Kis-My-Ft2千賀健永「この顔に生まれたかった」ジャニーズらしからぬ自虐発言!?

 4月3日放送の『10万円でできるかな』(テレビ朝日系)で、Kis-My-Ft2の千賀健永(27)が自虐的な発言をしたことが話題になったようだ。

 この番組は、キスマイのメンバーが10万円を使って、さまざまなロケに挑戦するという内容。今回は千賀がサッカーくじの「toto」を10万円分購入し、元を取ることができるのかを検証した。

 サッカーのど素人である千賀のため、今回の検証にはサッカー通の芸人として知られるペナルティのヒデ(47)と、ウエストランドの井口浩之(34)が助っ人として参戦。いろいろな助言を踏まえた結果、Jリーグの5試合の結果を予想する「mini toto」を10万円分購入した。

 その後、千賀たちは都内のスポーツバーに集結。対象となる5試合の結果をテレビ観戦することに。そして対象ゲームの1つ、清水エスパルス対鹿島アントラーズの試合を見ている中、アントラーズの内田篤人選手(30)が画面に映ると、千賀は「かっこいいー、うらやましい!」と発言。

 さらに「この顔に生まれたかった」と美形の内田の顔をうらやむと、隣で聞いていたヒデは「いや、(千賀も)十分かっこいいでしょ!」とツッコミ。しかし千賀は、「だったら(キスマイの)後列じゃないんですよ」と、グループ内での千賀のポジションを引き合いに出し、自虐的な発言をした。

 そんな千賀の発言に、視聴者からはフォローの声が続出。ネットには「千賀くんジャニーズだし、ルックスに自信持っていいのに」「自虐してる千賀さん、かわいい」「千賀さんの顔も十分カッコいいと思うよ」「自己評価が低すぎる!」など、千賀を慰めるコメントが相次いでいた。

「千賀健永は、本人も語ったようにKis-My-Ft2の中では後列で、“舞祭組(ブサイク)”のメンバーの一人です。フロントメンバーの北山宏光(32)、藤ヶ谷太輔(30)、玉森裕太(28)に比べるとステージ上では地味に感じるのかもしれませんが、千賀は持ち前の明るいキャラクターで、バラエティ番組などでは、かなり目立っていますよ」(芸能誌ライター)――温かいファンの存在が頼もしい。

本日の新着記事を読む