ドリームジャンボ宝くじ、厳選「激ツキ売り場」
宝くじ幸運の女神・加藤麻衣さん

 長~い冬がようやく終わり、新しい命が芽吹くこの季節。花々の力強いエネルギーを得て、目指せ、億万長者!

 今年は例年より約1か月早く、4月4日(水)から発売された『ドリームジャンボ宝くじ』だが、変わったのは発売時期だけではない。宝くじアナリスト・山口旦訓氏が解説する。「今回は1等3億円、前後賞各1億円の計5億円。前回のドリームに比べ、10万円以上の当せん本数が約2.8倍(3万5621本)にもなりました。そうはいっても、ただ漫然と買ってはダメ。そこで最新データ分析に加え、春のパワーもいただくべく、この季節の花の名所に近い売り場を厳選しました」 詳しくは文末の表を見ていただくとして、本文では特に注目の売り場8件を取り上げよう。

■北海道、秋田でオススメは?

 まずは北海道函館市の「港町スーパーアークスCC」から。函館市の3大観光名所の一つで、道内屈指の桜の名所として有名なのが、明治維新の史跡「五稜郭公園」。毎年4月下旬頃、園内の約1600本のソメイヨシノが満開となる。「当店から五稜郭公園までは、わずか2キロほどです。2015年の年末ジャンボで10億円(1等前後賞)が出たインパクトが大きく、以降、旅行のついでに購入される方も増えています」

 売り場責任者は、こう笑顔で語る。しかも、ドリームの抽選日は、ちょうど満開予想と重なる。というわけで、近場の方はむろん、旅行などで立ち寄る方もぜひ、ここで購入しては?

 お次は秋田県大仙市の「イオン大曲CC」。大曲といえば、秋は花火で有名だが、春は春で、近くの「角館の桜」が、しだれ桜で、やはり全国的に知られている。「昨年の年末ジャンボで1等と後賞で8億5000万円が出たんです。この売り場は08年10月オープンで、大当たりが出たのはこれが初めて。驚きました。実は、夏に死者が出るくらいの集中豪雨があり、花火大会も開催が危ぶまれていたんですが、皆で泥を掻き出し、なんとか開催にこぎ着けました。初の大当たりは、そんな時期だったんです」(売り場担当者)

 艱難辛苦の末の「天のご褒美」だったというのだ。しかも、この年末ジャンボではミニ3等100万円、プチ1等700万円のおまけつき。桜パワーも加わり、さらなる飛躍が期待できそうだ。

■上野動物園パンダのパワーを!

 今年の開花は早いため、発売初日には満開の時期を過ぎていそうなのが、都内有数のお花見名所「上野恩賜公園」。ここにほど近い名物売り場が「宝くじ御徒町駅前センター」(東京都台東区)だ。さらに、この売り場には桜に加え、上野動物園の超人気パンダ「シャンシャン」パワーも期待できる。「最高額の当せん実績は、2012年の年末ジャンボの1等前後賞6億円です。しかし、その後、中当たりは連続して出てますし、今年3月にはロトで2億8100万円が出ました!」 こう自信ありげに語るのは、「徳じい」の愛称で親しまれている、店主の中野徳治氏。大当たりが「シャンシャン」と出るかも?

 お次の富山県砺波市の「砺波アピタCC」は、桜ではなくチューリップのパワーに期待ができそう。何しろチューリップの栽培は、ここ砺波市の重要な産業。市の花でもあり、毎年4月末から「砺波チューリップ公園」でチューリップ・フェアが開催される。「昨年秋のハロウィン・ジャンボでも1等前賞で計4億円が出ました。県内の売り場といえば、布袋様の像がある「太郎丸CC」(富山市)が有名ですが、この売り場も決して負けていません!」(売り場責任者) 調べてみると、99年オープンのこの砺波アピタCC、これまでに高額当せん総額は約16億円、億万長者が10人と、なかなかの実績なのだ。今回も、開け開け、チューリップ!

■特にドリームが強い「大阪駅前第4ビル特設売場」

 そこから北陸本線で西に向かおう。東の「西銀座CC」に比肩する西の名物売り場「大阪駅前第4ビル特設売場」(大阪府大阪市北区)。この売り場、言うまでもなく大当たりの常連だが、特にドリームは強い。過去10年を振り返っても、大当たりが出なかったのは2度だけ。しかも9年には計5本、13年にも4本など複数も珍しくない。ちなみに、この売り場の近くには近畿地方屈指のパワースポットがある。「大阪造幣局の通り抜け桜は、関西の者なら誰でも知る桜の名所。ここの売り場からは10分もかかりませんよ」(売り場担当者) どうやらドリームジャンボの飛び抜けた実績は、お金にまつわるパワースポットの恩恵でもあるようだ。

 さて、中国地方の花の名所として欠かせないのが、「岡山後楽園」だ。時期的にソメイヨシノは盛りを過ぎているかもしれないが、岡山城を背景に咲き誇るヤエベニシダレが見られるかも。そこと同じ岡山市内で注目を集める売り場が「藤田ダイキCC」だ。「ウチは岡山市内といっても田んぼの中の幹線道路沿いで、中心街から離れているために一見さんはお越しになりません。むしろ、大当たりの実績を知るファンの方ばかりなんです」
 こう、売り場責任者が自信たっぷりに語るのも無理はない。16年サマーで1等前後賞7億円。そして17年もドリームのミニで1等1億円、年末ジャンボでもミニ1等前後賞7000万円。県内はむろん、中国地方で、これだけ安定して高額当せんを出しているのは、ここだけ。それだけに今回も期待できそうだ。

■大河ドラマ『西郷どん』ブームでさらに期待

 ロープウェイで3分。山上駅に着けば、城と咲き誇る200本のソメイヨシノ、そして眼下には春の瀬戸内海の島々が望める「松山城・城山公園の桜」。そして、この町で一番の実績があるのが「まつちかCC」(愛媛県松山市)だ。「昨年の年末ジャンボで、売り場前にカーペットを敷きました。すると、2等1000万円、ミニ1等前後賞7000万円が、いきなり出ました。前回のカーペットの色は赤。今回は春のイメージから緑に替えました」(売り場責任者) 発売期間中は、松山城の桜は葉桜になっているかもしれないが、ちょうど「まつちかCC」のイメージカラーの緑にピッタリ合っているはずだ!

 最後は鹿児島県。九州の南の端だけに、この時期、満開の桜は期待できないが、この季節に見頃を迎えるのがツツジ。その県下一の名所といえば、垂水市の「高峠つつじが丘公園」。高さ550メートルの山すべてにツツジの花が咲き乱れるのだ。その近くに、実績のある売り場を探したところ、錦江湾の対岸にある名物売り場「天文館CC」(鹿児島市)を発見!「昨年、年末ジャンボで2等1000万円が2本出ました。今年は大河ドラマ西郷どん』ブームで、さらに期待できます」(売り場責任者) 最新の大当たりは12年ドリームの1等1億円2本。ツツジの花と西郷どんのWパワーで当せんゲット!

 なお、このドリームジャンボ宝くじの発売は4月27日(金)まで。抽選は5月11日(金)だ。春爛漫パワーを生かし、目指せ、億万長者!

本日の新着記事を読む

日刊大衆TOPへ戻る