたが、山崎アナは“一応じっくりと考えて決めました”とキッパリ。“つきあいたては経済状況が不安定だったけど、彼も一生懸命頑張って、経済状況が安定してきたから”と、結婚を決意した理由を説明していました」(芸能誌記者)――しっかり稼いで山崎アナを安心させてください。

本日の新着記事を読む

日刊大衆TOPへ戻る