小山慶一郎、“激写常連”手越祐也の無反省ぶりにおかんむり!?

 4月1日に放送された『DASHでイッテQ! 行列のできるしゃべくり日テレ系人気番組NO.1決定戦』(日本テレビ系)にNEWSのメンバーが登場。番組内で紹介された手越祐也(30)の自由な発言が話題になっている。

 日本テレビ系の人気番組が集結し、出演者たちがさまざまなコーナーに挑戦する同番組。『行列のできる法律相談所』の企画では、嫉妬した人を発表することになり、キャスターとしても活躍する小山慶一郎(33)が、メンバーの手越を妬んでいると明かした。

 小山は、自身がキャスターとして情報をしっかり伝えているのに、手越は自由すぎると発言。過去に放送された『世界の果てまでイッテQ!』での、「クモ1回触るんだったら6回週刊誌に撮られたほうがいい」という手越の発言を紹介し、小山は「その6回は我々が謝るんですからね」とあきれ顔。手越は自分のスキャンダルに対してメンバーが謝罪していたとは知らなかったようで、「素直に“ありがとう”って」と感謝を表す場面もあった。

 さらにMCの東野幸治(50)が、「でも、クモ触るほうが良くない?」と聞くと、手越は「いや~なんすかね~」と答えに迷っている様子。すると小山は、手越の反省しない態度に「その(クモ触る)ほうがいいんだよ!」と声を荒らげてツッコんでいた。

 番組を見ていた視聴者からは、「手越のハートの強さと自由さがすごい」「手越くんのファンって、本当にメンタル強いと思う」「自由すぎて笑いながら見てしまう」「まあ手越だからしょうがない」「手越のスキャンダルは笑いの域に達したもんな」と反響が続出。

「手越の『イッテQ』での発言は、今年2月の『ノーチャラ生活』という企画で放送されました。カンボジアで自給自足ロケに挑戦していた手越は、食料調達のシーンで巨大なタランチュラと遭遇。スタッフの“近くで見てみましょう”という提案に対して、“クモ1回触るんだったら……”と一度は拒否します。しかし、その後はなんとかクモの脚を持って、“クモごし手越をお送りしております”と笑いを誘っていました」(テレビ誌ライター)

 自由に振る舞いながらも、しっかりと仕事をこなしている手越に、ファンは魅了されているのかもしれない。

本日の新着記事を読む