高良健吾
高良健吾

 4月3日からオンエアが始まった、キリン「午後の紅茶」の新CMに、俳優の高良健吾(30)と、ジャングルポケット斉藤慎二(35)が出演。その内容に、視聴者から疑問が相次いでいるようだ。

 リニューアルされた「午後の紅茶 おいしい無糖」の発売に合わせ、この日から新CM「おいしい無糖 こってりも、さっぱり。」篇の放送がスタート。コミカルな内容で、サラリーマン風のスーツ姿の斉藤が、レストランで「午後の紅茶」と、大きな肉が乗ったステーキ皿を手に、「ん~、こってりも!」とひと言。そして「午後の紅茶」を勢いよく飲むと、斉藤の姿が高良に変身する。

 すると高良は「午後の紅茶」をグイッとひと飲みして、「さっぱり!」と爽やかに発言。ステーキ皿のお肉は完食したのか、跡形もなくなっていた。

 同CMは、YouTubeのキリンビバレッジ公式チャンネルでも公開されており、そこには「紅茶ポリフェノールのおかげでステーキのようなこってりした食事もさっぱりとさせてくれる、本格無糖紅茶」と商品が紹介されている。

 そんな“こってり”斉藤から、“さっぱり”高良に変身するCMに、視聴者からは疑問の声が殺到。ネットには「高良くんもけっこうこってりだと思うんだけど」「ジャンポケ斉藤から高良君って、あんまり薄まってない気が……」「あまり高良くんがさっぱりしているようには思えない」「高良くんイケメンだけど、さっぱりはしてないだろ」といった指摘が多数が上がっていた。

「高良健吾も、自分の顔が濃いことを自覚しているようです。2014年の『第56回ブルーリボン賞』で主演男優賞を受賞した際、司会の阿部寛(53)から“僕と共演するならどんな役をやりたい?”と聞かれ、高良は“僕も顔が濃いので、ローマのほうを……”と発言。濃い顔の俳優ばかりが出演して話題になった、阿部の主演映画『テルマエ・ロマエ』を挙げていましたね」(映画誌ライター)――斉藤と比較したら、高良も“さっぱり系”?

本日の新着記事を読む

日刊大衆TOPへ戻る